無料ネットショップ開業システムのCafe24が「Facebookショップ」とのリアルタイム連携を開始


無料ネットショップ開業システムのCafe24が「Facebookショップ」とのリアルタイム連携を開始

無料ネットショップ開業システムのCafe24が「Facebookショップ」とのリアルタイム連携を開始


無料で越境EC、海外販売に対応したECサイトを開設できるECプラットフォーム「Cafe24(カフェ24)」を運営するCAFE24 JAPAN株式会社は、 Facebook社が提供する「Facebookショップ」とのリアルタイム連携を開始する事を発表しました。

この連携によってCafe24を利用しているショップユーザーは31億人のFaceook利用者を潜在顧客にビジネスを展開することが可能となります。

今回は、ECカートとして注目されているCafe24とFacebookショップの連携について現役カートユーザーの筆者が詳細をご紹介したいと思います。

無料でネットショップを開設したい方や、既にネットショップを運営中でFacebookショップに興味のある方の参考になれば幸いです。




Cafe24とは?

無料ネットショップ開業システムのCafe24が「Facebookショップ」とのリアルタイム連携を開始

Cafe24とは海外で導入実績の多い無料のECカートサービスです。

2018年10月から日本でもECプラットフォームとしてサービスをリリースしています。

Cafe24はネットショップ構築を主軸として、広告運用、マーケティング、配送面などに関するECサイト運営に必要な様々なサービスを提供しています。

また、Cafe24は国内のネット販売だけではなく、海外販売、いわゆる「越境EC」にも対応できるという強みのあるECカートサービスでもあります。

2018年10月からのサービスリリースという事もあり、国内におけるECカート市場の中では若い部類のサービスとなる為、Cafe24というサービスをご存知ないという方も少なくないと思います。

コロナ禍でネット通販の需要が高まり続けている現在において、ネットショップの新規開設を検討されている方で特に無料ショップ開設を検討されている方はCafe24の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

Cafe24の詳細については以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらもご一読いただければと思います。


Cafe24のメリットやデメリット・機能比較




Facebookショップとは?

無料ネットショップ開業システムのCafe24が「Facebookショップ」とのリアルタイム連携を開始

Facebookショップとは、Facebook社が、2020年5月に立ち上げたサービスです。

Facebookショップは主に「D2C」「Direct to Consumer」と呼ばれる、消費者への直接ビジネスを展開する企業がネットショップを通じて「Facebook」と「Instagram」上で商品販売が可能となる機能を提供しています。

Facebookショップの設定では、複雑な設定は必要なく、数回程度クリックするだけで、FacebookとInstagram利用者に商品を表示することが可能となります。 利用者の多いSNSであるFacebookとインスタグラムを通じて自分のネットショップへアクセスを促し、受注拡大を図ることが期待される機能です。

Facebook社は、同サービスの成功的な展開を目指し、グローバルパートナー8社との協業を発表していますが、 Cafe24もECプラットフォーム企業として参加しています。

Cafe24でネットショップを運営している方であれば、個人や法人などビジネス規模を問わず、Facebookショップを簡単に使用することができます。

Cafe24の機能の詳細については、公式ページにてご確認下さい。





Cafe24のFacebookショップ連携の特徴

Cafe24のFacebookショップ連携の特徴

Cafe24とFacebookショップの連携の特徴について具体的な内容をご説明したいと思います。

Cafe24とFacebookのデータ連携を実現し、自社サイトの管理画面でFacebook、Instagram上に表示される商品を簡単に管理する機能が提供されています。

Cafe24で構築したネットショップに販売する商品を登録すると、FacebookとInstagramの両方に商品画像や詳細情報がリアルタイムで表示されるよう設定する事が可能となります。

また、Cafe24の管理画面で実施した商品情報の修正や削除も、別途作業が発生することなくすぐに反映されますのでショップ運営の効率化にもつながります。

商品ごとに表示される「ウェブサイトでチェックアウト」ボタンを押すと、自分のECサイトへのアクセスから注文、決済までシームレスに処理されます。

この効果によって、自分のネットショップのリピーター獲得や売上向上を図ることが期待できます。


Cafe24のFacebook連携


Facebookショップ機能を使用することで「Facebook」「Instagram」利用者にシームレスなオンラインショッピング体験を提供することができます。

また、商品をシンプルに表示することではなく「コレクション機能」を使用することによって、おすすめ商品を分類して表示させることができます。

ショップ運営者は、自社の現状に合わせて、季節や発売時期、割引商品、スタイルなどを設定し、時間や場所を問わず顧客とつながることができるという訳です。

Facebookショップの利用者は、スマートフォンを簡単にタッチするだけで、様々な企業やブランドの「コレクション」を確認することができますが、購入したい商品を「お気に入り」に保存することで、ページから離脱した後でも、いつでも簡単にお気に入りに追加した商品を検索することができます。

Cafe24のFacebookショップ連携機能を使う事で追加アプリやWebページに移動する必要なく、FacebookとInstagram上で、ユーザーに対して商品を見つける機能を利用する事が可能となります。

たとえば、 Facebookショップで作成した商品ページでも、ネットショップの詳細ページ同様の詳細情報やオプションを選択することで商品別の色やサイズなどさまざまな画像を表示させることができます。

また、登録日順、価格順、割引、在庫などフィルターを設定することによって、顧客ニーズに合わせた商品を簡単に見つけることができる機能も利用可能です。

更に、Facebook独自のビッグデータと機械学習(マシンラーニング)技術に基づいたアルゴリズムで利用者に自動で商品を推薦する機能も利用できるため、商品の販売マーケティングを自動で最適化する事が期待できます。

Cafe24はネットショップの開設と運営において完全ゼロコストでショップ運営ができる上、越境EC、海外販売も視野に入れられるという点で非常に魅力的なECカートサービスだと思います。

Cafe24の機能の詳細については、公式ページにてご確認下さい。





Cafe24のFacebookショップ連携のまとめ

今回は無料でネットショップを運営でき、越境ECにも対応できるECサービスとして最近話題になりつつあるCafe24のECカートサービスについてFacebookショップとの連携についての詳細な内容を解説いたしました。

現在のEC市場、ECサイト開設状況としては、Cafe24のように無料開設を個人でも簡単にできる時代となりました。

簡単にネットショップを作れる反面、商品を上手く売るという事の難易度が高まり、ただECサイトを作っただけでは商品が売れにくい状況にあると思います。

ネットショップ運営者は、自分のネットショップの商品をユーザーに見てもらう為には、Facebookやインスタグラム、TwitterなどのSNSでの情報発信も重要となっています。

Cafe24なら、ショップ開設後すぐにFacebookショップやインスタグラムとの連携が可能ですので、ネットショップとSNSを連携して運営する場合には非常にメリットがあると思います。

またCafe24はコストパフォーマンス面ではゼロコストで運用できる上、複数のネットショップを同時に展開できるという点、海外販売にも対応できるという点などが主なメリットだと思います。

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている世界情勢にある為、今後もネット販売、オンライン需要はますます高まると思います。

読者の方がこれからオンラインショップを開設したいと思っておられるのであれば、無料でスタートできるECカートサービスとしてCafe24の利用も検討されてみてはいかがでしょうか。

今回の記事の内容が、読者の方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Cafe24の詳細については、公式ページにてご確認下さい。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す