Cafe24 での注文状況をリアルタイムで確認できる統計ツール「SERA」の特徴


Cafe24 での注文状況をリアルタイムで確認できる統計ツール「SERA」の特徴

Cafe24 での注文状況をリアルタイムで確認できる統計ツール「SERA」の特徴


無料で越境EC、海外販売に対応したECサイトを開設できるECプラットフォーム「Cafe24(カフェ24)」では ネット販売時にかかる「販売手数料」が無料、0円のECカートサービスです。

今回は、ECカートとして注目されているCafe24について、注文状況をリアルタイムで確認できる統計ツール「SERA」についてのメリットや特徴を解説したいと思います。

無料でネットショップを開設したい方や、既にCafe24でネットショップを開設済みの方で、統計ツールの導入に興味のある方の参考になれば幸いです。




Cafe24とは?

無料ネットショップ開業システムのCafe24 Store「アプリ」と「デザイン」の特徴

Cafe24とは特に海外で導入実績の多い無料のネットショップ開業システムです。

Cafe24は特に自社サイトの売上向上を支援する拡張機能を提供しています。

日本では2018年10月から本格的にECプラットフォームとしてサービスをリリースしています。

Cafe24はネットショップ構築を主軸として、広告運用、マーケティング、配送面などに関するECサイト運営に必要な様々なサービスを提供しています。

また、Cafe24は国内のネット販売だけではなく、海外販売、いわゆる「越境EC」にも対応できるという強みのあるECカートサービスでもあります。

国内で越境EC、海外販売に対応しているECカートサービスとしては「Shopify(ショッピファイ)」が認知度が高いと思いますが、Shopifyは有料のECカートサービスとなります。

無料のECカートサービスとして、海外販売対応にも注力しているECカートサービスは現時点ではCafe24だけだと思います。

2018年10月からのサービスリリースという事もあり、国内におけるECカート市場の中では若い部類のサービスとなる為、Cafe24というサービスをご存知ないという方も少なくないと思います。

コロナ禍でネット通販の需要が高まり続けている現在において、ネットショップの新規開設を検討されている方で特に無料ショップ開設を検討されている方はCafe24の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

Cafe24の詳細については以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらもご一読いただければと思います。


Cafe24のメリットやデメリット・機能比較




統計ツール「SERA」とは?

統計ツール「SERA」とは

統計ツール「SERA」とは、ネットショップ開設サービスであるCafe24にて導入することができる「統計ツール」のことです。

SERAを導入することで、ネットショップの注文状況を管理画面にアクセスすることなしで、すぐに注文状況データをリアルタイムに確認することができます。

SERAでは、注文や閲覧など商品関連アクションの発生と同時にデータの分析・反映が行われるという特徴があります。

SERAは、Google Chromeのブラウザにインストールして利用する拡張機能で、パネルデータがリアルタイムで点滅するため、ショップ画面を通してすぐにデータのチェックを行うことが可能です。

非常に優れた分析ツールであるSERAですが、なぜSERAが分析ツールとして選ばれているのかについて具体的な理由と活用事例を次にご説明したいと思います。



「SERA」が選ばれる理由と活用事例

「SERA」が選ばれる理由と活用事例

Cafe24 で、分析ツールSERAが選ばれる理由としては以下の理由があげられます。




注文状況をリアルタイムで確認できる

「SERA」が選ばれる理由と活用事例

SERAパネルは商品詳細ページとリンクしているエリアに表示され、該当する商品に関する主要な情報やデータがリアルタイムでアップデートされます。

また、商品の閲覧(赤色)と注文の発生(青色)により、パネルデータの背景色が点滅するため、状況の確認が非常に簡単です。

通常であればネットショップの注文をリアルタイムで確認するには、利用しているECカートの管理画面にログインして確認する必要があるのですが、SERAはブラウザ上で確認ができるので非常に便利です。



顧客の反応に早期に対応ができる

「SERA」が選ばれる理由と活用事例

リアルタイムで人気の商品を把握できるため、商品の表示やプロモーションに活用する事ができます。

なお、顧客がよく一緒に購入している商品を近い位置に表示させたり、関連商品に指定する事で売上の向上を目指す事にもつながります。

SERAを導入することで、いわゆる「アップセル」や「クロスセル」といった手法が実現できるわけです。



客観的な商品価値判断に基づく商品表示順を決められる

「SERA」が選ばれる理由と活用事例

リアルタイムで分析される様々なデータに基づき、商品の表示順を決める事ができます。

商品を表示させたい位置が持つ特徴やメリットに合わせて商品価値を評価し、ネットショップの運営に活かす事ができます。



広告・PRの効果を分析できる

「SERA」が選ばれる理由と活用事例

SERAでは、どのようなルートやキーワードを通じてネットショップへのアクセスが発生しているのかをリアルタイムで確認する事ができます。

媒体別、キーワード別、日付別など、様々な基準で広告効果を分析する事ができるのでネットショップの運営を最適化する事に役立ちます。

広告費はなるべく抑えながら、効果を最大化させるには、SERAを導入することが近道になりそうですね。



商品の在庫数を効率的に管理できる

「SERA」が選ばれる理由と活用事例

オプション別の在庫状況を確認して、プロモーションなどを企画することで、在庫の少ない商品の売り切れをを促す事ができます。

なお、人気の商品を分析した結果により、商品の仕入れや製造の数量の参考にする事も可能です。

ネットショップの運営において、不良在庫を抱えることはマイナスでしかありませんので、最適な在庫状況を維持する為にも重要なポイントだと思います。



以上が、Cafe24のネットショップで、分析ツールSERAが選ばれている理由となります。

では、このSERAを実際に導入するのにコストがいくらかかるのかを次にご説明したいと思います。



「SERA」の導入費用

「SERA」が選ばれる理由と活用事例

SERAには、初回インストールの際に30日間の無料トライアルが提供されています。

実際にコスト、費用がかかるのは無料トライアル以降に利用を継続した場合となります。

SERAの利用料金は、一ヶ月あたり「16,500円」で利用する事ができますが、利用期間に応じた割引対応を受ける事が可能です。

3ヶ月の利用で5%割引、半年間の利用で10%の割引、1年間で20%の割引対応を受ける事ができます。

統計ツールはやはり長期間にわたってデータを集積していき、分析を行う事が重要となりますので、可能であればより長い期間導入されることをおすすめします。



「SERA」のまとめ

今回は無料でネットショップを運営でき、越境ECにも対応できるECサービスとして最近話題になりつつあるCafe24のECカートサービスに導入可能な分析ツールである「SERA」の詳細な内容をご説明いたしました。

ネットショップの運営は、商品を並べた後は特に何もせずに、お客さんが来てくれるのを待ってしまうショップオーナーの方が多いと感じています。

ネットショップ、特に自社ECサイトと呼ばれるECサイトの場合は、いわば「陸の孤島」にお店をオープンしたような状況ですので、お客さんから来店してくれるというケースは本当に一部の有名商品、認知度の高い商品を扱っているネットショップだけだと思います。

お客さんを自分のネットショップに呼び込む為には、SNSの活用や広告の運用などが必要となってきますが、その際にもただSNSに投稿したり、広告、プロモーションを行うだけでは、実際の費用対効果が図れず、広告費用を無駄に使ってしまうおそれもあります。

SERAを導入することで広告効果やPR効果を把握する事ができる為、より効率的なネットショップ運営が実現できると思います。

コストのかかる機能ではありますが、より高い売上を目指しておられるショップオーナーさんは導入を検討してみてはいかがでしょうか。

今回の記事の内容が、読者の方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Cafe24の詳細については、公式ページにてご確認下さい。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す