Shopify(ショッピファイ)がGMOイプシロンと連携して総合決済サービスを提供開始


Shopify(ショッピファイ)がGMOイプシロンと連携して総合決済サービスを提供開始

全世界に利用者がいて、アクティブユーザー数は100万人以上というECサービスのShopify(ショッピファイ)がGMOイプシロンと連携する事を発表しました。

世界で80万店舗開設の実績があるShopifyに、総合決済サービスであるGMOイプシロンが連携する事で、日本国内におけるEコマースの幅がより広がることになりそうです。

今回は、国内でも注目を集めているShopifyについて、詳しくご説明したいと思います。

Shopifyでネットショップを出店検討されている方の参考になれば幸いです。



Shopify(ショッピファイ)とは?

Shopify(ショッピファイ)とは

Shopify(ショッピファイ)とは、世界175か国で利用されているグローバルECサービスで、アクティブストア数は80万店舗以上にのぼります。

Shopifyは、個人のネットショップから大企業のネットショップまで幅広くビジネスの成長をサポートする事を目的としています。

Shopifyの特徴としては、洗練されたデザインが人気の理由でもあり、デザインテンプレートは100種類以上からネットショップのデザインを選ぶことができます。

また、Shopifyは、スマホアプリ版もリリースされているため、スマホとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも店舗管理を実施する事が可能です。

Shopifyで販売された流通総額は、なんと10兆円以上と発表されていますから、かなり売れているショップも利用しているECサービスだと思います。

Shopify(ショッピファイ)とは

では、具体的なShopifyのメリットについて次にご説明いたします。





Shopify(ショッピファイ)のメリット


世界で最も利用されているECサイト

Shopify(ショッピファイ)最大のメリットは、世界中で利用されるECカートサービスであるという点です。

日本国内では、インスタントECのBASE (ベイス) は無料で使えるネットショップとして人気がありますが、海外販売については、機能こそ用意されていますが、正直なところ、対応しきれていないのが実状だと思います。

また、同じく低価格ECサービスで個人から企業まで人気のあるカラーミーショップ についても、同じく海外販売、越境ECまで見越した場合は、難しいと言わざるを得ません。

Shopifyは、海外実績が豊富であり、多数の決済方法を用意しているため、日本国内と海外越境ECの両方に対応できる点がメリットだと思います。

特に、国内のメーカーさんや、職人系店舗の方、和菓子やメイドインジャパン製品を売りにしたい企業の方には、運用コストの安さもあり、非常にオススメのサービスです。



デザイン性が高くカスタマイズも可能

Shopify(ショッピファイ)が世界中で使われる理由のひとつとして「高いデザイン性」が挙げられます。

日本のECサービスは、今でこそかなりデザインテンプレートも豊富で、デザイン性も高くなりました。

日本人の好むデザインと、海外ユーザーの好むデザインは、やはり違いがあります。

Shopifyは、海外ユーザーの利用者が多いため、海外ユーザーに受けるデザインを熟知しています。

デザインの事例などは、後程制作事例をご紹介いたします。



SNS連携が強く拡散力がある

Shopifyの強みは、SNSとの連携力にあります。

特にFacebookとの連携は世界標準のECサービスだけあり、国内サービスにはない機能もあります。

筆者が特に優れていると感じたのは、Facebookメッセンジャーを利用したチャット対応からの、ショッピングカートへの誘導機能です。

海外では、日本よりもチャット文化が進んでいるため、Facebookのメッセンジャーでの質問や相談が頻繁に行われています。

このチャット文化浸透は、今後日本でもLINEなどのSNS利用率でもわかる通り、拡大傾向にあると思います。

この機能は、Shopify独自の機能ですが、オプションとして別途月額$9が必要ですが、それ以上の価値はあると思います。



全世界に越境EC対応できる豊富な決済方法

Shopify(ショッピファイ)は、世界175か国以上で利用されているサービスですから、当然ながら、世界中の決済方法が使えます。

Shopify(ショッピファイ)の評判

日本では比較的メジャーな「ペイパル」にはもちろん対応していますが、 日本であまり聞きなれない決済方法としては、 「stripe」「Authorize.Net」「2CHECKOUT」「FirstData」などにもshopifyは対応しています。

日本版のみの対応になりますが、最近多くの自社ECサイトへ導入されている「Amazonpayments」も 対応しています。Amazonペイはネットショップの転換率アップに非常に貢献できると思います。

shopifyはとにかく「世界ベース」である、ということが最大のメリットです。



shopifyの使い方ブログが用意されている

Shopify(ショッピファイ)の評判

Shopifyは、基本的な部分が海外ベースで構築されています。

運用ノウハウは、日本語ブログでサポートしてくれているため、Shopifyでの最適なネットショップ運営のノウハウは、公式ブログで学習することができます。

【参考】 Shopify公式ブログ


Shopify(ショッピファイ)の総合決済サービスについて

Shopify(ショッピファイ)とは

今回、Shopifyの日本法人であるShopify Japanが、決済代行のGMOイプシロンと連携したことで、Shopifyを導入しているECサイトに対して、総合決済サービスが提供される事になりました。

導入される決済方法は、クレジットカード決済をはじめ、コンビニ決済、代引き、後払い、キャリア決済、PayPalといった決済手段を一括で導入できるようになります。

ネットショップの運営において、かご落ちの原因が「自分が望む決済方法がなかった」という理由がありますから、今回の総合決済サービスの一括導入は転換率アップにつながる可能性が非常に高いと思います。

実際にGMOイプシロンが提供する決済サービスについては以下の通りです。

Shopify(ショッピファイ)とは

そして驚きなのが、GMOイプシロンの決済サービスの導入に関する初期費用は無料で、トランザクション処理料も無料で提供するとのことです。

これはネットショップ運営者としては嬉しい限りですね。



Shopify(ショッピファイ)のまとめ

今回は、世界約175か国、80万以上の利用者がいるShopify(ショッピファイ)が総合決済サービスとしてGMOイプシロンと連携したという大きな変化がありましたので記事にまとめてみました。

Shopifyなら、自社施策で、越境ECを実現できるうえ、多言語対応や世界レベルの豊富な決済方法が用意されていることもあり、tabioさんなどは、海外部分はShopifyを利用するという使い方をされていました。

今後も、Shopifyの利用者は増え続けると思いますので、越境EC、海外販売を特に検討されている企業、個人事業の方は、Shopifyの利用を検討されると良いと思います。

今回の記事の内容が、Shopifyの導入を検討されている方の参考になれば幸いです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す