【裏技】カラーミーショップを月額100円の激安で使える方法

533 views

【裏技】カラーミーショップを月額100円の激安で使える方法


低価格で本格的なネットショップを構築できる「カラーミーショップ」を 何と月額たったの100円で利用できる方法があります。

今回はカラーミーショップを月額100円で使うための方法をご紹介します。




カラーミーショップとは

カラーミーショップの裏技

ネットショップの開業で、多くの方が最も気にするポイントが 「固定費を安くおさえたい」ということだと思います。

筆者もカラーミーショップ、Makeshopのサービスを利用した ネットショップを実際に運営しています。

MakeshopはBtoB、対法人に対するオプション機能が充実しているため、 プレミアムプランを利用しています。月額は年契約で異なるのですが、 オプション料金と合わせて15000円程度です。

対してカラーミーショップは、月額利用料が、非常にリーズナブルで、 月額900円で利用しています。

管理画面などのインターフェイスも、Makeshop、カラーミーショップともに 親切設計というか、非常にわかりやすいメニュー構成になっています。

今回は、ただでさえ、リーズナブルで使いやすいカラーミーショップを なんと、月額たったの100円で利用できる「裏技的」な方法をご紹介します。


カラーミーショップのメリット・デメリット

先にも書いた通り、カラーミーショップの最大のメリットは、 ネットショップ運営の固定費を抑えられるという点です。

カラーミーショップの裏技

一番手頃なプランが「エコノミープラン」で、月額900円から利用できます。 機能制限があるため、ネットショップを本格的に運営したい場合は レギュラープラン(月額3240円)の契約が必要ですが、 「ネットショップを初めて開設して、右も左もわからない」 というユーザーの方であれば、初年度はエコノミープランから始めて ネットショップ運営の経験値を貯めていくというのも良いかと思います。

カラーミーショップのメリット・デメリットや利用料金の詳細については 以下のページにまとめましたのでお時間ある時に参考にしてみてください。


カラーミーショップを月額100円の激安で使える裏技

いよいよ本題、カラーミーショップを月額なんと、100円で使える方法について ご紹介したいと思います。

裏技と書いていますが、この方法は、カラーミーショップを運営している会社である GMOペパボ株式会社が正式に公開している正規の手法ですのでご安心下さい。

ある条件を満たすと、カラーミーショップの利用が、 年間1200円、つまり月額100円で利用できるのです。

その方法とは、カラーミーショップと同じ運営会社である GMOペパボ株式会社が提供する、「Goope(グーペ)」という サービスを利用することです。

カラーミーショップの裏技

グーペとは、ホームページを簡単に開設することができる ウェブサイト構築サービスです。

カラーミーショップと同じく、リーズナブルな価格帯で 非常に高レベルなデザインテンプレートからデザインを選ぶことができます。

新規事業を開業される方で、ホームページも必要という方には グーペとカラーミーショップの利用がコストパフォーマンス的にも 非常にメリットが高い組合せだと思います。

グーペについて、以下に詳しくご紹介していきます。

※この情報の掲載は2017年9月時点です。キャンペーンが終了している場合もありますのでグーペのサイトにてご確認ください。


Goope(グーペ)について

カラーミーショップの裏技

グーペとは、一言で言えば 専門的な知識がなくても、自分で簡単にホームページが作成できるサービスです。

この「自分で」という点が非常に重要で、 どんなにかっこいいホームページを制作会社に制作してもらったとしても その後の運営を、ご自身、もしくは自社の担当者ができなければ 更新や変更の都度、外注依頼を行う必要があります。

2017年時点で、ホームページは、企業、個人事業を問わず、 所有していることが必須であり、ホームページを持たずに ビジネスを行うなどというのは、名刺を持たずに営業するようなものです。

それだけ大事なホームページを、より手軽に低コストで自分で 運営することができれば、どんなご商売をされていても強みになると言えます。

グーペは、ワードプレスなどによるウェブサイト構築と比べれば 「完璧」とは言えないかもしれません。

ただ、ホームページは生き物です。 完璧である必要はなく、多少のアラや、機能面での弱さがあったとしても 自分自身で思いのままに動いてくれる、それも即時に対応できる方が はるかに重要だと思います。

今回、カラーミーショップを月額100円で利用する裏技を紹介する形で このグーペという低コストでホームページを作成できるサービスについても より細かな部分まで分析してみたいと思います。


Goope(グーペ)はこんな方にオススメ

  • カラーミーショップでネットショップ開業を検討されている方
  • 飲食店やお店、サロンなど実店舗を経営されている方
  • 制作会社に依頼する予算がない方
  • 初心者でも安心の簡単なホームページを自分で開設・運営したい方
  • 低コストでハイレベルなデザインのホームページを持ちたい方

グーペは、これから新規で事業を行う方であれば、おすすめだと思います。

最近のウェブサイト制作の基盤は、ワードプレスというCMSをベースに 利用することが多いですが、ワードプレスの運用には、若干の知識と HTMLやCSS、サーバー構築スキルが必要となります。

ワードプレスなら、知識さえあれば様々なプラグインという拡張機能を 追加することで、思いのままのホームページを作成できますが、 その反面、運用面においては、難易度が高い面があるため、 初心者の方が扱うにはおすすめしにくいというデメリットがあります。

グーペは、初心者であまりウェブの関連知識やITスキルがないかたでも デザイン面から運用面まで、プロが制作するウェブサイトと遜色ない ホームページを月額わずか1000円で持つことができます。

あとは、ネットショップを開業するにあたり、ホームページも同時に 必要となった方などには、特におすすめです。


Goope(グーペ)のメリット

Goopeについて、利用時のメリットを考察してみました。



(1)月額1000円と非常に低コスト

グーペの利用プランは以下の通りです。

カラーミーショップの裏技

通常プランであれば、月額1000円で利用可能です。

通常プランとDXプランの一番の違いは ディスク容量が1GBか5GBかということと、 お問い合わせカスタマイズの有無だと思います。

ただし、年間契約を行えば、DXプランでも 年額12000円、つまり月額1000円となりますので、 これは迷わずDXプランだと思います。

ちなみに、DXプランとビジネスプランの一番の違いは ディスク容量がさらに10倍、「50GB」まで対応可能という点です。

独自ドメインやSSLオプションも無料となります。

あと、有料テンプレートが使い放題という点も踏まえると、 DXプランよりもビジネスプランの方が、かなりメリットがあることもわかりますね。

ちなみに年間契約で、月額3000円ですから、 たった3000円でプロデザインのウェブサイトを自分で管理更新できることを考えれば グーペは最上位プランでも十分にコストパフォーマンスが高いと言えます。


(2)レンタルサーバーが不要でデザインも豊富

これはASPサービスであれば、よくあることですが、ご自身で レンタルサーバーを新規に借りる必要がありません。

レンタルサーバーを管理する場合、サーバー周りの知識が若干ですが 必要となります。小難しい点をキッパリいじらないで済むのはストレスフリーと言えます。

また、デザインはテンプレートから選ぶだけで設定可能です。種類も豊富で色の組合せなどを合わせると4000種類以上からホームページのデザインを選択できます。

カラーミーショップの裏技


(3)基本情報を入力するだけで簡単にホームページを作れる

カラーミーショップの裏技

こちらは、ホームページの構築時に必須となる「HTML」などの知識不要で 各メニューやヘッダーフッターの表示内容を制御できます。 初心者の方には、この点だけでも安心できる内容だと思います。


(4)独自ドメインもボタン1つで簡単に設定可能

ドメインとは、「●●.com」や「△△.co.jp」など、いわゆる「URL」の事です。

本来であれば、ホームページ構築には、ホームページのデータを置く為の 「レンタルサーバー」とホームページを表示させる住所である「URL・ドメイン」 を自分で契約しなければなりません。

契約した後、各ファイル設定やドメインのDNS設定なども自分で実施する必要があり、 ウェブサイトの構築知識なしではとても運用できるものではありません。

独自ドメインを簡単に設定できる点でもグーペは魅力的サービスだと思います。


(5)お問い合わせフォームやアルバム機能、ブログ機能搭載と低価格でも機能が豊富

カラーミーショップの裏技

機能については、実際に管理画面にログインしてみてみましょう。

カラーミーショップの裏技

画面を見ていただければわかるかと思いますが、 左側のメニューの項目が非常にわかりやすいです。

ショッピングカートサービスによっては、 管理画面のメニューが非常にわかり辛く、 どのメニューがどこの何を設定できるのかが まるで分らないといったこともあります。

グーペは、あくまでも「初心者目線」に立って サービスを提供してくれているということが、 管理画面のメニューひとつをとっても伝わってきますね。


【2017年9月26日追記】LINE@への連携機能がリリースされました

グーペの機能としてLINE@(ラインアット)への送客連携機能が追加されました。

LINE@は一般的な個人利用のLINEとは異なり、お店や企業のLINEアカウントとして注目を集めているサービスです。

スマホのプッシュ通知により、ほとんどのユーザーが必ず開封してくれるという強い閲覧効果が期待されています。


グーペはとにかく初心者に優しい設計が随所に見受けられるサービスです。


Goope(グーペ)のデメリット

メリットがあれば、当然ながらデメリットも存在します。グーペの弱点を考察しました。


(1)機能面での制約があること

グーペではホームページのデザインは基本的にテンプレートと呼ばれる 予め用意されているデザインから選んで利用します。

無料テンプレートのほかに、有料のテンプレートがあります。 無料版でもそれなりに企業サイトや店舗サイトは構築できますが、 有料版なら、プロのデザイナーが制作したようなホームページデザインにできます。

デザインは選べますが、メニューやレイアウトなどの細かい点では 融通がきき辛いというデメリットがあります。

ただ、あまりにこだわりがある場合を除けば、用意されているデザインテンプレートで 十分すぎるほどよくできていると感じます。


(2)SEO対策においてはWordpressに劣ること

SEOについては、実際に管理画面を見ていただけるとわかりやすいかと思います。

カラーミーショップの裏技

ワードプレスでウェブサイトを構築した場合、SEO対策用のプラグインが 多数無料配布されています。

代表的なプラグインをあげると「All in one SEO」というプラグインがあります。

少し専門的なお話になりますが、SEO対策とは、ページのタイトル・メタキーワード・メタディスクリプション・本文を 最適化することで、GoogleやYahooの検索上位に表示させるための施策のことを言います。

ワードプレスなら、かなりこだわったSEO対策を実施できますが、 グーペは正直なところ、専門的なSEO対策はできないと思います。

ただ、これはあくまでも「SEO対策のプロ目線」に立った場合ですから、 そこまでバッキバキのSEO対策に興味のない方であれば、そこまで気にすることも ないかと思います。

また、現在はFacebookやTwitter、LINE@などのSNSによる店舗集客が可能ですから、 SNSをうまく連携させてホームページにお客さんを呼び込むという手法もあります。


(3)FTPソフトの利用ができないこと

FTPとは、ウェブサーバーというホームページの画像やページデータ(HTML)などを 保管しておくスペースと、あなたのパソコンを接続してファイルのやりとりをする機能です。

ホームページ作成時には、たくさんの画像ファイルをパーツとして利用しますが、 そういったパーツ、バナー画像などのアップロードが管理画面上からしかできません。

初心者の方やHTMLの知識が乏しい方であれば特に気にならないデメリットかもしれません。


(4)ウェブ制作者にはかなり使いにくい点が多いこと

グーペはウェブサイトを自分でHTMLから作成できるスキルのある方には 正直言って物足りない点もあるかと思います。

FTPの接続ができないことで、画像ファイルのアップロードを管理画面から ポチポチ行わなくてはなりません。

「サイト制作できる人」には、正直なところワードプレスをおすすめします。



カラーミーショップを月額100円で使える方法のまとめ

今回、カラーミーショップを月額100円で利用できる方法として 同じ会社のホームページ開設サービスを利用することで、 キャンペーン対象となることをご紹介しました。

既にホームページをお持ちの方は、追加でホームページを開設する予定などが あれば、グーペの利用で、月額100円でカラーミーショップを運営することも可能です。

ただ、この方法は、あくまでも最初の一年間だけですから その点はご留意いただく必要があります。

この裏技的方法をおすすめする方は、新規のネットショップ開業で ウェブサイト、ホームページも同時に欲しい!という要望がある方には 絶対的におすすめです。

参考になれば幸いです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す