カラーミーショップで越境ECをする方法とは?125カ国に海外販売可能に!


カラーミーショップで越境ECをする方法とは?125カ国に海外販売可能に!

自社系ECサイト、ネットショップを低コストで開業できると人気のカラーミーショップ ですが、国内だけでなく海外へのネット販売を希望される方も多いのではないでしょうか?

今回は、カラーミーショップを利用している方が低コストで実現できる「越境EC」「海外販売」の方法についてご紹介したいと思います。

カラーミーショップにネットショップを出店している方やこれから出店を検討されている方の参考になれば幸いです。



越境ECとは?

カラーミーショップで越境ECをする方法

越境ECとは、自分の国から海外へ向けてインターネット上で商品を販売する事を言います。

越境ECは特にここ数年の間に、大手企業を中心に参入が続いている状況ですが、個人レベルのネットショップではなかなか越境ECに取り組む事が難しい状況が続いています。

個人や小規模事業者が越境ECに参入できない一番の理由は「コストが高い」という理由です。

越境ECについては、筆者は以前かなり詳しく調べた事があるのですが、数年前の当時、唯一実現できそうだったのがトランス・コスモスという会社に商品を委託して越境ECの販売代行を行ってもらうという方法でした。

他には、インターネットショッピングモール上のグローバルサイトで販売するという方法がありました。

楽天市場 やQoo10などではグローバル販売も可能でしたが、直接海外向けに商品をEMSなどで発送する際に、送料が高額になる問題や、送料に対しても販売手数料が加算されていたことによる利益の圧迫によって当店では海外販売をやめてしまいました。

あとは、メールベースとなりますがやはり言葉の壁というのもありました。

今はGoogleの翻訳機能も非常に高精度になっていますので、文字ベースでの取引、やりとりなら問題ないと思います。

越境ECについて当時まとめた記事がありますのでこちらも参考にしていただければと思います。


【2019年最新】越境ECとは?越境EC出店の方法


では、独自で行うにはコスト面で難易度が高かった越境ECをカラーミーショップ では簡単に実現できてしまうため、その方法をご説明したいと思います。



カラーミーショップで越境ECを実現する方法とは?

カラーミーショップで越境ECをする方法

カラーミーショップを利用しているオーナーが、越境ECを低コストかつ簡単に実現できる方法についてお話いたします。

カラーミーショップで越境EC、海外販売を実現するには、カラーミーショップのアプリストアにある「WorldShoppingBIZ for カラーミーショップ」を利用することで世界125カ国に対しての越境ECを実現できます。

実は、一般的なネットショップには、海外からのアクセスが数%程度あるのをご存知でしょうか?

ネットショップによって海外からのアクセス率は異なりますが、比較的多いショップなら2%~8%前後のアクセスがあると言われています。

海外から日本のネットショップにアクセスする際、ユーザーは「商品に興味がある」「商品を購入希望している」というユーザーがいますが、そのほとんどが購入せずにネットショップから離脱しているのです。

海外ユーザーがなぜ日本のECサイトに来店して、商品に興味を持っているのに、注文せずに離脱してしまうのか?

その理由は、「注文フォームの言語」とショップ自体に「海外発送に関する記載がない」、もしくはデフォルトの注意文に「海外発送はしない」という事が記載されているためです。

もう一歩進んだところで考えれば、海外ユーザーが利用可能な決済方法が無い、という理由も考えられます。

そもそも日本国内のネットショップは基本的には海外発送の対応を前提としていません。

海外から注文された場合、商品の発送を海外の住所にされる事が想定されますが、海外へ商品を発送するには、EMSなどを利用する必要があります。

ご存知の方も多いと思いますが、EMSとは国際スピード郵便のことで、海外への速達扱いで宅配便を発送するため、送料がかなり高額となります。

当店がまだ海外発送を行っていた時には、ベビー用紙おむつの注文が、中国やベトナム、アメリカやヨーロッパから依頼されたことがあります。

その時は、送料が1万円~2万円だったと思います。

ベビー用紙おむつ1ケースの値段はだいたい3千円程度でしたから、送料の方が高い事になりますね。

それでも注文が成立する事があり、5件中1件くらいの割合で海外発送を行っていました。

当時は海外への住所を手書きで書いてましたし、またインボイスという海外へ送る為の書類の作成も必要でした。

とにかく手間がかかるうえ、実際には送料に対する販売手数料の加算によって赤字販売していた事が後でわかりました。

当店に関して言えば、全くメリットのない海外販売を約3年ほど行っていたことがあります。

こんな経験から、カラーミーショップで実現できる海外販売は、非常に手間いらず、リスクもほとんどない事がよくわかるのです。

では、「WorldShoppingBIZ for カラーミーショップ」について詳しくお話しようと思います。



「WorldShoppingBIZ」とは?

カラーミーショップで越境ECをする方法

WorldShoppingBIZ for カラーミーショップとは、世界125カ国への販売が可能となるカラーミーショップ専用の越境ECサービスです。

WorldShoppingBIZ for カラーミーショップを利用すれば、海外ユーザーからの注文受付、商品購入代行、海外配送、カスタマーサポートまでWorldShoppingが全て対応してくれます。

具体的な対応内容は以下の通りです。


  • 海外ユーザー専用の多言語ナビゲーションやWorldShoppingカートの出現
  • Alipay、銀聯、PayPal、各種クレジッドカードなどの多彩な決済手段を提供
  • 不正決済の防止
  • 世界125カ国の住所入力フォームやEMS、Fedexでの海外配送
  • 専用スタッフによる多言語に対応したカスタマーサポート

WorldShoppingBIZ for カラーミーショップをインストールすれば、海外ユーザーには、自動で専用言語の注文フォームが表示されるようになります。

決済方法についても、海外ユーザーがよく利用する決済方法で承る事ができますが、カラーミーショップ側では何も変更などを行う必要がありません。

また、海外注文の際に起こるリスクのある「不正注文」に関してもセキュリティ面でチェックを行っていますので安心です。

注文フォームは125カ国に対応しており、サポートセンターも専用のスタッフが対応してくれます。

発送に関しても、カラーミーショップ側では特に何も考える必要はなく、商品の発送までを代行してくれます。

一点注意する点としては、以下の商品を販売している場合には、「WorldShoppingBIZ for カラーミー」をインストールしてもアンインストールを依頼される可能性があることです。


WorldShoppingBIZ for カラーミーが利用できない商品

  • 食品(生もの)
  • 生き物
  • 酒類
  • 引火性液体(ライター用燃料、ペイント類、香水)
  • バッテリー類(バッテリーがデバイスに装着されていれば問題ありません)
  • 火薬類
  • 可燃性、引火性のもの
  • 貴重品等(硬貨、紙幣、貴金属)
  • 医療機器(カラーコンタクトも含む)
  • 偽造又は海賊版の物品
  • わいせつ又は不道徳なもの
  • ワシントン条約に抵触する恐れのある物

では、「WorldShoppingBIZ」を利用したいと思った方が、実際にどんな手順で商品を海外に発送するのかについてご説明いたします。




「WorldShoppingBIZ」の手順と仕組み

カラーミーショップで越境ECをする方法

まず、「WorldShoppingBIZ for カラーミー」を利用する為の費用、料金についてですが、月額5,400円(税込)でスタンダードプランを利用する事ができます。

海外からの注文から、商品発送までの手順は以下の通りです。


(1)海外のお客様が専用のカートで商品を購入

海外のお客様が商品ページを訪れると、ブラウザの表示言語によって多言語対応された海外ユーザー専用のショッピングカートが表示されます。

そこで商品を専用のショッピングカート入れて、海外の住所を入力し、WorldShopping が用意した決済手段で決済します。

※日本からのアクセスでは表示されません。



(2)WorldShopping が注文を受け取り、購入を代行

決済が終わると WorldShopping に注文情報が送られます。

それを元に国内の WorldShopping のスタッフが海外ユーザーの代わりに商品を購入します。

その際、日本のお客様と同様、国内の配送先を入力して、日本のクレジットカード、代引き、銀行振込で決済します。



(3)出品者が国内にある WorldShopping の倉庫へ商品を発送

WorldShopping からの注文を受け取られましたら、日本のお客様と同様、国内にある WorldShopping の倉庫へ商品を発送していただきます。

要するに、カラーミーショップを利用しているオーナーとしては、日本からの注文に対して、日本国内の倉庫に商品を送るだけでよいという事ですね。

これは、ショッピングモールのQoo10 でも同じ方法で海外販売を行った事がありますが、非常に便利な方法です。



(4)WorldShopping が検品、梱包を行い海外のお客様に発送

商品が Worldshopping の倉庫に到着したら、WorldShoppingが、商品の確認、海外配送用の再梱包を行い、税関用の書類を作成してお客様に発送します。



仕組みとしては非常にシンプルで、注文から商品の海外発送までをWorldshoppingが代行してくれます。

国内からの注文に対して、国内への発送を行うだけで、海外販売が実現するという訳です。

利用料金も月額利用料5400円ならちょっとしたオプション機能を追加する程度の予算感で海外販売できてしまいますね。



カラーミーショップで越境ECを行う方法のまとめ

今回は、カラーミーショップを利用して海外販売、越境ECを簡単に低コストで実現できる方法をご紹介しました。

国内のEC市場も規模の拡大が続いていますが、新規参入者が増え、競合だらけの国内EC市場では、価格競争から脱却するのは非常に困難な時代でもあります。

越境EC、海外販売に関しては、まだまだ参入障壁が大きいため、今のうちから海外販売に着手する事で先行者メリットを受けられる可能性が十分にあると思います。

高額な投資も必要なしで、手軽に越境ECに参入できる「WorldShoppingBIZ for カラーミーショップ」は使ってみる価値がありそうですね。

今回の記事の内容がカラーミーショップを利用している方の越境ECの方法として参考になれば幸いです。




カラーミーショップの出店の評判と料金の比較





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す