ダークウェブとは(Dark web)|ECサイト用語集


初心者でもわかるネットショップ用語

ダークウェブとは(Dark web)|ECサイト用語集


ダークウェブとは(Dark web)

ダークウェブとは

ダークウェブとは一般的に、アクセスするのに特別なソフトウェアが必要となるウェブのことで、ディープウェブのさらに穏健な領域のことを言います。

ダークウェブは、グーグルにインデックスされていないという特徴もあります。

利用するユーザーが匿名のままでいる事が許可されているため、非常に穏健なもの(麻薬、ドラックや児童ポルノなど)を販売されることに利用するケースが多いことが問題視されています。

最近新聞紙面にも「ダークウェブ」という名称が掲載されるようになりましたが、ダークウェブとはそもそもどんなもので、どんな問題点があるのかをご説明いたします。


ダークウェブ(Dark web)とディープウェブ(Deep web)の違い

ダークウェブ(Dark web)について考えるとき、ディープウェブ(Deep web)と混同されて間違えられるケースがあります。

ディープウェブ(Deep web)とは、深層ウェブとも呼ばれる、インターネット上にあり、Googleなどの検索エンジンで検索できないウェブサイト、インターネット網のことを言います。

ディープウェブには、ダークウェブのような悪意的な意味は本来なく、検索エンジンにインデックスされていないウェブサイトは総じてディープウェブにあたります。

YahooメールやGmailのメールボックスの内容は、検索エンジンから検索できませんよね?

ウェブメールBOXなどは、インターネット上に存在しているものの、検索対象外、ディープウェブの領域にあります。

ディープウェブがインターネット上の90%以上を占有しているとも言われていて、ほとんどのインターネット上のサイト、システムはDeepweb上にて利用していることになります。

ディープウェブの中にある、一部の「匿名性があり、穏健な取引に利用されるサイト、インターネット領域の集まり」をダークウェブと呼んでいるわけです。

より専門的な言葉で言えば、「インターネット上のオーバーレイネットワークで構築されたウェブサイトの集まり」ということです。


ダークウェブの仕組み

では、ダークウェブの仕組みを簡単にご説明いたします。

ダークウェブ上のサイトはTorやI2Pといった専用ツールを使うことでアクセスすることが可能です。

Tor(トーア)とは、Wikipediaでは以下のように説明されています。

Tor(トーア)とはTCP/IPにおける接続経路の匿名化を実現するための規格、及びそのリファレンス実装であるソフトウェアの名称であり、P2P技術を利用したSOCKSプロキシとして動作する。Torという名称は、オリジナルのソフトウェア開発プロジェクトの名称である「The Onion Router」の頭文字を取ったものである。

チョット何言ってるかわからないかもしれませんので、もっと簡単な言葉で説明しますね。

Torで利用されているOnion Routingという技術は、データを多重に暗号化できる仕組みで、第三者や受信者に対し、送信者の匿名性が守られる仕組みです。

もっと簡単に言えば、情報の送信者の送信元住所(IPアドレス)を隠すことができるため、犯罪的商品の取引を行っても足が付かない仕組みというわけです。


ダークウェブの問題点

ダークウェブの問題としては、薬物、武器、偽造品や児童ポルノなどが闇取引されているということです。

また最近では、仮想通貨のNEMがコインチェックから盗まれた際に、ダークウェブを利用したマネーロンダリングに使われたという報道もありました。

ダークウェブは、その存在が認められたとしても、そのサイトを誰がどんなサーバで運営しているかを特定することが非常に困難です。

仮想通貨をはじめ、今後サイバーテロ、サイバー攻撃は、日常的に企業、国家を問わず行われるリスクが高いと思います。

もちろん、各国の政府機関は、このダークウェブを野放しにしているわけではなく、常に監視体制を取っています。

闇取引であれば、購入者と販売者間の問題で逮捕すれば済みますが、サイバーテロやサイバー攻撃の場合は、より大きな問題に発展する可能性があります。

企業や個人ができる対策としては、セキュリティ対策の強化が目下最優先で行うべき対応策だと思います。


ダークウェブについてのまとめ

ダークウェブは名前だけ見れば、「闇ウェブ」と、中二病的なネーミングですが、その内容は非常に深刻な社会問題となっています。

ダークウェブの問題は、2018年により多くの場所で議論されることになるでしょう。

一般的な生活を送っている限りは、ダークウェブへアクセスするということはないはずですので、ダークウェブの存在に恐怖する必要はないと思います。

むしろ、私達個人でも恐れる必要があるとすれば、個人で管理しているオンラインバンクのIDパスワードが盗まれ、資産を奪われるといったリスクや、オンラインストレージに保管している個人写真などが流出するリスクについてです。

セキュリティの強化は、今後ますます重要になってくると思いますので、最新のセキュリティ事情などがわかれば、このブログでご紹介していきたいと思います。

今回の内容が、ダークウェブについて少しでもご理解の参考になれば幸いです。



ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す