楽天EXPO2018レポート!商品画像登録ガイドラインの必須化の時期と違反時のペナルティとは?


楽天EXPO2018レポート!商品画像登録ガイドラインの必須化の時期と違反時のペナルティとは?

2018年7月17日(火)に楽天市場 に出店する店長や店舗担当者が集う夏のイベント、楽天EXPO2018が東京で開催されました。

楽天EXPOでは、楽天の社長である三木谷さんの基調講演で発表される内容にいつも注目が集まりますが、今回の楽天EXPOでは三木谷社長は一体何を語ったのでしょうか。

今回は、楽天EXPO2018の中で、三木谷社長から語られた楽天市場の今期最大の改革とも言える「商品画像登録ガイドラインの遵守必須化」について違反した際のペナルティについて現役楽天店長が解説いたします。



楽天市場の商品画像登録ガイドラインとは?

楽天市場の商品画像登録ガイドライン違反時のペナルティとは

楽天市場 の商品画像登録ガイドラインとは、楽天市場出店者に向けた、商品画像を作成する際のガイドライン、制作ルールのことです。

これまで楽天市場では、商品画像登録ガイドラインを「推奨」のレベルとしていましたが、今回の楽天EXPO2018の中で、商品画像登録ガイドラインの遵守を必須化する事を発表しました。

楽天EXPO2018では、楽天市場に出品している商品画像に対して、以下の商品画像登録ガイドラインを規定しています。


  • 画像背景、写真背景は白のみ
  • テキスト要素画像に対して20%以内
  • 枠線なし
  • 幾何学模様など商品を目立たせるような背景の禁止

楽天市場では、これまでは、商品画像への文字入れや単価記載などを楽天の専任担当者であるECコンサルタント自身がすすめていたこともあり、今回の商品画像登録ガイドラインの必須化については、反発の声を上げる店長さんも非常に多いと感じています。

当店でも一部商品に関しては、現在の商品画像登録ガイドラインにある、枠線やテキストボリュームなどがガイドライン違反となる画像があるため、今後商品画像を作り直す必要があります。

当店では、自社内で商品画像などを内製しているので、コスト面では人件費、人的リソースが取られるだけですみますが、楽天店長さんの中には、商品画像を外注で作成されている場合もあると思います。

商品画像を制作会社などに外注している場合は、商品画像を作り直す依頼を出さなくてはならずそのコストは非常に大きなものになることが想定されます。

楽天市場の商品画像登録ガイドラインについての詳細は、以下のページに詳しくまとめていますのでこちらを参考にしていただければと思います。


楽天市場の商品画像登録ガイドライン変更


商品画像登録ガイドラインの必須化の時期

楽天市場の商品画像登録ガイドライン違反時のペナルティとは

では、楽天出店者のみなさんが気になるポイント、楽天の商品画像登録ガイドラインの必須化の時期についてですが、楽天EXPO2018の中では、2018年10月から楽天市場全出店者に完全対応を求めるとのことでした。

この記事を書いているのが、2018年7月末ですから、あと2か月しかありません。

商品を登録している数が多い店舗さんの場合、商品画像の改変は、莫大な時間とコストを要すことになります。

そのため、楽天からの救済措置として、2018年中に関しては、「違反点数の加点猶予期間」としているそうです。

つまりは、商品画像登録ガイドラインの対応については、2018年12月末までに行えば、違反点数は加点されないことになります。

かといって、ギリギリまで放置しては、2019年1月から即違反とされますので、結果としては早めに改変の対応を行う事は避けられません。

また、今回の商品画像登録ガイドラインでは、画像の背景は「白」が基本とされているため、商品画像としてはAmazonの商品画像のような簡素なデザインになることが想定されます。

果たして、これまで楽天市場の個性だった、店舗毎のオリジナリティを抑圧して、全員右へ倣えで、白背景、文字数少な目画像になることで売上減少となる店舗さんも出てくるのではないでしょうか?

このあたりについては、楽天市場出店者として、やはり気になるところであり、本当にそれでいいのかと疑問視するポイントでもありますね。


ガイドライン違反時のペナルティについて

楽天市場の商品画像登録ガイドライン違反時のペナルティとは

楽天市場が掲げる、商品画像登録ガイドラインが、2018年10月から全店舗必須化となることを先ほどご説明ました。

では、このガイドラインを守らず、2018年10月以降も、ガイドラインから外れた商品画像を掲載し続けえた場合、どのようなペナルティが課せられるのでしょうか?

商品画像登録ガイドライン違反の際のペナルティについて、違反点数が35点に達した際には以下のようなペナルティが与えられます。


  • 違反点数が年間累計で35点に達した場合、7日間のランキング掲載停止
  • 違反点数が年間累計で35点に達した場合、検索表示順位のダウン

では、商品画像登録ガイドラインに違反した場合、違反点数は何点加点されるのか?

という点については、今回の楽天EXPO2018の中でも言及されませんでした。

参考までに楽天市場がガイドラインに違反した際に、違反点数として加点しているポイントは以下のような例があります。


  • 比較的軽微な違反行為・・・5点(顧客対応不備など)
  • 各種楽天が定めるガイドラインに違反した行為・・・20点
  • 無関係なキーワードを過剰に記載した検索対策など・・・35点
  • 楽天市場の信頼を失うような深刻な違反行為・・・80点

また、偽ブランド商品の販売などの詐欺的行為については、違反点数のペナルティどころか即刻強制退店となります。

まぁ犯罪行為ですから当たり前ですよね。


楽天の商品画像登録ガイドライン違反のペナルティのまとめ

今回は楽天市場で2018年中の最大の改変とも言われている「商品画像登録ガイドライン」の必須化について、必須化の時期と違反時のペナルティについてご説明いたしました。

商品画像は、楽天市場の出店者であれば、いかに、商品第一画像が重要なものか痛いほど理解されているかと思います。

また、商品画像を最適化するために、社内デザイナーを雇って制作したり、外注、アウトソーシングによって商品画像を制作してもらうケースも、売れている店舗さんほどしっかりと対応されています。

今回の商品画像登録ガイドラインが必須化されることで、多くの楽天出店者が、商品第一画像の変更、再制作作業に追われることになりますが、果たしてこのガイドライン、楽天市場らしさを失うことにならないのでしょうか?

現役の楽天店長という立場としては、楽天市場 の良さは、「商品画像一つ一つに個性があり、ストーリーが見える」という事だと感じています。

文字ばかりの商品画像もありますが、やはり、キャッチコピーやその商品の売り、謳い文句は、ガツンと目立たせたいというのは、楽天市場の雰囲気にもマッチしていたと思います。

もし、楽天市場が、インスタグラムなどのSNS映えや、Amazonのような簡素な商品検索を求めているのであれば、正直「お門違い」だと言いたいです。

楽天のことを悪くいう方も確かにおられますが、楽天市場のファンもそれ以上にたくさんおられます。

その結果が、楽天会員の数が1億以上存在していることでもわかると思います。

楽天という運営者が、ルールであることは間違いないですし、ガイドラインを遵守せよとお達しがくれば、出店者は従うしかありません。

2019年以降の楽天市場が、これまでの楽天市場のようなワクワク感あふれるマーケットであるのかどうか、この目で確かめたいと思います。

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。こうした情報を随時、FacebookTwitterで毎日配信しておりますので是非フォローいただければ幸いです。





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す