【質問】メンズファッションジャンルの商品が売れるネットショップ・モールはどこですか?


ネットショップでよくある質問・相談

売れるネットショップの教科書に寄せられたよくあるご質問について、現役店長が回答するコーナーです。


【質問】メンズファッションジャンルの商品が売れるネットショップ・モールはどこですか?

ネットショップを多店舗で展開されている方から、いただいたご質問で「メンズファッションはどこで売れますか?」というご相談をいただきました。

ネット通販では、ユニクロやZOZOTOWNといったネットショップ、ECサイトは、非常に高い売上を誇っていますが、ファッションジャンルを主に利用するユーザーは、20代~30代の女性層が圧倒的だと思います。

メンズファッションジャンルは、女性向けのレディースファッションジャンルと比べて、ネット販売の難易度が高い傾向にあります。

今回は、メンズファッションジャンルのネットショップを運営されている方、もしくは新規ネットショップ出店を検討されている方に、メンズファッションが売れるショッピングモールをご紹介したいと思います。


現在のメンズファッションの売れ筋傾向を調べてみる

メンズファッションが売れるモール

今回のご質問である「メンズファッション商品が売れる場所、ショッピングモール」について、正直なところ、筆者には、どこがメンズファッションが売れる場所なのか見当がつきませんでした。

その為、まずは事実を確認することが先決だと思い、楽天市場 をはじめとして、日本国内のショッピングモールのメンズファッションランキングを調査してみました。

まずは、2018年4月18日に調査した、国内インターネットショッピングモールのメンズファッションランキングをご紹介いたします。

どのモールでどんな商品が売れているのか、売れ筋商品の傾向を確認していただければと思います。



楽天市場

メンズファッションが売れるモール

まずは日本国内のインターネットショッピングモールとして代表的な売場である、楽天市場 のメンズファッションランキングを見てみましょう。

メンズファッションランキングを調査した日のランキング第一位は、U-STREAMと言う店舗のDIESELのTシャツが第一位を獲得していました。

楽天市場のメンズファッションランキングを見ていただければわかる通り、商品画像に一定のパターンがあることがお分かり頂けると思います。

価格帯は決して高くない2000円前後の商品が売れ筋商品となっています。



Amazon(アマゾン)

メンズファッションが売れるモール

Amazonのメンズファッションランキングでは、第一位は、ニューバランスのスニーカーが獲得していました。

Amazonのメンズファッションランキング第二位も、同じくスニーカーで、アディダスのスニーカーが獲得していました。

Amazonでは、特定の店舗の商品というよりも、ブランドごとの需要が起こる傾向があるようです。

中でもスニーカーの需要が高いというランキング傾向がわかりました。



Yahoo!ショッピング

メンズファッションが売れるモール

ヤフーショッピング のメンズファッションランキングの傾向としては、楽天市場のメンズファッションランキングに類似した結果が出ていました。

ヤフーショッピングのメンズファッションランキングの一番人気の商品は、スキニーパンツが第一位を獲得していました。

その他のYahooショッピングのメンズファッションランキングの上位ランクイン商品の傾向としては、サコッシュバッグや本革レザーベルトなどの商品がランクインしていました。



ポンパレモール

メンズファッションが売れるモール

ポンパレモールのメンズファッションランキングの傾向としては、やはり古株店舗の商品のランクインが目立っていました。

ポンパレモールでは、退店する店舗も多いことから、残留する店舗の商品がランキング入りする傾向が見受けられました。



Wowma!(ワウマ)

メンズファッションが売れるモール

KDDIグループが運営するWowma!(ワウマ)では、ファッションランキングとしては、スニーカー需要が高い傾向があることがわかりました。



Qoo10(キューテン)

メンズファッションが売れるモール

Qoo10のランキングでは、メンズファッション独自ランキングは存在しておらず、メンズ・スポーツというカテゴリのランキングが用意されていました。

その為、キューテン本来のユーザーである若い女性層の支持がある商品がランキング上位にランクインしやすい傾向があります。



NETSEA(ネッシー)

メンズファッションが売れるモール

NETSEA(ネッシー) のメンズファッションランキングは、他のショッピングモールとは一線を画している感じがする結果となっています。

ネッシー自体が、卸系のショッピングモールであり、NETSEA(ネッシー) で購入する商品を二次利用、自社ネットショップやリアル店舗での販売に利用するケースが多いからだと思います。

また、NETSEAは越境EC、中国などの海外販売の商品の仕入れに利用されるケースが多いので、日本で流行っている商品よりも中国で需要の高い商材が売れやすい傾向があります。



ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

メンズファッションが売れるモール

ネット通販のファッションジャンルとしては、ゾゾタウンを外すわけにはいきません。

ただし、ファッションECにおいて、ゾゾタウンのランキング結果はそれほど高い影響力があるとは到底思えません。

ZOZOTOWNのランキング第一位が「ZOZOSUIT」であることが全ての答えでもあります。

ZOZOTOWNのランキングはあまり日本国内におけるファッションECの流行とはあまり関係性がないと思っていいと思います。



SHOPLIST(ショップリスト)

メンズファッションが売れるモール

ZOZOTOWNを紹介するのであれば、SHOPLISTもはずせないでしょう。

SHOPLISTのランキング結果も参考程度に見ていただければ幸いです。



いかがでしょうか?日本国内の主要なショッピングモールのメンズファッションランキングを全て見ていただいた感想はいかがでしょうか?

筆者が考える、メンズファッションの需要が高いショッピングモールと言うのは、正直なところ、レディースファッションと比較した場合に限定しますが、メンズファッションは売れにくいジャンルであるということをお伝えしたいのです。

筆者もそうですが、自分の洋服を購入するのは、ユニクロや無印良品などのリアル店舗、しかも無難な商品ばかりを選択しています。

男性はある一定の年齢層を超えると、ファッションには無頓着になる傾向があるのは否めません。

この部分を理解していないと、ファッションジャンル、メンズファッション商品に特化したネットショップは消耗戦で力尽きてしまいます。

メンズファッションが売れるショッピングモールを探すのであれば、まずは自社商品の強み、メリットを徹底的に文書化できるように自己分析から始められるといいと思います。

その上で、どうしても自社の商品がどのショッピングモール、ネットショップで売れるかがわからないようであれば、売れるネットショップの教科書の無料カウンセリングからご相談ください。

そこまで自社で試行錯誤した上でのご相談であれば、きっと「活路を見いだせる」回答もできると思います。




メンズファッション商品が売れるショッピングモールとは?

各インターネットショッピングモールのランキング結果を見ていただいて、どういった感想を抱いたでしょうか?

そもそも、メンズファッションのネット通販というのは、レディースファッションのネット通販と比較した場合、市場規模も非常に低い状態にあります。

読者の方が普段、ご自身のファッションアイテムを購入する店舗を考えれば、おのずと結果もわかるかと思います。

男性は、ファッションアイテムをインターネット通販、ネットショッピングを利用して行うことは、レディースファッションと比べると非常に頻度が低い傾向があります。

女性は、常日頃から、ご自身が身に着けるファッションアイテムをインターネット、リアル店舗の両方で探す傾向があるのに対して、男性の場合は、リアル店舗を中心とした動きになるケースが多いと思います。

インターネット通販の市場では、ファッションジャンルとしては、メンズファッションは非常に売りにくい商材であることを理解しておく必要があります。


メンズファッション商品が売れるモールのまとめ

今回は、メンズファッション系のネットショップを運営されている方からのご相談について、現役店長が徹底考察してみました。

メンズファッション、男性向けの洋服は、インターネットでは売れにくい商材のひとつです。

ただし、奥さんや彼女などの意見を尊重できる彼氏、旦那さんであれば、ネット通販でメンズファッションを購入することは、ひとつのステータス、楽しみに転化するケースも多いものです。

メンズファッションはネット通販では難易度は高いですが、競合店舗よりも秀でた販売手法が確立できれば、一挙に大きな売上を獲得できるジャンルでもあります。

今回の記事の内容が、メンズファッションジャンルのネットショップオーナーの方に伝われば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを低コストで出店するならカラーミーショップがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるサービスに「 BASE (ベイス) 」というサービスが人気がありますが、月商10万円以上のネットショップを目指すのであればカラーミーショップ の方がコストパフォーマンスが高くなるのでおすすめです。


ネットショップBASEとカラーミーショップの月商別手数料・コストを徹底比較


また、カラーミーショップはEC業界の中では、サポート体制が非常に充実しているのでショップ開設後も安心のサービスです。

ネットショップの電話サポートがある「カラーミーショップ」のサポート体制の種類と評判






売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す