サブスクリプションを実施するのにサブスクストア(旧 たまごリピート)が選ばれる理由とは?


サブスクリプションを実施するのにサブスクストア(旧 たまごリピート)が選ばれる理由とは?

サブスクストア(旧 たまごリピート)の評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較

ネット通販の中でも、近年特に注目されているのがサブスクリプションビジネスですが、サブスクリプションを自社で実現させる方法に「サブスクストア」というサービスを利用する方法があります。

サブスクストアは近年のサブスクリプションビジネス市場の成長を受けて、利用する企業が増えているECシステムです。

今回は、サブスクリプションビジネスを実現できるサブスクストアについて、サブスクストアが選ばれている理由についてご説明したいと思います。

サブスクストアでサブスクリプションビジネスの開始を検討している方、もしくはサブスクリプションを始めたいけどどのサービスで始めたらよいのかわからないという方の参考になれば幸いです。



サブスクストア(旧 たまごリピート)とは?

サブスクストア(旧 たまごリピート)の評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較

サブスクストアとは、単品リピート通販市場でシェアNo.1を誇るサブスクリプション特化型のクラウドシステムのことです。

サブスクストアの流通総額は、1,193億円(2018年9月末)という実績があり、元々は「たまごリピートNext」というサービス名で提供されていました。

サブスクストアを運営するのはテモナ株式会社で、単品リピート通販ビジネスでは、2008年に創業している比較的長期にわたるサービス提供を行ってきたい会社です。

近年、物流コストの上昇や、大手企業の国内ECモールへの参入により、総合通販、ECサイトビジネスの難易度が非常に高くなってきている現在、サブスクリプションという定期購入型ビジネスが注目されています。


ネット通販市場においてなぜサブスクリプション・定期購入通販が注目されているのか?


今回は、日本国内のEC市場において、急成長を遂げているサブスクリプションカートサービスの「サブスクストア」についてメリットや機能、料金などを徹底解説したいと思います。

新規でサブスクリプションサービスを検討されている方、もしくは既に定期購入通販を実施していて、新たなシステムへの乗り換えを検討されている方の参考になれば幸いです。




サブスクストアが選ばれる理由

サブスクリプション、定期購入サービスを実現させる為に、「サブスクストア」を選ぶ企業が増えています。

なぜ、サブスクリプションビジネスを開始する為に、サブスクストアを選ぶ企業が増えているのでしょうか?

サブスクストアが選ばれる理由と思われる事を主に実際に公開されているデータ、数字を用いてご説明したいと思います。





サブスク業界でのシェアがナンバーワン

サブスクストア(旧 たまごリピート)の評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較

サブスクストアは、単品通販・定期通販カートシステムで、シェアNo.1の実績を誇っています。

単品リピート通販や定期購入通販といった、サブスクリプション市場においては、競合するECカートサービスも沢山あります。

例えば、GMOペパボ株式会社がサービスを提供している「カラーミーリピート 」などは低価格で単品リピート通販を実現できる事をコンセプトにしたリピート通販カートです。

リピストは、CVRを引き上げる事に注力している単品リピート通販カートですが、こうしたカラーミーリピートやリピストなどよりも、サブスクストアの方が業界シェアは上のサービスなのです。

特に、大手企業がサブスクリプションサービスを開始する際に、サブスクストアが選ばれる傾向があるようですね。

また、サブスクストアを提供するモテナ株式会社は、東証マザーズにも上場しています。資本金も2017年に3億円まで増資しているところをみると、堅実な成長をしている企業であることもうかがえますね。

サブスクリプションを実現する事ができるカート、システム提供の実績があり、業界での歴史も長い為、大手企業からの信頼も厚いのだと思います。



多数の大手企業のサブスク導入実績

サブスクストア(旧 たまごリピート)の評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較

サブスクストアを導入している企業は、現在でおよそ「1400社」以上あると公表されています。

サブスクリプション市場において、日本国内でサブスクリプション市場に参入している企業は約4000社と言われていますが、サブスクストアはそのうちの1400社が利用していることになります。

業界ナンバーワンのシェアを誇り、大手企業の導入実績も多数あるサブスクストアなら、自社のサブスクリプションサービスの実現に最短距離でアプローチできると考える企業も少なくないでしょう。

サブスクストアを採用している企業の実績としては、以下のような実績があります。


サブスクストアの売上上位店舗の実績としては、年商100億円以上のショップも存在しています。

特別なカスタマイズを行ったわけではなく、サブスクストアの機能を利用した状態で年商100億円とのことです。

数億円の売上を目指せるサブスクリプションカートとして、サブスクストアは選択肢に入れておく必要がありそうです。



約1,193億円の年間流通額がある

サブスクストア(旧 たまごリピート)の評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較

サブスクストアを利用したECサイトのサブスクストア上での売上規模は年間で約1,193億円の流通があると2018年9月末に公式に発表されています。

サブスクリプションカートサービスとしては、この流通額は業界ナンバーワンでしょう。

上位の企業の中には、年商100億円以上をサブスクストア経由で売上ているという実績報告もあり、売れる商品と仕組化を構築できた企業は、非常に高い年商を作る事ができているようです。

EC業界は競争も激しく、総合通販は価格競争が前提となっている事もあり、なかなか安定した売上を作る事が難しくなってきていますが、サブスクリプションは積み上げ型のビジネスモデルであることもあって、安定的に売上を作っている企業も出てきています。

また、流通額だけではなく、サブスクリプションを実現させる為の機能も充実したサービスであるという事も、サブスクを実現させるカート選びの重要なポイントだと思います。



コンサルティングなどの総合支援も可能

サブスクストア(旧 たまごリピート)の評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較

サブスクストアを利用しているユーザーには、ネットショップ運営に関するコンサルティングを受ける事も可能です。

サブスクリプションという仕組みは、楽天市場Amazonなどのインターネットショッピングモールへの出店と異なり、自社ECサイトの運用となります。

自社ECサイトは、基本的にオープン直後はアクセスを獲得する事が非常に難しいという傾向があります。

一人では解決できないような問題に直面した際に、サブスクストアのサポートを受ける事で、最適な解決方法に辿り着ける可能性があります。

サブスクリプション業界シェアナンバーワンの実績と、導入企業1400社以上の実績や経験から、同じような悩みに直面された店舗さんに対して、最短距離で解決策を提示できるのもサブスクストアのメリットだと思います。

また、ネットショップには必要不可欠な物流面の問題も、サブスクストアなら、物流連携を行う事も可能です。

最適なフローが揃っているからこそ、サブスクリプション開始後の失敗率が引き下がると言えるでしょう。



サポート体制も充実している

サブスクストア(旧 たまごリピート)の評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較

サブスクストアが売れるサブスクリプションサービスとして業界ナンバーワンのシェアを誇っている理由の中には、機能面だけではない「総合的支援」の部分も重要なポイントだと思います。

サブスクストアでは、電話、メールによる無料、無制限のサポートで、利用者の成功アシストしてくれます。

ECカートサービスなどで、無料で利用できる事で個人のユーザーから特に利用されているSTORES.jpBASE (ベイス)などのインスタントECサービスは、確かに無料でネットショップを開業できる最大の魅力がありますが、サポート体制という意味ではほとんど支援を受ける事はないでしょう。

無料で利用できるという最大の恩恵がある反面、売上を上げる為に何をすればいいのか、実務的なレベルでの直接サポートはインスタントECサービスにはありません。

ネットショップは売上を作るのは、どのECカートを選ぶにせよ、ネットショップをオープンしてからようやく始まるものです。

サポートシステムが充実しているサブスクストアなら、自社のサブスクリプションが成功するまでの間、何度でもサポート担当から、アドバイスを受ける事が出来ます。

また、導入企業様間の情報交換の場や、導入後の売上拡大のフォローも行っているそうですので、開設後も安心ですね。




サブスクストアが選ばれる理由のまとめ

今回は、EC市場の中でも特に企業からの注目が集まっているサブスクリプションビジネスについて、サブスクリプションを実現できる「サブスクストア」が選ばれる理由について実際に公開されているデータを用いてご説明いたしました。

サブスクストアには、更に企業間ビジネスに特化した「サブスクストアB2B 」というサービスも提供されています。

サブスクストアB2Bについては、近いうちにサービス内容についてこの売れるネットショップの教科書でも分析して紹介してみようと思っています。

ネット通販市場は、これまでは楽天市場Amazonなどのインターネットショッピングモールへの出店が主流でしたが、現在は大手企業の進出が飽和状態となり、また、Amazonや楽天といったプラットフォーマー自身が出店者となり、価格競争を仕掛けている状況にあります。

総合販売型のECサイトが売れにくくなっている現在、定期購入型、頒布会型のネットショップであるサブスクリプションは、ますます注目されていくと思います。

サブスクリプションビジネスに挑戦したいと思われる方は、サブスクストアの利用も検討されてみてはいかがでしょうか。

サブスクストアについてもメリットや費用などは以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。


サブスクストア(旧 たまごリピート)の評判 口コミ メリット デメリット 料金 機能を徹底比較


最後までお読みいただきありがとうございました。







ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを手数料無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORESなら 2020年2月10日~3月1日までの間に新規出店すれば、4ヶ月間の決済手数料が「最大2万円分が無料」となるキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン
STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す