簡単にホームページができるグーペの評判と料金・制作事例

安い料金でホームページができるグーペの評判と事例


ホームページを誰でも簡単に作ることができる「Goope(グーペ)」について
その評判とグーペを利用している事例についてまとめてみました。

グーペでホームページを作ろうかと悩まれている方の参考になれば幸いです。


グーペとは

Goopeグーペの評判

グーペ(Goope)とは、インターネット上でホームページを作成できるサービスのことです。 運営している会社はGMOペパボ株式会社で、あのカラーミーショップなどで有名な会社です。

グーペのコンセプトは「誰でも簡単にすぐ始められるホームページが作れること」です。

今回は簡単ホームページサービスのグーペについて、実際に無料期間を利用してどこまでの ホームページが作れるのかをウェブ制作者である筆者が検証してみました。


グーペのメリット

Goopeグーペのメリット

グーペの最大のメリットは「誰でも簡単に自分でホームページが作れること」です。

数年前まで、ホームページ、ウェブサイトというのはウェブ制作者でなくては 作ることが難しい特別な技術が必要なものでした。

2017年11月現在において、ホームページは、Jimdo(ジンドゥー)などの登場で HTMLやCSSといった専門知識のない一般の方でも、誰でも自分で扱えるものになりました。

グーペもHTMLなどの知識は一切なくてもホームページを作ることができます。

ただ、こうした簡単ホームページ作成サービスはデザインなどでは プロが作ったホームページには劣るのではないか?と思われることが多いですが グーペに用意されているでデザインテンプレート(予め用意されたデザインから選ぶ方法)は プロの目から見ても、高いレイアウト、デザインクオリティを持っていると思います。

グーペの魅力として、もうひとつのポイントが「低価格である」ということです。 これは、運営しているGMOペパボが提供する「カラーミーショップ」というネットショップ作成サービスと 同じコンセプトでもあります。

本格的なホームページを月額1000円から自分で作成し、管理運営できる点がグーペのメリットです。

また、グーペには同じ会社が運営している「カラーミーショップ」でネットショップを格安で使えるようになるというメリットがあります。

物販を行っている店舗の方であれば、ホームページと同時にカラーミーショップでネットショップを持つことも最低コストでできるためオススメです。

【参考】【裏技】カラーミーショップを月額100円の激安で使える方法


グーペのデメリット

Goopeグーペの評判

グーペのデメリットについてですが、正直なところ、グーペのデメリットというのは ホームページの知識があまりない方にとっては、感じないのではないかと思います。

というのも、何をデメリットととらえるのかというのは人それぞれだからです。 グーペの場合、対象となるユーザーは「HTMLなどがわからない一般の方」であることから 管理画面の操作が簡単であることは日々の作業のストレスがなく、快適に利用できるはずです。

グーペをもしウェブのプロが利用しようと思った場合、これは「ちょっと使いにくい」という箇所がいくつかあります。

操作を簡単にしているが故に、細かい調整などができない箇所があるのです。 これは、ホームページをスミからスミまで細かくいじりたいという目的がある場合の デメリットですから、一般的な利用者にとっては全く気にならない点でしょう。


グーペの料金表

グーペの料金体系とプラン別の機能比較表をご紹介します。

Goopeグーペの評判

通常プラン DXプラン ビジネスプラン
1ヶ月1,000円 1ヶ月1,500円 1ヶ月3,500円
12ヶ月12,000円 12ヶ月12,000円 12ヶ月36,000円
初期費用3,000円
ディスク容量1GB ディスク容量5GB ディスク容量50GB
作成メールアドレス10個 作成メールアドレス10個 作成メールアドレス100個
独自ドメイン(300円~1,000円) 独自ドメイン(300円~1,000円) 独自ドメイン1つ無料
SSLオプション(月額1,000円) SSLオプション(月額1,000円) SSLオプション無料
デザインテンプレート
スライドショー機能
ネットショップ(別途費用)
インフォメーション
フォトアルバム
メニュー作成
スマートフォン対応
- PDFアップロード PDFアップロード
- アクセス解析 アクセス解析
- メルマガ機能 メルマガ機能
- お問い合わせカスタマイズ お問い合わせカスタマイズ
- - 予約制電話サポート
- - 有料テンプレート使い放題

※料金は全て税抜きです。

※2017年11月時点の情報です。最新情報はグーペ公式ページにてご確認ください。


グーペの主な機能

グーペの機能としては以下の機能が標準で備わっています。

Goopeグーペの評判


Goopeの主な機能について

  • デザインテンプレートによる簡単デザイン変更
  • カレンダー機能でイベントや定休日を表示
  • お問い合わせフォームも特別な知識なしで設置可能
  • オリジナルドメインの設定が可能
  • SNS連携でフォローボタンも簡単設置
  • お知らせ機能で簡単な更新情報を表示
  • スマホ・タブレットなどのモバイル対応
  • 飲食店やサロンのメニュー・価格もかんたん表示
  • 店舗内風景などはフォトアルバムで紹介
  • プランやコースなどを選べる予約フォームも設置
  • スタッフ紹介にはSNSとの連携機能も
  • メールマガジン配信機能も常備
  • アクセス解析でホームページへのアクセスも確認できる
  • スライドショーでブランディングを強化できる
  • 住所を入れるだけでアクセスマップも表示
  • 自由な内容を掲載できるフリーページも追加可能
  • 求人情報に特化した求人ページ作成が可能
  • 来店のきっかけになるクーポン発行機能
  • 広告の表示がないグーペブログでコンテンツSEO対策も可能
  • カラーミーショップでネットショップも追加可能(有料プラン)
  • PDFアップロード機能で資料をダウンロード可能に
  • セキュリティ強化のSSLもオプションで追加可能
  • 不明点は電話によるサポートもOK
  • 独自ドメインを利用していればメールアドレスも作成可能

ホームページの機能として現在において最も重要な点は「スマートフォン対応」です。

スマホの登場以来、インターネットでの検索はパソコンからスマホにシェアが大きく変わりました。

パソコンは仕事で使うデバイス、スマホは仕事以外の全てのシーンで使うデバイスという感覚になってきています。 スマホからホームページを閲覧した際に、ホームページがスマホ対応されていなければ、 ユーザーはホームページを見るのをやめてしまう(離脱されてしまう)というリスクがあります。

グーペはどのデザインテンプレートを利用しても、スマホ、タブレット対応までしっかりと なされているため、安心して好きなデザインテンプレートを選ぶことができます。

また、グーペを主に利用しているユーザーは店舗を持っている方やサロン、カフェ、レストランなどが多いそうで、 そうした店舗型のホームページに必要となるカレンダー機能やマップ機能も標準で備わっています。

フォトアルバムで店舗内やサロンの様子などを紹介することもできます。

また、ネットショップではよくある「クーポン機能」もグーペには備わっていますから 来店のキッカケとなるクーポンをホームページ上で発行することで集客を強化することもできます。

グーペはリアル事業をされている方にはうってつけの機能が網羅されています。


グーペを利用した事例

Goopeグーペの評判

実際にグーペを利用してホームページを作っている方の事例を紹介いたします。

どのホームページを見ても、

「これが本当に月額1000円でつくれるの!?」

と驚く出来栄えのホームページばかりです。

グーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例

Goopeグーペのホームページ制作事例


グーペはこんな人におすすめ

Goopeグーペの評判

グーペは実店舗を運営されている方には特におすすめのサービスだと感じます。

特に良いと思ったのが「求人ページ」が作れるという点です。

実店舗であれば、店舗スタッフの募集をホームページ上で行うこともあると思いますが グーペなら、HTMLなどの知識をまったく必要とせず、自分で求人ページを作成できます。

また、お問合せフォームなどもプログラムの知識ゼロで自分で好きな項目を選んで作成できます。

もう、ホームページの制作会社や外注スタッフにあれこれ依頼する必要はありません。

また、デザインテンプレートもカフェやサロン、幼稚園などに最適なデザインがいくつか用意されていますので デザインを選び、メインとなる写真とホームページの名前を変えるだけで自分のオリジナルホームページができてしまいます。

これは本当に簡単で、写真も選ぶだけでできてしまいます。 手際の良い人なら、10分もかからずにホームページができるのではないでしょうか。

簡単ですが、プロが見ても全く気にならないデザインクオリティのホームページが作れます。


グーペで選べるデザイン

グーペで実際に選ぶことのできるデザインテンプレートを管理画面にログインして紹介いたします。

テンプレートは「雛形」の意味で、すでにデザインが完成された状態でセットされています。

グーペを利用するユーザーは、自分の事業やサービスに合わせて好きなデザインを選ぶだけで ホームページのデザインがそのまま利用できます。

「テンプレートだと他のグーペユーザーと被るのでは?」

と思われる方もおられると思いますが、メインとなるイメージは ご自身で変更できますし、色味なども調整できるため、全く同じホームページにはなりません。

安心して自分の好みのデザインを選ぶことができます。 また、ホームページのデザインを季節によって変更するなんてことも テンプレートならではのメリットでもあります。

また、デザインテンプレートには無料と有料の二種類が用意されています。

無料のテンプレートでも十分高いクオリティで作成されていますが、 有料のテンプレートは更にデザインにこだわりたいという方にはオススメです。

有料のテンプレートは1万円でデザインを購入できます。 ホームページの作成やリニューアルを制作会社に依頼すれば それだけで最低でも10万円程度はかかるのが相場ですから、 1万円でよりこだわったデザインが使えるのであれば十分に価値があると思います。

Goopeグーペのデザイン


グーペのSEO対策

GoopeグーペのSEO対策

ホームページを作成した後に重要な点が「GoogleやYahooの検索対策」、いわゆる「SEO対策」ができるかどうかという点です。 SEO対策は、専門的な知識が必要な場面も多いですが、基本的には、キーワードをしっかりとタイトル要素に入れることと、 ブログなどで継続的に情報を発信することが主な対策となります。

グーペの機能の中に「ブログ作成」の機能も備わっています。ブログといえばアメブロなどが人気ですが、 アメブロは、無料で使っていると「広告が表示されてしまう」というデメリットがあります。

グーペのブログ機能は、広告の表示は一切ありませんから、ホームページのブランドイメージを損なうことはありません。


グーペについてのまとめ

誰でも簡単にすぐにホームページを持てるグーペについて サービスの裏側、管理画面についてもしっかりと考察してみました。

ホームページは数年前とくらべれば、無料に近いくらいのコストで 作成、運営ができるシステムとなりました。

プロに依頼する場合とグーペやJimdoなどを利用して自分で作る場合の間の差が ほとんどなくなっていることを強く感じます。

ホームページは、作ってからが本当の役割が始まります。

日々情報をブログで発信したり、求人をつのったり キャンペーン情報を掲載したり、セールのクーポンを発行したりと 様々な情報を自分のちからだけで実現させることができるのが グーペの魅力だと思います。

また、運営している会社がGMOグループの大手ですから よほどのことが無い限り、今後10年後、20年後も存在し続けると思います。

途中でサービスがなくなってしまうなんてリスクは グーペにおいては考えにくいという点もメリットでしょう。

筆者が唯一おすすめしない点としてはウェブ制作のプロの方の利用だけです。 自分でHTMLやCSSが扱える人には、管理画面での作業は余計に時間がかかることになるでしょうし デザインの細かい変更などは実質行えない点はおすすめしないポイントです。

ホームページを簡単に自分でつくって、更新も自分でしたいという方、 実店舗のカフェやサロン、レストランなどから幼稚園や保育園、 はては通常のコーポレイトサイトでも問題なく運用できるサービスだと 自信を持ってオススメできるサービスです。

お試し無料期間がありますので、ちょっと興味があるという方は お試し期間だけ使ってみてJimdoなどと比較されると失敗がなくてよいでしょう。

参考になれば幸いです。





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す