イージーマイショップは高解像度な商品画像でネットショップのアピールができる[PR]


イージーマイショップは高解像度な商品画像でネットショップのアピールができる[PR]

イージーマイショップの商品画像機能について

無料でネットショップを開設できるサービスとして、Facebook連携も可能なECサービスにイージーマイショップというサービスがあります。

ネットショップを運営している方なら「商品画像」がいかに重要であるかはお気づきだと思います。

今回は、イージーマイショップの魅力の中でも特に注力している商品画像についてご説明いたします。

イージーマイショップでネットショップ構築を検討している方や自社ECサイトの新規開設を検討されている方の参考になれば幸いです。



easy my shop(イージーマイショップ)とは?

イージーマイショップとは?

イージーマイショップとは、無料から使えるECサイト構築サービスのことです。

イージーマイショップは、特に画像機能に優れていて、高解像度の商品画像を複数登録できるため、アパレルやファッション系のECサイトを構築されるショップさんにも人気のECカートです。

イージーマイショップとは?

イージーマイショップのカートとしてのサービスの詳細については、以下のページにより詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


easymyshop(イージーマイショップ)出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察


では、次にイージーマイショップの強みでもある「商品画像」についてご説明したいと思います。



イージーマイショップの商品画像機能について

イージーマイショップの商品画像機能について

イージーマイショップは、数あるECカートサービスの中でも特に「高解像度の商品画像を沢山登録できる」という特徴があります。

ネットショップは商品そのものを直接手に取って見る事ができないため、商品ページにある画像や文字情報、説明文などで商品の購入を検討する事になります。

イージーマイショップの商品画像に関する機能について詳しくご説明したいと思います。




登録できる画像サイズがフルHDサイズ以上

イージーマイショップの商品画像機能について

イージーマイショップの商品画像として登録できる画像サイズは業界最高スペックの3M(約300万画素 2048×1536ピクセル)とされています。

ここまで高解像度な商品画像を登録できるECカートサービスは、イージーマイショップ以外には聞いた事がありません。

またフルHDサイズ(1920×1080ピクセル)はもちろん、フルHDを遥かに凌ぐ1660万画素(4992×3328ピクセル)相当の高解像度画像も登録する事ができます。

商品のディティールを見せたい場合には、この高解像度の商品画像登録機能が役立つと思います。



商品画像拡大がスマート

イージーマイショップの商品画像機能について

ネットショップの商品画像の拡大機能でよくあるのが、商品画像のサムネイルをクリックする事で、拡大された画像が別ウインドやポップアップで表示されるケースです。

イージーマイショップ では、商品画像をマウスオーバーするだけで、拡大画像を表示させることができます。

イージーマイショップでは高解像度の商品画像を登録できるため、1660万画素以上の商品画像が迫力と魅力ある商品の詳細な部分をストレスなく確認する事が出来ます。

非常に精巧に作成されている工芸品や美術品や、ファッションアイテムなどの販売の際にとくに役立つ機能だと思います。



商品画像の登録枚数は50枚以上

イージーマイショップの商品画像機能について

イージーマイショップで一つの商品に登録できる商品画像は50枚以上という、ECカートサービスの中でも業界トップクラスの画像登録数を誇ります。

商品画像が多い事で、ユーザーは商品の詳細をより多くの画像から確認する事ができる為、ネットショップの転換率アップにも貢献します。

アパレル系商品やハンドメイド系商品、また食材が多いおせち料理などの商材にも商品画像が多い事はメリットがあります。



Youtubeの動画も簡単に貼り付け可能

イージーマイショップの商品画像機能について

イージーマイショップ には、動画専用貼り付けエリアがあらかじめ用意されている、YouTubeの動画もかんたんに貼り付けることができます。

動画によるマーケティングは、年々需要が高まり続けていますし、動画を掲載した商品ページは、動画が掲載されていなかった商品ページよりも購入率が高まるというデータもあります。

商品の製造工程や活用例などを動画で紹介すれば、ユーザーにとっては購入の動機にもつながり、商品ページにも人気感が出る相乗効果が期待できると思います。



スライドショー機能も実装されている

イージーマイショップの商品画像機能について

イージーマイショップ で作成したネットショップでは、スライドショーの機能を使って、複数の商品画像やイメージ画像を自動的に動かす事ができます。

初めて来店したユーザーに対して、見せたい商品画像を選択して表示させる事もできる為、ネットショップ内での回遊率も上がる可能性があります。

来店したユーザーが、長時間自分のネットショップに滞在してくれる事で、購買率のアップにもつながるというデータがあります。

スライドショーがある事で、人気感(ひとけかん)を演出する事で、ネットショップに賑わいを与える事も可能です。



イージーマイショップの商品画像についてのまとめ

今回は、ネットショップ構築サービスの「イージーマイショップ」で特に注力している機能でもある商品画像に関する機能についてご説明いたしました。

ネットショップは、商品情報をより具体的に記載する事も重要ですが、最近ではパソコンからのアクセスよりもスマートフォン、スマホからのアクセスを行うユーザーの方が増えている傾向にあります。

インスタグラムなどのSNSが流行している背景には、文字に寄らないグラフィカルな情報、画像や動画によって自分が見たい情報を探すユーザーが増えていることも理由のひとつだと思います。

特に、ネット通販では、商品そのものを直接手に取って見るという事ができません。

高解像度な商品画像が沢山登録されているネットショップであれば、ユーザーは実際にその商品を手にとらなくても細かい部分まで確認する事ができるでしょう。

今回の記事の内容が、高解像度の商品画像を沢山登録したいという方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す