無料ネットショップ開業システムのCafe24がCXプラットフォーム「KARTE」との連携開始


無料ネットショップ開業システムのCafe24がCXプラットフォーム「KARTE」との連携開始

無料ネットショップ開業システムのCafe24がCXプラットフォーム「KARTE」との連携開始


無料で越境EC、海外販売に対応したECサイトを開設できるECプラットフォーム「Cafe24(カフェ24)」では 株式会社プレイドが提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」とシステム連携を開始することを発表しました。

今回は、ECカートとして注目されているCafe24において、顧客体験を最大化するプラットフォーム「KARTE(カルテ)」との連携についてご説明したいと思います。

無料でネットショップを開設したい方や、既にネットショップを運営中でCafe24に興味のある方の参考になれば幸いです。




Cafe24とは?

無料ネットショップ開業システムのCafe24 Store「アプリ」と「デザイン」の特徴

Cafe24とは海外で導入実績の多い無料のネットショップ開業システムです。

2018年10月から日本でもECプラットフォームとしてサービスをリリースしています。

Cafe24はネットショップ構築を主軸として、広告運用、マーケティング、配送面などに関するECサイト運営に必要な様々なサービスを提供しています。

また、Cafe24は国内のネット販売だけではなく、海外販売、いわゆる「越境EC」にも対応できるという強みのあるECカートサービスでもあります。

2018年10月からのサービスリリースという事もあり、国内におけるECカート市場の中では若い部類のサービスとなる為、Cafe24というサービスをご存知ないという方も少なくないと思います。

コロナ禍でネット通販の需要が高まり続けている現在において、ネットショップの新規開設を検討されている方で特に無料ショップ開設を検討されている方はCafe24の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

Cafe24の詳細については以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらもご一読いただければと思います。


Cafe24のメリットやデメリット・機能比較




KARTE(カルテ)とは?

KARTE(カルテ)とは?

KARTE(カルテ)とは、ウェブサイトやアプリなど様々なサービスに対して、訪問者の行動や感情をリアルタイムに解析し、一人ひとりに合わせた体験の提供を可能にするCX(顧客体験)プラットフォームのことです。

これまでにリリースされていた従来の環境では、膨大なユーザーデータがツールごとにバラバラに管理され、お客様一人ひとりに向き合うことが困難でした。

KARTE(カルテ)を利用すれば、今この瞬間のデータと過去のデータをお客様ごとに統合する事ができる為、顧客を深く、直感的に理解することで、心地良い体験を生み出すことができます。

例えば、膨大な行動ログから顧客一人ひとりの体験をデータとして繋ぐことで鮮明に可視化する事ができます。

その結果として分断している顧客のデータを繋ぐことができあらゆる顧客接点での活用を促進する事が可能となります。

また、KARTE(カルテ)では顧客一人ひとりの状況に相応しいコミュニケーションを即時実行し、サービスの体験価値を高める事ができます。

そしてKARTE(カルテ)の最大の特徴でもあるウェブサイトの構成要素をノーコードで直感的に管理・更新・評価する事が可能です。

その結果として、ウェブサイト管理システムをより円滑に活用する事ができるという訳です。

KARTE(カルテ)に関するより詳しい情報については下記の公式ページをご確認下さい。



では、このように優れた特徴を持っているKARTE(カルテ)について、Cafe24との連携でできる事について次にご説明いたします。



Cafe24とKARTE(カルテ)の連携

では、無料でネットショップを開設できるCafe24とCX(顧客体験)プラットフォームであるKARTE(カルテ)の連携内容についてご説明したいと思います。

これまでEC事業者が使用する既存のアクセス解釈ツールでは、サイト訪問者の属性や行動を確認することはできるものの、その人の特徴や行動を捉えたコミュニケーションや接客をリアルタイムに行うことには課題がありました。

ECサイトに初めて訪れたユーザーと、複数回訪問しており興味は示してはいるものの購入まで至らないユーザーに対しては、異なるアプローチが必要になります。

KARTE(カルテ)は、ECサイトやアプリを利用する訪問者の行動を人軸でリアルタイムに解析して、可視化することで、訪問者一人ひとりに合わせた体験を届けることができるCX(顧客体験)プラットフォームです。

Cafe24がKARTE(カルテ)と連携した事で、Cafe24を利用する事業者様は、自社サイトの訪問者一人ひとりの特徴や行動を的確に捉え、個々の訪問者の文脈に合わせた体験を提供できるようになりました。

例えば、ECサイトへの訪問者の行動に合わせてクーポン配布やコーディネート提案を行うなど、ECサイト利用中のその人の文脈に合わせて、臨機応変なアプローチを自動で実行することができるという訳です。

この連携効果によって、訪問者のECサイト利用体験・購買体験の向上とともに、運用の効率化を図ることも可能になります。

また、KARTE(カルテ)は高い拡張性を備えているため、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。

KARTE(カルテ)はあらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を実現し、CX向上とそれによるビジネス成長に貢献する事ができます。

Cafe24がKARTE(カルテ)と連携することにより、多様化されるEC事業者のニーズに対応する事が期待されます。

またCafe24の登録会員であれば、「Cafe24 Store」にてインストールすることで、KARTE(カルテ)を利用する事ができるようになります。

Cafe24とKARTE(カルテ)の連携についての詳細は以下のページにてご確認下さい。





Cafe24のまとめ

今回は無料でネットショップを運営でき、越境ECにも対応できるECサービスとして最近話題になりつつあるCafe24のECカートサービスについて、顧客体験を最適化できる事で注目されているKARTE(カルテ)との連携についての詳細をご説明いたしました。

ネットショップの運営において、ただ商品を並べて販売しているだけでは売上は頭打ちになる傾向にあります。

ネットショップ運営においてより高い売上を目指すのであれば、店舗状況の把握、分析と販促施策の実施は必要不可欠となってきています。

ネットショップの運営において、サポート体制が整っているという事も重要な選択肢の一つだと思います。

KARTE(カルテ)はCafe24以外にも多くのECカートサービスでも連携実績があり、高い顧客分析機能を備えている事でも注目されているサービスです。

ネットショップを本気で運営されたいという方は是非、Cafe24を利用しながらKARTEの導入も検討してみて下さい。

また、Cafe24は無料で出店できるECカートサービスですがサポート体制も充実しています。

現状のネットショップの運営がうまくいっていないという方は、無料対応期間にネットショップの移転も検討してみてはいかがでしょうか。

今回の記事の内容が、読者の方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Cafe24の詳細については、公式ページにてご確認下さい。









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す