Wowma ワウマ の検索タグIDの設定方法とリストダウンロード手順

1,153 views

バックヤード研究所

バックヤード研究所とは、楽天市場 のRMS、ヤフーショッピングのストアクリエイターPro、Amazonのセラーセントラル、Wowma!(ワウマ)のワウマネージャーなどの管理画面の有効活用を研究する現役店長の調査ブログである。

ある有名な店長の言葉にも「バックヤードを制する者は、ネットショップを制す」という言葉があります。

バックヤード、管理画面の機能を100%活用できる日を目指して、店舗運営の記録を残していきたいと思います。


Wowma ワウマ の検索タグIDの設定方法とリストダウンロード手順


Wowmanager(ワウマネージャー)とは

Wowmanager(ワウマネージャー)とは、Wowma!(ワウマ)に出店している店舗が、日々の店舗運営を行う為のバックヤード、管理画面の事です。

Wowma!の管理画面であるワウマネージャーは、Wowma!に出店している方なら、注文の処理やお客様からのお問合せ対応の返信の際にログインする必要があるため、ほぼ毎日ログインする管理システムです。

Wowmanagerで、商品を登録する際に、商品詳細画面上で、「検索タグID」を設定できる項目があるのをご存じでしょうか?

今回はWowmaに出店されている店舗さんに向けて、商品登録を行う際に、今後非常に重要な役割を果たすことになる「検索タグID」について現役Wowma店長が徹底解説いたします。


Wowmaの検索タグIDとは

Wowma(ワウマ)の商品ページ内にある「検索タグID」とは、Wowmaに出品されている商品の情報についてWowma側で用意した「検索タグ」と紐づけることで、ユーザーの検索時の絞込み表示に対応させるための設定のことです。

例えば、ファッションジャンルの商品、Tシャツなどを販売されている方なら、商品情報として「サイズ」「カラー」を商品名や商品説明に記載しているかと思います。

もちろん、商品名にカラーやサイズを記載することはこれまで通り重要ですが、検索タグIDを登録することで、今後、Wowma上での検索に優位となる可能性があるのです。

検索タグIDを設定することで、実際の検索画面では以下の場所で絞込み表示が可能となる予定です。

Wowma検索タグIDの絞込み表示

現在は検索タグIDによる絞込みのメニューなどはウェブサイト上には表示されていませんが、今後、各ショップの対応状況のタイミングを見て、検索タグIDでの絞り込みに対応することが予測されます。

また、これは、Wowmaの公式アナウンスとして、Wowmaフォーラムでも発表されている情報ですが、今後検索タグIDをきちんと設定している商品は、ユーザーからのキーワード検索時の結果表示の際に優遇されることが公式に発表されています。

確かに検索タグIDを商品ページに設定する作業は、非常に手間と時間、人手が必要になる作業であるため、多くのWowma出店者の方は、作業の優先度としては、後回しになりがちなのではないかと思います。

当店も、実際の所、検索タグIDの設定は、カテゴリIDの設定よりも優先度が低く、正直ほとんど未入力状態なのです。

今後、検索タグIDでの絞り込み機能がリリースされると、検索タグIDを設定している商品ページが検索優位となることはほぼ間違いないですから、今の内から検索タグIDの設定を行うことを計画しておきましょう。

Wowmaでは、検索タグIDの登録による検索優位性などの大変貴重な情報を、Wowmaフォーラムのなかで他にも発表してくれています。

筆者が参加した、Wowmaフォーラム2018のレポート記事を以下にまとめていますのでこちらも参考にしていただければと思います。



Wowmaの検索タグIDのリストのダウンロード方法

では、Wowmaの商品ページに検索タグIDを登録するために必要となる、「検索タグIDのリスト」をダウンロードする方法をご説明いたします。

まずは、WowmaのバックヤードであるWowmanagerにログインします。

Wowma検索タグIDの絞込み表示

ログイン後、左カラムにあるメインメニューから「商品・画像・デザイン」のメニューをクリックします。

サブメニューが開いたら、一番上にある「新規商品登録」をクリックして、新規商品登録画面に移動します。

Wowma検索タグIDの絞込み表示

新規商品登録画面に移動したら、画面を下にスクロールしていくと「検索タグID」という項目があります。

入力フィールドの下に、「検索タグ一覧はこちら」というテキストリンクがありますので、このテキストリンクをクリックすれば、現在の最新版の検索タグIDが記載されているエクセルファイルをダウンロードできます。

ちなみに、ダウンロードしたエクセルは以下のような内容が掲載されています。

Wowma検索タグIDの絞込み表示

このエクセルでは、【C列】の「tag_id」に記載されたIDを、管理画面上の検索タグIDのフィールドに入力することになります。

以上が、検索タグIDのリストのダウンロード方法の説明となります。


wowmaの検索タグIDのまとめ

今回は、KDDIコマースフォワードが運営するインターネットショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」における、検索タグIDについてIDリストのダウンロード方法をご紹介いたしました。

Wowmaでは、ユーザーに「Wow(ワウ)」、驚きを与えることを目的としてモール運営を行っていますが、ユーザーライク、より商品を探しやすいインターフェイスに改良をしていくことも明言しています。

近い将来、検索タグIDによる絞込み機能がリリースされることになりますので、検索タグIDの絞込み機能が正式リリースされる前までに、商品情報に対して、検索タグIDを設定されることを強くおすすめします。

検索タグIDを入力する事をおすすめする理由は、先にも記載しましたが、今後キーワードによる検索結果の表示順位に対して、検索タグIDが設定されている商品の方が、優先的に上位表示される可能性があるからです。

これはWowmaが公式アナウンスとして、以前から発表している事ですから、検索アルゴリズムの一部として有用な情報だと思います。

是非、早い段階で、商品情報に検索タグIDの設定を実施してみてください。

今回の記事の内容が、Wowmaに出店されている方で検索タグIDについて調べられている方の参考になれば幸いです。






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す