BASEかんたん決済がPayPal決済に対応!PayPal決済の設定方法とは?


BASEかんたん決済がPayPal決済に対応!PayPal決済の設定方法とは?

ネットショップを個人でも簡単に出店できるBASE (ベイス) では、BASEかんたん決済という決済方法を利用できますが、この度、BASEかんたん決済がPayPal(ペイパル)決済に対応する事になりました。

今回はBASEかんたん決済におけるPayPal決済の設定方法などについて詳しくご説明いたします。



BASE(ベイス)とは?

BASEとは

ネットショップのBASE (ベイス) とは、個人でも気軽にネットショップを開業できるインスタントECサービスのことです。

BASEは、無料でネットショップを出店できる事が人気で、ネットショップを出店している店舗数が2019年11月時点で、80万店舗以上と発表されています。

BASE(ベイス)は、楽天市場 ヤフーショッピングのようなインターネットショッピングモールと異なり、ネットショップ出店の際に長期にわたる審査などはなく、最短3分程度で出店する事が可能となっています。

BASEと同じく、無料でネットショップを開業できるサービスにSTORES.jp というサービスもあります。

ストアーズの場合、BASEよりも決済手数料が5%と低い事もあり、より高い売上を目指すネットショップにおすすめのサービスです。

筆者がBASEで実際にネットショップを出店してみての感想やメリット、感想などについては以下のページにより詳しくまとめています。

BASEでネットショップ出店を検討されている方は以下のページも参考にしていただければと思います。


BASE(ベイス)出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察




PayPal(ペイパル)決済とは?

PayPal決済とは

PayPal(ペイパル)決済とは、IDとパスワードを入力するだけで、ネットショップでクレジットカード・デビットカード、銀行口座から支払いをすることができる、オンライン上のウォレットサービスのことです。

PayPalの特徴としては、カード番号や銀行口座情報などを入力せずに決済する事ができます。

日本ではキャッシュレス決済が推進されている状況にありますが、PayPalは現在のキャッシュレス還元事業などが行われる前から、オンライン決済をはじめ、送金や集金などができる決済方法として、主に海外でのオンライン決済としても利用されている決済方法です。

また、PayPalのメリットとして、日本円の場合オンラインの支払いは無料で行う事ができます。

この度、BASE (ベイス) ではBASEかんたん決済で選択できる決済方法として、このPayPalが加わる事になりました。

BASEと同じく、日本国内のインスタントECサービスとして人気のある「STORES.jp 」では、すでにPayPal決済に対応していますので、BASEは後追いという形になりますね。

STORES.jpでは、決済時の手数料が3.6~5%とBASEかんたん決済よりも低い料率なのが出店メリットでもあります。


現役店長がBASEとSTORES.jpを徹底比較してみた【無料プラン編】


では、BASEかんたん決済にPayPal決済を設定する方法について次にご説明したいと思います。



BASEかんたん決済にPayPal決済を設定する方法

では、BASEかんたん決済にPayPal決済を設定する方法をBASE (ベイス) の管理画面にてご説明いたします。

BASEかんたん決済を導入済みであれば、特に難しい設定は必要ありません。

BASEの管理画面右上にある【ショップ設定】から【決済方法の設定】を選択します。


PayPal決済とは


【PayPal決済】という項目が新たに追加されていますので【PayPal決済】にチェックを入れて【保存する】ボタンを押せば設定作業は完了です。

設定完了後すぐにPayPal決済を利用する事ができます。

今回のBASEかんたん決済にPayPal決済が追加されたことで注意する点がいくつかありますので合わせてご説明したいと思います。



BASEかんたん決済にPayPal決済を導入する時の注意点

BASEかんたん決済にPayPal決済を追加した際に注意するポイントについてご説明いたします。

まず、BASEアプリのカートでは、PayPal決済を利用する事ができませんので注意して下さい。

また、注文の自動キャンセルまでの期間が10日間であるという点にも注意が必要です。

PayPal決済で注文が入った際には、注文から10日以内に受注ステータスを「発送済み」に変更しなかった場合、注文は自動キャンセルとなります。

現状では、10日間という縛りがありますが、今後このリードタイムは伸びる可能性があるようです。

また、BASEかんたん決済にPayPal決済を追加しても、PayPal決済が使えないAppがあります。


BASEでPayPal決済が利用できないAppについて

  • 予約販売
  • デジタルコンテンツ販売
  • 定期便
  • ショップコイン

以上が、BASEかんたん決済におけるPayPal決済の導入時の注意点となります。



ネットショップBASEのまとめ

今回は簡単にネットショップを開業できるBASE (ベイス) の決済方法であるBASEかんたん決済にPayPal決済が加わった事についてご説明いたしました。

PayPalはオンライン決済では15年以上のノウハウと経験があるサービスで、不正取引防止のために、最高レベルのセキュリティを施してあるオンライン決済サービスです。

PayPalは、クレジットカード情報保護のための国際セキュリティ基準であるPCI DSSに準拠しているため、非常に安全なオンライン上の取引を実現しています。

BASE上でこれまでPayPalが使えなかった問題も今回の決済追加で解消される事になりそうですが、一部のAppではPayPalが利用できないという点には注意が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す