BASE ベイス でオリジナルTシャツの作り方とネット販売方法 Tシャツの原価

4,797 views

無料ECのBASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法


インターネットでモノを売ることがメルカリやヤフオクなどで非常に身近になりましたが、 ネットショップというスタイルでのネット販売もBASE (ベイス) の登場以来、本当に手軽で誰でも即日行えるようになりましたね。

ネットショップは、BASEで簡単にオープンできたけれど、 実際に販売する商品が見つからなくてお困りの方も多いと思います。

BASEには、オリジナル商品を販売できる機能があるのをご存じでしょうか?

BASEではデザインの画像データさえあれば、 オリジナルTシャツとオリジナルスマホケースを すぐにネット販売することが可能です。

今回は、無料のインスタントECサービスで人気のあるBASE(ベイス)で オリジナルTシャツを販売する方法を、現役BASE店長がご説明いたします。


無料ネットショップBASE(ベイス)のメリット

BASE(ベイス)の評判

BASEにネットショップを出店する最大のメリットは、「無料で簡単にネットショップを開けること」です。

ネットショップの運営は、いろいろと複雑な業務がからみあうこともあり、管理画面も非常に煩雑になりわかり辛いことが良くありますがBASEはバックヤードについてもシンプルでわかりやすいです。

利用する側が、簡単に扱えることを中心に設計されているインターフェイスだと思います。

無料でかんたんにネットショップを始められますが、機能は決して無料版というわけではなく、有料なのは出金サイクルとチャージバックに関する機能とBASEロゴの非表示化程度のものです。

BASE (ベイス) はメリットが非常に大きなECサービスだと思います。

機能面などについては、以下のページに詳しく解説しておりますので参考にしていただければと思います。



BASEでネットショップを無料で開設する方法

では、無料でかんたんにネットショップを開設できるBASEについて、ネットショップの開設方法をご説明いたします。

まずは、BASEの公式ページにアクセスします。


BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

BASE公式サイトには、画面右側に入力項目として「メールアドレス」「パスワード」「ショップURL」の3つの入力欄があります。

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

3つの項目を入力して、「利用規約」を確認し、同意するにチェックをいれて、「無料でネットショップを開く」という緑色のボタンを押せばBASEでのネットショップ開設は完了です。

「ショップURL」については、「独自ドメイン」でネットショップを持ちたい方の場合も、基本設定となりますので、表示されているドメインから選ぶ必要があります。

ドメインの重複などがなければ、BASEでのネットショップ開設作業は完了となります。

ここまでおそらくですが、ショップURLに少し悩むくらいで、実質5分もかからずにネットショップの開設ができたのではないでしょうか?

ちなみにですが、楽天市場 などの審査が必要なショッピングモールへの出店の場合、出店申請から、実際にネットショップをオープンさせるまでは、約1ヶ月~2か月間はかかるのが一般的です。

この点ひとつとっても、BASEは非常にスピーディーにネットショップを開設できるため、メリットが大きいと言えますね。


BASEのオリジナルTシャツの特長

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

BASEでは、機能の事を「Apps」と呼んでいますが、BASEのネットショップの機能であるApps一つに「Tシャツ作成」があります。

BASE (ベイス) では、デザインデータ(JPGまたはPNG)さえあれば、即日オリジナルのTシャツを販売することができます。

BASEで販売できるオリジナルTシャツについて、その仕様などを詳しくご説明いたします。



BASEのTシャツの原価

BASEのTシャツの原価は「2,052円」(税込)です。(2018年4月時点)

原価には全国一律で配送料を含んでいます。

Tシャツの原価としては、ちょっと割高な印象もありますが、送料込で受注発注の無在庫販売ができるわけですから仕方がないところですね。

今後の原価値下げには期待したいところです。



BASEのTシャツのサイズ

BASEで発注可能なサイズは上記サイズ表のS、M、L、XLのみとなっています。

BASEのオリジナルTシャツのサイズの詳細は以下の通りです。

サイズはすべて「cm」です。

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

サイズ 身丈 身巾 肩巾 袖丈
Sサイズ 66 49 44 19
Mサイズ 70 52 47 20
Lサイズ 74 55 50 22
XLサイズ 78 58 53 24



BASEのTシャツのカラーバリエーション

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

カラーは全42色から選択可能です。

2018年4月時点で選べるカラーは以下の通りです。

  • ホワイト
  • グレー
  • レッド
  • ピンク
  • パープル
  • オレンジ
  • ラベンダー
  • イエロー
  • マスタード
  • ライトグリーン
  • グリーン
  • ロイヤルブルー
  • ターコイズ
  • アッシュ
  • ゴールドイエロー
  • アクア
  • ナチュラル
  • バーガンディ
  • オリーブ
  • チャコール
  • ライトピンク
  • ライトブルー
  • ライトイエロー
  • ホットピンク
  • シルバーグレー
  • ライム
  • デイジー
  • イタリアンレッド
  • コーラルオレンジ
  • ジャパンブルー
  • ライトパープル
  • ライトオレンジ
  • ライトサーモン
  • ピーチ(在庫なし/提供不可)
  • ディープオレンジ
  • ディープグリーン
  • ブライトグリーン
  • アイスグリーン
  • ミント
  • ピーコックグリーン
  • サムライブルー
  • シーブルー

現在は「ピーチ」が在庫なしとなっています。

また、良くある質問でもあるのですが、BASEのオリジナルTシャツのカラーに「黒」「ブラック」はありません。

BASEのオリジナルTシャツのカラーにブラック、黒色がない理由は、印刷方式が「インクジェットダイレクトプリント」と言う手法だからです。

「ホワイトインクジェットダイレクトプリント」という印刷方式であれば、白色印刷も可能なのですが、現在のBASEのオリジナルTシャツは、対応していません。



BASEのTシャツの素材

Tシャツのボディは5.6オンスで素材は綿100%(アッシュカラーは綿95% ポリエステル5%)となっています。

Tシャツの1オンスは、1ヤード四方が約28.35gの重量に相当します。

一般的にイベントや配布用で使われるTシャツは3~4オンスの薄手の生地を採用されることが多いです。

ちなみに、3~4オンスの生地は白色の場合、かなり下地が透けて見えます。

Tシャツのヘビーウェイトとされるのが5~7オンスの生地で、ある程度耐久性もあります。

BASEのオリジナルTシャツは5.6オンスですから、比較的、肉厚の生地を採用していると言えますね。



BASEのTシャツの印刷方式

BASEで販売するオリジナルTシャツの印刷方式は「インクジェットダイレクトプリント」と呼ばれる形式になります。

アイロンなどを使用した熱転写プリントと異なり、生地へ「染色」する方式のため、通気性もよく、生地によくなじんだ風合いになります。

インクジェットダイレクトプリントのため、デザインで「白色」の部分は透明に印刷されてしまう点には注意が必要です。



BASEのTシャツの発注から発送までの期間

BASE (ベイス) でオリジナルTシャツの注文が入った場合、管理画面の注文画面からTシャツの発注が可能になります。

BASEのオリジナルTシャツ作成サービスは「ClubT」という外部サービスとの提携で実現しています。

BASEでオリジナルTシャツの注文が入った後は、「ClubT」にTシャツの発注が必要となります。

また、Tシャツ発注の際には、クレジットカード決済が必要となります。

簡単に言えば、BASEのTシャツ販売は、Tシャツの発注とは連動していないわけです。

BASEでオリジナルTシャツの注文が入ったあとは、BASE管理画面上から自分でClubTへ発注を行う必要があります。

Tシャツの発注から配送までは、5営業日程度かかり、そこからメール便で配送先にお届けとなります。

Tシャツの発注から発送までが5営業日で、実際にメール便で発送される期間は、発送後から2~5日程度必要となります。

BASEでオリジナルTシャツが注文された場合、配送先に届くのは、発注後から7~12日程度かかる見込みです。

商品ページには、商品のお届けまでにある程度時間が必要であるということを明記しておくことをおすすめします。




BASEでTシャツを販売する方法

実際にBASEのネットショップでオリジナルTシャツを販売する手順をご紹介します。

まずは、BASEのアカウントにログインします。

BASEのアカウント開設がまだの方は以下のページから無料でアカウントを開設してください。


BASEのアカウント開設が完了したら、管理画面上から「Apps」に移動して、Tシャツ作成のAppsをインストールします。

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

Tシャツ作成のAppsは無料です。インストールが完了したらTシャツ作成のページに移動します。

左カラムに表示される「メニュー」で「新規作成」をクリックします。

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

「画像アップロード」の「ファイルを選択」ボタンを押下して、予め用意していたTシャツ用のデザインデータ(jpgかpng)を選択します。

Tシャツの選択に関しては、型は現在は「Tシャツ」のみの選択となります。

Tシャツのカラーについては42種類から選択できますので、お好みのカラーのベースをお選びください。

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

あとは「作成する」ボタンを押下すればオリジナルTシャツの作成は完了です。


BASEのTシャツ販売の手数料と利益

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

BASEでは、決済方法は「BASEかんたん決済」というBASEの決済方法で統一されています。

BASEのネットショップで商品を購入するユーザーとしては、支払方法は、クレジットカード決済をはじめ、銀行振込やキャリア決済、コンビニ決済など自由に選ぶことが可能です。

BASEでネットショップを出店している販売者としては、決済時の手数料と販売時の手数料が必要となります。

BASEで商品が売れた際に必要となる手数料は、決済手数料が「3.6%+40円」とサービス利用料が「3%」の合わせて「6.6%+40円/1件」が必要となります。

BASEでオリジナルTシャツを販売する場合、Tシャツの原価は税込で「2,052円」です。

販売するTシャツの価格によって、販売手数料が変わってきますので、手数料と残る利益がいくらかの早見表を作ってみました。

参考になれば幸いです。


販売価格 BASEの手数料 手元に残る利益
2,500円 205円 243円
2,800円 225円 523円
3,000円 238円 710円
3,500円 271円 1,177円
3,800円 291円 1,457円
4,000円 304円 1,644円
5,000円 370円 2,578円


BASEのTシャツ販売の参考事例

ではBASEでオリジナルTシャツを販売しているネットショップの参考事例をご紹介いたします。

このネットショップは、筆者がBASEでオリジナルTシャツを販売する手順を確認している際に、実際に作ったネットショップの事例です。

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

ネットショップの名前は「ドリアンのTシャツ屋さん。」です。


一見すると、おふざけっぽいネットショップですが、実際にオリジナルTシャツを販売中です(笑)

しかも現在も、ちょこちょこと売れているというから驚きでしょう?

BASEでオリジナルTシャツをネット販売する方法

筆者が用意したのは、ドリアンの加工画像と、「Durian」というロゴをイラストレーターで作成し、PNGファイルに書き出した画像ファイルのみです。

画像の作成と、JPG、PNGファイルへの書き出しができる環境さえあれば、誰でも即日オリジナルのTシャツをネット販売できます。

BASE (ベイス) はアーティストの方やクリエイティブなビジネスを行われている方にはうってつけのネットショップではないでしょうか?

ちなみに、BASEでは、販売中の商品ページの商品を、このようにブログ記事に埋め込み表示させることも可能です。



BASEでオリジナルTシャツを販売する方法のまとめ

今回は、インスタントECで現在人気No.1のBASE (ベイス) でオリジナルのTシャツを作成、販売する手順をご紹介しました。

BASEは個人や法人を問わず、ネットショップの開設を即日、約5分程度で実現できる非常にすばらしいサービスです。

しかも、本格的なネットショップの運営機能を兼ね備えながらも、無料で利用できるという、他社にはないメリットを持っています。

集客面の弱さこそデメリットと言えますが、それは、カラーミーショップ などにも言える共通の課題でもあります。

BASEは、インターネット業界、WEB制作業界でクリエイティブ事業に携われている方であれば、大きなチャンスのあるネットショップサービスだと強く思っております。

是非、無料で本格的なネットショップ運営を実現できるBASE (ベイス) であなた独自のネットショップを開業してみてください。

今回の記事の内容が、BASE (ベイス) でネットショップを開業されることを検討されている方の参考になれば幸いです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す