BASE ベイス 出店数が80万店舗突破!5%OFFクーポン配布!新機能もリリース


BASE ベイス 出店数が80万店舗突破!5%OFFクーポン配布!新機能もリリース

ネットショップを誰でも簡単に出店できるBASE (ベイス) の出店店舗数が80万店舗を突破しました。

BASEでは、2019年8月30日~9月16日の期間限定でありがとうキャンペーンと称して、「5%OFFクーポン」を発行しています。

また、近日BASEで新たにリリースされる新機能についても発表がありました。

BASEの新機能についてもご紹介したいと思います。



BASE(ベイス)とは?

BASEとは

BASE (ベイス) とは、誰でも簡単にネットショップを即日開設することができるインスタントECサービスの事です。

BASEは、ネットショップを出店している店舗数が2019年8月時点で、80万店舗以上と発表されました。

BASEとは

BASE(ベイス)は、楽天市場 ヤフーショッピングのようなインターネットショッピングモールと異なり、ネットショップ出店の際に長期にわたる審査などはなく、最短3分程度で出店する事が可能となっています。

BASE(ベイス)でネットショップを作るのに必要なのは、Eメールアドレスだけで即日ネットショップを出店する事が可能です。

楽天市場 の出店店舗数が2019年8月5日時点で47,867店舗と発表されていますので、 BASEを利用している店舗数は楽天市場の16倍以上です。

筆者がBASEで実際にネットショップを出店してみての感想やメリット、感想などについては以下のページにより詳しくまとめていますのでこちらも参考にしていただければと思います。


BASE(ベイス)出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察



BASEの5%OFFクーポンについて

BASEとは

ネットショップBASEでは、80万店舗の突破を記念して、ありがとうキャンペーンと称して「5%OFFクーポン」を発行しています。

5%OFFクーポンは、BASEが負担する割引クーポンで、BASE上のネットショップの商品で送料をのぞく1,000円以上の商品に対して利用する事ができます。

クーポンの有効期間は、2019年8月30日(金)0:00 ~ 9月16日(月)23:59までです。

一人一回まで利用できて、他のクーポンとの併用は不可となっています。

クーポンの利用方法は、クーポンコードを利用して、Webブラウザおよびショッピングアプリ「BASE」上でのショッピングで利用できます。



BASEの新機能とは

BASEとは

BASEでは、近日リリースされる予定の新しい機能が開発中とのことです。

具体的な機能としては以下の機能がリリース予定として発表されています。



抽選販売 App

BASEでは、今後抽選販売機能がリリースされる予定です。

抽選販売とは、その名前の通り、商品を抽選で販売する事ができる機能のことです。

数量限定商品などで、注文が殺到しそうな商品に対して、抽選販売機能は有効でしょう。



デザイン編集機能リニューアル

デザイン編集機能がより簡単になるリニューアルが行われる予定です。

デザインテンプレートと好きなデザインパーツを選ぶだけで、Webの知識やHTMLのスキルがなくてもデザインをカスタマイズできるようになります。

BASEでは管理画面自体が直感的で簡単な操作ができる事で、初心者のユーザーからも評判がよいのですが、デザインのカスタマイズもより簡単になるのは嬉しいですね。

同じく簡単ECサービスの「STORES.jp 」でもデザインカスタマイズは簡単に行えますが、このあたりのインターフェイスなどはどちらが使いやすいのか今から楽しみです。



海外対応(国別送料設定、PayPal)

BASEでは、今後海外配送料を国別に設定できるようになります。

また、海外向けの新たな決済としてPayPalを導入する予定だそうです。

こちらもSTORES.jp との決済方法の差がどんどん埋まっていっていますね。



早期振込機能

BASE (ベイス) では、月額ではなく申請ごとに手数料がかかる形式になるので、必要なときだけ利用できるようになるそうです。

振込に関してはキャッシュフローの問題がありますので、早期振込機能のリリースは待ち遠しい店舗さんも少なくないと思います。



以上がBASEで今後リリースされる予定の新機能となります。

BASEは、同じインスタントECサービスで人気のある「STORES.jp 」と比較されやすいのですが、実際にSTORESとBASEを徹底比較してみた記事がありますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。


BASEとSTORES.jpを徹底比較してみた




ネットショップBASEのまとめ

今回は簡単にネットショップを開業できるBASE(ベイス)の出店ショップ数が80万ショップを突破したことと、それに伴うキャンペーン情報、新機能についてをご説明いたしました。

BASEは、ネットショップを個人でも即日オープンできるサービスとして、沢山のユーザーに愛されているサービスです。

ネットショップの開業と個人のネット販売を簡単かつ無料で実現できるのは、STORES.jp BASE (ベイス) の二つのインスタントECサービスのおかげだと思います。

来年には100万店舗突破も実現する勢いですが、常に新しい機能もリリースされ続けているBASEは魅力あるサービスだと思います。

ネットショップを初めてオープンさせる個人の方、もしくは企業の方であってもBASEを利用してみる事をおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを手数料無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORESなら 2020年2月10日~3月1日までの間に新規出店すれば、4ヶ月間の決済手数料が「最大2万円分が無料」となるキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン
STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す