STORES.jpで独自ドメインを取得する方法とメリット・注意点は?


STORES.jpで独自ドメインを取得する方法とメリット・注意点は?

誰でも簡単にネットショップを無料で開業できるサービスとして、BASE (ベイス) と並んで人気のあるサービスにSTORES.jp というインスタントECサービスがあります。

STORES.jpでは、ネットショップのドメインとして独自ドメインを利用する事ができます。

今回はSTORES.jp での独自ドメインの利用方法について現役ネットショップ店長が詳しく解説していきます。



STORES.jpとは?

STORESのカテゴリーデザイン

STORES.jp は、個人でもネットショップを簡単に始める事ができる「インスタントECサービス」のことです。

STORES.jpは、パソコンでもスマートフォンでも、デバイスに関わらず誰でも難しい知識やスキルなしで簡単にネットショップをデザインする事ができます。

ネットショップはサービスによっては、非常に複雑なシステムや申請の為の書類提出などが必要なことがありますが、STORESは、個人がメールアドレスさえあれば最短2分でネットショップを作る事ができるサービスです。

初めてネットショップを立ち上げたいという方や、個人でコストをかけずにネットショップを開業したいという方にはおすすめのECサービスだと思います。

STORESのサービスについてのメリットや機能などについては以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


STORES.jp出店のメリットと評判、機能のまとめ


STORES.jpで独自ドメインを利用する意味

STORES.jpで独自ドメインを利用する方法

STORES.jp では、自分のネットショップにオリジナルのドメイン、独自ドメインを設定する事ができます。

独自ドメインとは、ユーザー側で任意のドメイン(URL)を設定する事ができるということです。

STORES.jp では、独自ドメインを利用しない場合は「◯◯.stores.jp」というドメインが割り振られることになります。

そもそも、ドメインを自分でオリジナルのドメインにするメリットとしては、ネットショップのブランディング的な意味があります。

「◯◯.stores.jp」という、無料で提供されるドメインを利用した場合、ユーザーの多くは「このネットショップはSTORESを利用しているんだな」と感じる事があります。

個人のネットショップであればあまり気にする必要はないかもしれませんが、企業が自社ブランド商品を販売したいというような場合には、ドメインは独自ドメインを使った方が対外的な見た目も良いと思います。

注意すべき点としては、独自ドメインは1つのストアに1つだけ取得することができます。「●●.com」「●●.net」「●●.shop」のうち1つだけ利用可能となっているので、どの独自ドメインを利用するか十分にご検討の上、ドメインを選択してください。

尚、独自ドメインとSEOの関係性については、どのドメインを選んだとしてもSEOの効果としては直接的な関係性はありません。

自分が運営するネットショップのブランディングにふさわしいドメインを決めていただければ問題はありませんのでご安心下さい。




STORES.jpで独自ドメインを利用する時の注意点

STORES.jpで独自ドメインを利用する方法

では、STORES.jp で独自ドメインを利用する際に注意するべきことについて解説したいと思います。

独自ドメインをSTORESで取得した際に注意するべき事としては、一度取得したドメインは後から変更する事が出来ないという点です。

よくドメインはSEO対策などで重要視される事がありますが、厳密に言えば、ドメインの種類によってSEOの効果が変わるという事はほとんどありえません。

「.com」だからSEO的に有利になるという事もありませんし、自分が好む文字列のURLを独自ドメインとして利用する事になんら問題はありませんのでご安心ください。

しいてあげるとすれば、独自ドメインは、可能な限り短い文字列である方が、メリットが大きくなる傾向があります。

独自ドメインをSNSなどで公開、拡散する際に、ドメインが長い文字列の場合、文字数制限上、不利益を被ることがあります。

ドメインは短い方がメリットが大きいという事も覚えておいてください。

また、STORES.jp で独自ドメインを利用したい場合に最も注意するべきポイントとしては、お名前.com などの外部サービスで取得した独自ドメインは使えないという点です。

独自ドメインはSTORES.jp内での新規取得に限り利用できますが、既に取得されたドメインの移管等は行う事ができないのです。

またSTORES.jpにて独自ドメインを取得した後も初期ドメイン(◯◯.stores.jp)は引き続き利用する事が出来ます。

独自ドメインを利用した場合でも、決済画面に関しては「◯◯.stores.jp」というドメインでの表示となります。

これはセキュリティの都合で、独自ドメインに変更する事が出来ないためです。

あと、独自ドメインを取得した際に「メールアドレス」をその独自ドメインのアドレスが使いたいと思われる方もいると思います。

STORES.jp で取得した独自ドメインのメールアドレスは発行されませんので注意して下さい。

以上がSTORES.jpで独自ドメインを利用する際に注意すべきポイントです。




STORES.jpのまとめ

今回は、STORES.jp で独自ドメインを利用したいと思われる方に向けて、独自ドメインについて詳しい解説を行いました。

ドメインはネットショップに辿り着く為の「住所」ですが、どんなドメインを利用するにせよ、サイト上のコンテンツには一貫性が必要となります。

ドメインには「ドメインエイジ」というドメイン年齢を評価する指標が存在しており、GoogleはSEO対策の評価基準としてもドメインエイジを重視している傾向が見受けられます。

無料で選べるのドメインでもSTORES.jp でのネットショップの運営上は問題ありませんが、サーバーの引っ越しの際や、本格的にネットショップを再建する場合には独自ドメインで運用していた方がメリットがあると思います。

独自ドメインは自社のブランディングにおいて非常に重要であるという事を念頭においておいてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す