STORES.jpが7周年を記念してオーナーお手伝い企画を開始!ストアーズの最新データも公開


STORES.jpが7周年を記念してオーナーお手伝い企画を開始!ストアーズの最新データも公開

誰でも簡単にネットショップを無料で開業できるサービスとして、BASE (ベイス) と並んで人気のあるサービスにSTORES.jp というECサイト開設サービスがあります。

2019年8月30日をもって、STORES.jpはサービス開始7周年を迎えることになりました。

STORES.jpのでは、7周年を記念して、STORES.jpでネットショップを出店しているオーナーに直接訪問して、お悩みを解決する「ショップオーナーお手伝い企画」をはじめました。

STORES.jpの「ショップオーナーお手伝い企画」の詳細と、現在のストアーズの状況などを公式データを元にご紹介します。



STORES.jp(ストアーズジェーピー)とは?

STORES.jpが7周年を記念してオーナーお手伝い企画を開始!ストアーズの現状データも公開

STORES.jp とは、「すべての人にオンラインストアを」というキャッチコピーで、誰でも簡単にネットショップを開設できるオンラインショップサービスのことです。

STORESは、ECサイトの運営では必ずと言っていいほどに必要となる、HTMLやCSSといった専門知識や特別なスキルなどがなくてもネットショップデザインを選択、変更する事が可能なため、初心者でも安心して利用できるメリットがあります。

また、STORES.jpは2019年7月10日より無料で利用できる機能が大幅にアップデートされ、利便性が非常に高くなりました。



STORESjpで料金プランの変更!フリープランの機能の変更点とは?


STORES.jpでネットショップを開設するメリットやデメリットなどは以下のページに詳しくまとめております。


STORES.jp出店のメリットと評判、機能のまとめ



次にSTORESの7周年を記念した企画である「ショップオーナーお手伝い企画」について詳しくご説明いたします。



STORES.jpのショップオーナーお手伝い企画について

STORES.jpが7周年を記念してオーナーお手伝い企画を開始!ストアーズの現状データも公開

STORES.jp がサービス開始から7周年を記念して行う「ショップオーナーお手伝い」企画についてご説明いたします。

STORESでは、毎月約1万ショップが新規開設しているサービスで、ショップオーナー数も累計で80万ショップ以上になっています。

ネットショップを開業する事は、先にも出てきた「BASE (ベイス) 」とともに、インスタントECサービスという名前で多くの個人ユーザー、法人ユーザーに支持されてきましたが、その反面、ネットショップの運営で売上を作るということが年々難易度を増している状況にあります。

STORESがショップオーナーお手伝い企画を立ち上げた背景には、こうしたショップオーナーのお悩みに対して、直接悩みをヒアリングして、解決策を伝えるという行動を目指しているからです。

こうした試みは、本来であれば有料サポートの範囲となるものですが、STORESではなんと交通費もストアーズ負担で訪問してくれるそうです。

ただし、この企画には抽選制が取られているため、希望者全てが受けられるという訳ではありません。

詳しい概要について、以下の通りとなります。



STORES.jpがショップオーナーに対してお手伝いできること

  • ネットショップ設定関連(ショップデザイン、SNS連携、その他アドオンの使い方)
  • SNS運用のアドバイス
  • GoogleAnalyticsや広告などのWEBマーケティングのアドバイス
  • 梱包・配送のお手伝い
  • 展示会・店舗の販売員としてのお手伝い

ネットショップを運営していると、集客の為のSEO対策やSNS運用、広告利用などネットマーケティングの悩みは尽きません。

ネットショップのプロが直接訪問して、日頃抱いている悩みを聞いてくれるのですから、こんなにありがたい企画はないですね。

STORESのショップオーナーお手伝い企画の応募条件については以下の通りです。



ショップオーナーお手伝い企画の応募条件

  • 応募資格:STORES.jpの利用者全員が対象
  • 応募期間:8月26日(月)~9月6日(金)10:00 まで
  • 抽選期間:9月6日(金)~9月13日(金)
  • 当選連絡:9月17日(火)※当選者のみ連絡あり

応募期間に間に合う方は、是非応募してみて下さい。

応募条件やよくある質問などのまとめページはこちらです。





STORES.jpの現状データ

STORES.jp が今回発表した公式データをいくつかご紹介したいと思います。


STORES.jpが7周年を記念してオーナーお手伝い企画を開始!ストアーズの現状データも公開


STORES.jpでは、現在、毎月約1万店舗が新規でネットショップを出店しています。

販売数が多い商品カテゴリは、第一位がファッション、第二位が雑貨、第三位が食品ということです。


STORES.jpが7周年を記念してオーナーお手伝い企画を開始!ストアーズの現状データも公開


STORES.jpを利用しているオーナーの男女比は、男性が52%、女性が48%とほぼ半々の割合となっています。

特に男女で特性が偏っているわけではないため、誰でも利用できるサービスであることがうかがえます。

また、実店舗とECサイトの両方を持っているユーザーは28%、STORES.jpなどECサイトのみの販売は72%と、ECサイトのみを運営しているユーザーが多いです。


STORES.jpが7周年を記念してオーナーお手伝い企画を開始!ストアーズの現状データも公開


STORES.jpのオーナーの居住地は、東京が第一位で、次いで神奈川県、大阪府と続いています。

首都圏など都会での利用者が多い傾向があるようです。

直近のSTORESにおける特筆すべきイベントや改変事項について以下の通りです。


STORES.jpが7周年を記念してオーナーお手伝い企画を開始!ストアーズの現状データも公開


一番大きな出来事としては、やはり2019年7月のフリープランの改変と、プレミアムプランの変更についてでしょう。

プレミアムプランがスタンダードプランという名称に変更となり、月額利用料も980円から1980円に変わりました。

ただ、月額利用料はあがったものの、販売時の手数料が5%から3.6%に引き下げられましたので、売上の大きいショップほど利益率が高くなる仕様変更となります。


STORES.jpのプレミアムプランがスタンダードプランの違いとは?決済手数料が3.6%に!


今後もSTORESは利用するオーナーがよりネットショップでの売上を獲得できるサポートサービスや機能を充実してくれる予定だそうです。



STORES.jpのまとめ

今回はSTORES.jpがサービス開始から7周年を記念して行う「ショップオーナーお手伝い企画」と、現在のストアーズの状況についてご説明いたしました。

STORES.jpは、2019年7月末に大きな改変が行われてから、フリープランでもほとんどの機能が解放されています。

決済手数料も3.6%~5%と、一般的なECサービスの中でも低水準、ほぼ決済手数料のみといった料率で良心的です。

今回の記事の内容が、STORESでネットショップを運営されている方、またはSTORESで新規ネットショップを開設検討している方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す