イージーマイショップのFacebookページショップとは?メリットや事例を解説


イージーマイショップのFacebookページショップとは?メリットや事例を解説

無料でネットショップを開設できるサービスとして、Facebook連携も可能なECサービスにイージーマイショップというサービスがあります。

イージーマイショップは、自社ECサイトを構築する為のECカートですが、「Facebookページショップ」という機能を使って、Facebook上にもネットショップを構築できるのをご存知でしょうか?

今回は、イージーマイショップとFacebookページショップの作成について、メリットや事例について詳しく解説したいと思います。

イージーマイショップでネットショップ構築を検討している方、または自社ECサイトとFacebookページショップの同時出店を検討している方の参考になれば幸いです。



easy my shop(イージーマイショップ)とは?

イージーマイショップとは?

イージーマイショップとは、無料から使えるECサイト構築サービスのことです。

イージーマイショップは、特に画像機能に優れていて、高解像度の商品画像を複数登録できるため、アパレルやファッション系のECサイトを構築されるショップさんにも人気のECカートです。

イージーマイショップとは?

イージーマイショップのカートとしてのサービスの詳細については、以下のページにより詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


easymyshop(イージーマイショップ)出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察


では次に、イージーマイショップで同時に行えるFacebookページショップの詳細についてご説明いたします。



Facebookページショップとは?

Facebookページショップとは?

Facebookページショップとは、Facebook上でビジネスページを開設している人が追加する事ができる「ショップ機能」のことです。

Facebookページショップを使用すると、販売している商品の一覧を表示して、Facebook上で多くの新規顧客の獲得が見込めるようになります。

Facebookは今ではビジネスパーソンなら誰でもアカウントを持っているのが当たり前になりましたし、学生や主婦などの方もFacebookページを持っている人も少なくありません。

Facebookの特徴としては、実名登録が推奨されていた事もあり、各アカウントの個人ステータスの紐づけが非常に高い精度で実施する事ができるという点にあります。

Facebook広告を使えば、性別や年齢、現住所など様々な要素を絞り込んで広告配信する事ができる為、効果の高い広告を運用する事も可能です。

Facebook上でネットショップを持つことができる「Facebookページショップ」では、特に、有形商品のEコマースとの相性が良いというデータがあります。

ファッションやアクセサリー、家具やベビー用品、子ども用玩具など、ターゲットの属性を絞り込んで広告利用ができるFacebookなら商品ごとに最適化されたユーザーに商品を露出させる事ができます。

Facebookの公式ページ上で紹介されているFacebookページショップの主なメリットは以下の通りです。

Facebookページショップのメリット

  • 追加できる商品数に制限がない: はじめに商品カタログをアップロードしておく必要はありません。また、追加できる商品数に制限はありません。
  • カスタマイズ可能な商品インベントリー: 顧客がショップをカテゴリ別に閲覧できるように、商品を異なるコレクションに分類できます。
  • 顧客とのやり取り: 顧客はページ上のショップにメッセージを送信して質問できます。
  • インサイトの入手: 各商品の表示数、クリック数、購入数を確認できます。

イージーマイショップでは、Facebookページのショップセクションを使用してイージーマイショップに登録されている商品を簡単にFacebookページショップに掲載する事ができます。

基本的にFacebookページショップの作成自体は自分で行う必要がありますが、イージーマイショップでは「作り方が良くわからない。」「作る時間が無い。」といった方には、Facebookショップの作成代行も承っています。

詳細については、イージーマイショップのサポートセンターにお問合せ下さい。



Facebookページショップのサンプル事例

イージーマイショップでFacebookページショップを作成した際にどんなページになるのか、実際にサンプルページが用意されています。


Facebookページショップとは?


通常のFacebookページと異なり、商品一覧がトップページ上に表示されていますね。

また、検索窓も用意されているので、商品名やキーワードによって商品を検索する事もできます。

実際に商品のサムネイル画像をクリックすると、ポップアップ表示で以下のように商品詳細が表示されました。


Facebookページショップとは?


Facebookカラーのボタン「ウェブサイトでチェックアウト」をクリックすると、実際にイージーマイショップで構築したネットショップに移動する事ができます。


Facebookページショップとは?


このように、ショップ情報と商品それぞれの情報自体はFacebook上で露出させて、実際の購入の際には、イージーマイショップで構築したネットショップで決済まで行うという流れになります。

このパターンは、ヤフーショッピングとイージーマイショップの連携機能である「ヤフーショッピング連携オプション」と似ていますね。


イージーマイショップのYahoo!ショッピング連携オプションとは?メリットや料金を解説


このように、イージーマイショップでネットショップを出店すると、Facebook上でもネットショップを簡単に連携させることができます。




イージーマイショップのFacebookページショップのまとめ

今回はイージーマイショップで自社ECサイトを作るメリットのひとつである「Facebookページショップ」についてご説明いたしました。

自社ECサイトを運営している方の大多数の方が「集客」の難しさに悩んでおられます。

楽天市場 Amazonヤフーショッピング等のショッピングモールであれば、集客は「商品名のチューニング」によるモールSEO対策や、価格での優位性を確保する事があげられますが、自社ECサイトはそもそものアクセスがありません。

イージーマイショップは、Facebookページショップとの連携にも注力しているため、Facebook上での商品露出が可能になります。

また、FacebookというSNS特有のリアルタイム性を活かして、新規入荷商品情報などを即時配信する事もできます。


Facebookページショップとは?


イージーマイショップはFacebookページショップ連携やヤフーショッピングの連携をはじめ、画像の登録機能やFacebookページとの連携機能など、様々な機能が充実していく事が期待されています。

ネットショップの新規出店を検討していて、自社ECサイトと同時にYahoo!ショッピングやFacebookページショップに出品したい方は、イージーマイショップの利用を検討してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す