カラーミーショップでもIT導入補助金が上限150万円未満まで補助可能!


カラーミーショップでもIT導入補助金が上限150万円未満まで補助可能!

自社系ECサイト、ネットショップを低コストでオープンできると人気のカラーミーショップ はGMOポパボ株式会社が運営しています。

経済産業省が行う「サービス等生産性向上 IT導入支援事業(通称:IT導入補助金制度)」のIT導入支援事業者としてGMOポパボ株式会社が今年も認定されました。

IT導入補助金制度を活用すれば、ネットショップ制作パッケージが定価から上限150万円未満まで減額される事をご存知でしょうか?

今回はカラーミーショップも対象となっているIT導入補助金制度について可能な限りわかりやすくご説明いたします。

カラーミーショップにネットショップを出店している方やこれから出店を検討されている方の参考になれば幸いです。



カラーミーショップとは?

カラーミーショップがnoteと連携

カラーミーショップとは、GMOペパボ株式会社が提供するネットショップ開設サービスのことです。

カラーミーショップ は、ネットショップ開設サービスとしては、比較的低コストで本格的なネットショップを構築できるため、個人からビジネスユースまで幅広く支持されているサービスです。

ネットショップの開業から運営までにおいて、必要となる機能はほぼすべてそろっていると思います。

カラーミーショップがnoteと連携

ネットショップを無料でかんたんに開設できるサービスとして、BASE (ベイス) STORES.jp なども人気がありますが、カラーミーショップはより高度な設定やHTMLのカスタマイズによりデザインの自由度も高いという強みがあります。

カラーミーショップでネットショップを出店してみての感想やメリット、デメリットなどについては以下のページにより詳しくまとめていますのでこちらも参考にしていただければと思います。





IT導入補助金制度とは?

カラーミーショップでもIT導入補助金が上限150万円未満まで補助可能

IT導入補助金とは、日々業務が発生する経理等のルーティン業務を効率化させるITツールや、顧客等の情報を一元管理するようなクラウドシステム等の導入に対し国が導入費用の一部を補助してくれる制度のことです。

ネットショップの開業や受注処理システムなどの導入にもIT導入補助金制度を利用する事ができます。

IT導入補助金制度については、補助金の交付には国が運営する事務局の審査がありますが、昨年度におけるカラーミーショップ の補助金交付決定率はなんと100%という決定率となっている事が公式に発表されています。

カラーミーショップは、EC業界では比較的長いキャリアを持つ老舗的なASPですし、GMOペパボ株式会社は、カラーミーショップをはじめ、BtoBに強いネットショップの「MakeShop 」やホームページを簡単に開設できる事で人気のある「グーペ 」なども運営している会社です。

会社としての信頼はもちろんですが、サービス内容に関しても高い評価を得ているため、IT導入補助金制度の導入審査でも100%という驚異的な決定率になっているのだと思います。

ホームページのグーペ、BtoBに特に強いネットショップのMakeshopについての詳細は以下のページにまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


Makeshop(メイクショップ)出店の評判とメリット・デメリット




グーペならホームページを簡単に更新できる?goopeの評判やメリットとは?





カラーミーショップでIT導入補助金の対象となるパッケージ

カラーミーショップでは、IT導入補助金適用のための「特別パッケージプラン」があらかじめ用意されています。

審査のうえIT導入補助金の対象となった場合は、最大で下記プランの費用の合計金額の半額(40万~150万円未満)が補助されるようです。

また、カラーミーショップのレギュラープラン以上の月額利用金額12カ月分も適用金額内に含まれるそうです。



【プラン1】 オリジナルEC制作パッケージ

依頼者の要望に応じたオリジナルのショップデザインを制作するパッケージです。

テンプレートを利用する店舗がが多い中で、オリジナルでリッチなネットショップを開店したい方へおすすめのパッケージです。

【金額】 80万円~150万円 ー 補助金(約40万円~75万円)



【プラン2】 メディアEC制作パッケージ

依頼者の要望に応じたデザインに加えて、メディアEC運営に必須なWordPress(ブログサイト)が準備されるパッケージです。

ネットショップに加えて、メディアECを構築してSEO対策を充実させたい方にはぴったりのパッケージだと思います。

【金額】 150万円~300万円 ー 補助金(約75万円~150万円未満)



パッケージのデザインイメージについて

カラーミーショップでもIT導入補助金が上限150万円未満まで補助可能

パッケージプランの場合、デザインは相談の上、レイアウトなどもオリジナルのネットショップが作成される事になります。

店舗独自の導線などにこだわる事もできますし、競合他社と差別化するような依頼もオリジナルデザインなら可能です。

上記の画像についてはサンプルのデザインとなりますので、そのほかのデザイン制作事例については、「よむよむカラーミー」の事例記事 または 制作会社これからの制作事例紹介ページ をご確認いただければと思います。



IT導入補助金対象パッケージの申し込み方法

カラーミーショップでネットショップを構築する場合に、IT導入補助金対象のパッケージを申し込むには公式サイトの専用のフォームからお申込み下さい。

注意点としてはIT導入補助金制度には募集期間があらかじめ設けられています。

カラーミーショップでパッケージプランを申し込む場合の募集期間は2019年 5月23日(木)~8月中旬頃となっています。

申し込みについては、2019年6月3日までに申し込んだ場合は一次公募になり、それ以後に申し込んだ場合は二次公募以降の申請となる点には注意してください。

また、応募期間に関しては、予定の申し込み数を超えた場合は早期終了となる事があるようですので、IT導入補助金制度を検討されている方はお早目に申請される事をお勧めします。



カラーミーショップについてのまとめ

今回は、毎年恒例となりつつある、IT導入補助金制度について、カラーミーショップが今年も対象となったことがわかりましたので記事にまとめてみました。

IT導入補助金制度は、応募期間に注意して、自分が導入を検討しているサービスがIT導入補助金制度の対象となっていれば、かなり高い確率で補助金の対象となれる制度であると聞いています。

むしろ、タイミングさえ合うなら、IT導入補助金制度を利用しないのは逆に損だとも言えます。

カラーミーショップ以外のベンダー、ECサービスでもIT導入補助金制度の対象となっているサービスは多数ありますので、気になる点があれば各サービス運営会社に問い合わせされるとよいと思います。

今回の記事の内容が、It導入補助金制度を利用してネットショップを開業される方の参考になれば幸いです。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す