カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開!


カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開!

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

自社系ECサイト構築サービスでリーズナブルで本格的なネットショップが作れることで人気のあるカラーミーショップ で、カラーミーショップ出店店舗を対象とした、投票型のイベント「カラーミーショップ大賞」の2018年のノミネートショップが公開されました。

カラーミーショップは、現在全国4万5千店舗以上が出店しているASPネットショップサービスです。

当店でもカラーミーショップを利用していますが、カラーミーショップ大賞にノミネートされるネットショップはやはり素晴らしい店舗が多いですね。

今回はカラーミーショップの一年に一度のビッグコンテスト「カラーミーショップ大賞2018」についてノミネートショップをご紹介いたします。



カラーミーショップ大賞2018とは?

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

カラーミーショップ大賞とは、 カラーミーショップ でネットショップを出店している全国のネットショップが対象となるコンテストのことです。

カラーミーショップのネットショップの中から最も優れたネットショップを表彰する、一年に一度のビッグコンテストです。

カラーミーショップ大賞は、2014年から開催されており、2018年で5回目の開催となります。

カラーミーショップ大賞を受賞するメリットは、豪華会場で記念品の贈呈が行われるので、非常に良い記念となるということが真っ先に挙げられます。

インターネットショッピングモールで国内大手の、楽天市場 でも、コンテストは行われており、SOY(ショップオブザイヤー)という名称で毎年コンテストが開催されているのも有名ですね。


楽天市場 ショップオブザイヤー2017 総合賞 ベスト10 ランキング

また、カラーミーショップ大賞を受賞すると、テレビや新聞といったメディアにネットショップの情報が掲載されるため、ネットショップの存在を広く知ってもらえるチャンスでもあります。

過去の受賞店舗で、第一回の対象を受賞した、「北欧、暮らしの道具店」などは、このカラーミーショップ大賞を受賞したことで一気に認知が広がり、今では人気ネットショップとして非常に有名な店舗になりました。

カラーミーショップ大賞は、カラーミーショップでネットショップを出店している店舗にとっては、全国デビューできる非常に大きなチャンスなのです。


カラーミーショップ大賞の過去の受賞店舗

カラーミーショップ大賞をこれまでに受賞してきた大賞受賞店舗をご紹介いたします。

第一回の2014年から順にカラーミーショップ大賞受賞店舗をご紹介していきます。



2014年:第一回:北欧、暮らしの道具店

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

北欧、暮らしの道具店さんは、APIを活用した独自システム開発により運営を効率化されたそうです。

今でこそ全国的に知られた人気ネットショップですが、人気ネットショップになるまでには、徹底したブランディングによる独自のメディアEC戦略がありました。

ネットショップのオウンドメディアの成功事例として北欧、暮らしの道具店さんは良く取り上げられています。

【URL】https://hokuohkurashi.com/



2015年:第二回:SOU・SOU

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

京都のテキスタイルブランドとして、PR戦略・デザインなど長年のオンラインショップ運営で改善を繰り返し成長し続けてきた積極的な姿勢が高い評価となりカラーミーショップ大賞2015を受賞しました。

【URL】http://www.sousou.co.jp/



2016年:第三回:びっくりカーテン

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

びっくりカーテンさんは、お父さん受け継いだ会社を2代目女性社長が新規事業として「カーテン通販」を開拓したそうです。

カラーミーショップ大賞2016を受賞できた要因は、高い顧客満足度と売上成長率が評価されての受賞でした。

【URL】http://www.bicklycurtain.com/



2017年:第四回:BALANCE STYLE

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

独自のスマートフォンアプリ開発で購入のしやすさを追求したネットショップです。著名人やメディアからも注目されるプロモーション力の高さが評価され、カラーミーショップ大賞2017を受賞できたそうです。

【URL】http://balance-style.jp/


カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップの紹介

2018年のカラーミーショップ大賞のノミネートショップをご紹介したいと思います。

現在カラーミーショップ大賞2018に最終審査にノミネートされているネットショップは、全部で297ショップあります。

その中で、今回は、計測した日が2018年7月6日となりますが、現時点でのジャンル別上位6店舗をご紹介したいと思います。

あくまでも、投票結果が上位の店舗であり、カラーミーショップ大賞2018の確定店舗ではありません。

一般の投票数について、投票結果は、審査項目の一つとして最終審査の際に加味されるとのことですが、投票結果がそのまま大賞となるわけではないようです。

では、各ジャンル毎の上位6店舗を画面キャプチャにてご紹介いたします。



ファッション

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

ファッションジャンルにノミネートされたネットショップは、やはりデザイン性の高いネットショップが多い印象を受けました。

また、投票数も他のジャンルに比べて一番多い投票数がファッションジャンルでした。



食べ物

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

食べ物ジャンルにノミネートされたネットショップは、健康食品、そうめん、パンやみかんと幅広い種類のネットショップがノミネートされていました。

食品ジャンルのネットショップは、楽天市場 にも出店されている店舗さんもいくつか見受けられました。



雑貨・家具

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

雑貨・家具ジャンルにノミネートされたネットショップは、現在の第一位が弓道用具の専門店というニッチジャンルのネットショップとなっていました。

ニッチ商品は、一般のお店で入手しにくいこともあり、ネットショップでの需要が高くなる傾向があります。



エンタメ・ホビー

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

エンタメ・ホビージャンルにノミネートされたネットショップは、ジャンル柄、バラエティ豊かなネットショップがノミネートされていました。

ウェディングバルーンやギフト装飾のネットショップや、車の塗装用品、ハンドメイド用品のネットショップなどが現在得票数が多いネットショップとなっていました。




カラーミーショップ大賞2018のまとめ

カラーミーショップで2014年から続いているカラーミーショップ大賞について、過去の受賞店舗と現在のノミネート店舗をご紹介いたしました。

カラーミーショップはネットショップの構築が非常にリーズナブルな費用で実現できるうえに、こうしたコンテストなどのイベントも行ってくれるため、モチベーションアップにもつながる良いサービスだと思います。

カラーミーショップについて、実際に出店してみての感想、費用や機能については、以下のページにより詳しくまとめていますので、興味のある方は是非ご一読くださいませ。


楽天市場 ショップオブザイヤー2017 総合賞 ベスト10 ランキング

カラーミーショップ大賞2018は、2018年7月20日まで投票可能です。投票はこちらからどうぞ。

また、投票するとセルリアンタワー東急ホテルペア宿泊券が1名、東急ホテルズ ギフトカード10,000円分が5名に当たるキャンペーンを実施しています。

カラーミーショップ大賞2018のノミネートショップ公開

どのネットショップが、カラーミーショップ大賞を受賞できるか楽しみですね。

今回の記事の内容が、カラーミーショップ大賞についての参考になれば幸いです。





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す