Amazon攻略法(1)Amazonに出品する前に行うこと


Amazon攻略法

モール別攻略法「Amazon攻略法」とは、現役アマゾン店長がAmazon.co.jpでの売上アップ、アマゾンマーケットプレイスにおけるネット販売の攻略法を探し出すことを目的とした考察ブログである。


Amazon攻略法(1)Amazonに出品する前に行うこと


Amazon.co.jpに出店するメリット・デメリット

Amazon攻略法

Amazon.co.jpは、日本国内のECサイト、インターネットショッピングモールとしては、楽天市場と並び、最大規模のモールです。

Amazonでは正確な流通規模、流通総額の発表は行われていませんが、有力なデータでは、2015年のAmazonの日本国内の流通総額は、1兆5000億円以上の規模だと言われています。

Amazonは、その集客力においては、楽天市場を凌ぐアクセス数を誇っています。

Amazon.co.jpに出店するメリット・デメリットについての詳細は以下のページを参考にしてください。

【参考】Amazonに出店するメリット・デメリット


Amazonに出店する前に行うこと

Amazonに実際に出店する前に行っておいた方が良いと思うことを、現役出店者である店長がご紹介いたします。


(1)販売予定の商品を検索してみる

販売予定の商品が既にAmazonで販売されているのであれば、その販売価格を確認することは、最初に行うべき必須の対応となります。

仕入れ価格の都合もありますし、送料などの問題もありますから、ご自身が実際に販売する商品の販売価格を送料を含めた価格で算出してみてください。

Amazonで販売予定の商品がすでに販売されていて、ご自身が予定している販売価格を大きく下回っているようなら、Amazonでその商品を販売しても売れる可能性は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。


(2)Amazonと楽天市場などのモールの特性の違いを理解する

Amazonは、楽天市場などのショッピングモールと大きく異なるポイントがあります。

Amazon.co.jpは、ECサイトですが、ショッピングモールとは異なり、あくまでも販売する母体は「Amazon.co.jp」となります。

楽天市場なら、各ネットショップがそれぞれの個性を最大限にアピールしたネットショップのデザインやPRを行えますが、Amazonには、そういった個性のアピールができません。

逆に言えば、Amazonでのネット販売に求められるのは、商品の出荷スピードの速さ、顧客対応の迅速さ、販売価格の安さなどが、カテゴリ単位で評価されます。

楽天市場とAmazonの出店時の違いについては、以下のページにまとめていますので参考にしてください。

【参考】【現役店長が検証】楽天市場とAmazonの出店時の違いを比較


(3)出店プランを小口出品・大口出品のどちらにするか決める

Amazon攻略法

Amazonに実際に商品を出品するには、出品プランを決めて申込みする必要があります。

Amazonでは、月額費用が必要な大口出品プランと、月額費用が無料の小口出品プランの二つのプランがあります。

それぞれのプランのちがいについては以下のページに詳しく記載しています。

【参考】Amazonに出店する為の大口出品と小口出品のプランの違いを徹底比較

また、Amazonで販売力を最大化させる方法として「FBA(フルフィルメントbyAmazon)」というサービスがありますが、FBAは大口出品プランのみ対応が可能です。

【参考】FBAとは?FBAのメリットとデメリット



Amazonに必勝法は無いと知る

Amazonに出店、商品の出品を検討されている方は、「Amazonには必勝法はない」ということを事前に理解しておいていただくことをおすすめします。

そもそもネットショップの必勝法、攻略法とはなんでしょうか?

最も基本てきな攻略法は、「需要のある商品を誰よりも安く販売する」という方法に至ると思います。

いわゆる「最安値での販売」が可能であれば、その商品を求めるユーザーは、必ずと言ってもいいほどあなたのお店からその商品を購入するでしょう。

Amazonでは、楽天市場やヤフーショピングと比較した場合、販売方法が「ネットショップ型」ではなく、「商品出品型」の形式となります。ヤフオクなどに似ている感じですね。

商品単体で、「カートボックス獲得」を狙う必要があるため、型番商品などは、「過当な価格競争」が行われることは必至です。

例え、今現在あなたの商品が、Amazonでのカートボックスを獲得していたとしても、いつあなたの商品の販売価格よりも安い価格で出品してくる出品者が現れるのかはわかりません。

「安心」や「安定」のない、カートボックス争いが続くのがAmazon.co.jpの難易度の高さとも言えます。

Amazonに必勝法はないですが、カートボックス獲得のセオリー、アルゴリズムは存在していますので、以下のページにまとめております。参考になれば幸いです。

【参考】【現役店長が教える】Amazonのカート獲得方法


Amazon出品前に行う事についてのまとめ

Amazonに出店する前に行うべきおすすめの方法をご紹介いたしました。

Amazonに限らず、ネットショップの新規開業、出店には、事前調査が非常に重要です。

販売前から負けるとわかっている勝負は可能な限り避けるようにしましょう。

逆に、事前調査を実施すれば、勝てるポイントは何か?についての戦略を練ることができます。

Amazonに新規出店を検討される方の参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す