Amazonで出品済みの既存商品を簡単に相乗り出品する方法


バックヤード研究所

バックヤード研究所とは、楽天市場 のRMS、ヤフーショッピングのストアクリエイターPro、Amazonのセラーセントラルなど、管理画面の有効活用を研究する現役店長の調査ブログである。

ある有名な店長の言葉にも「バックヤードを制する者は、ネットショップを制す」という言葉があります。

バックヤード、管理画面の機能を100%活用できる日を目指して、店舗運営の記録を残していきたいと思います。


Amazonで出品済みの既存商品を簡単に相乗り出品する方法


Amazonセラーセントラルとは

Amazon seller central(アマゾン・セラー・セントラル)とは、Amazon.co.jpに出店している店舗が、日常的に利用するバックヤード、管理画面のことです。

アマゾンセラーセントラルでは、主な利用目的としては、「商品の登録」「注文の処理」「顧客からの問合せ対応」などがあります。

アマゾンでは、商品登録を行う方法として、Amazonセラーセントラルを利用して、商品一点ずつ登録する方法のほかに、楽天市場などの他のショッピングモールのCSVファイルを利用して一括登録を行うことも大口出品であれば可能です。

今回は、Amazonで商品を販売するために行う「商品登録」の方法として、最も簡単かつ短時間で行う事ができる「既存の商品ページへの相乗り出品」の方法をご紹介いたします。


Amazonで出品済みの商品を簡単に相乗り出品する方法

では、Amazonセラーセントラル上で、最も簡単に商品を登録、販売する方法を手順を追ってご紹介いたします。

まずはAmazonセラーセントラルにログインします。

Amazon商品登録方法

(1)メインメニュー「カタログ」>「商品登録」をクリック

Amazon商品登録方法

(2)「商品を1点ずつ登録する」の検索エリアに、登録したい商品の商品名、JANコード、型番などで検索

Amazon商品登録方法

(3)今回は、例として「オロナミンC」をJANコードで検索

Amazon商品登録方法

(4)検索結果から、自分が登録したい商品のスペック(容量など)を選択し、「出品する」ボタンをクリック

Amazon商品登録方法

(5)表示された商品詳細ページ上で「商品名」「スペック」「パッケージ画像」を確認し、登録しようとしている商品に間違いがないかチェック

(6)間違いがなければ、「出品情報」の必要事項(出品者SKU/販売価格/在庫など)を記入する

Amazon商品登録方法

(7)出品情報を仮に入力する

ここで重要なポイントは、現在の販売価格(新品の最低価格)と、ご自身が販売する価格の差がどれだけあるかという点です。

アマゾンでは、一つの商品ページに対して、複数の出品者がぶら下がるような形で商品を出品しています。

Amazonで売れるためには、ショッピングカートボックスの獲得が最も重要です。

ショッピングカートボックスの獲得とは、Amazonの商品詳細ページに掲載されている「カートに入れる」ボタンと直結している商品ということです。

カートボックス獲得のロジックは、「商品の販売価格が安い(最安値に近い)」「発送が早い(プライム対応が優先される)」「出店者の評価が高い」という点が総合的に評価されます。

(8)情報の入力が完了したら「保存して終了」ボタンを押せば商品の相乗り登録は完了です。

Amazon商品登録方法

上記手順で簡単にアマゾンで商品を登録できましたね。

Amazonでは、既に登録のある商品であれば、上記の手順で価格などの必要事項さえ入力すれば、すぐに商品を販売開始できます。

ただし、出品した商品が売れるかどうかは、カートボックスの獲得にかかっていると言っても過言ではありません。

【参考】Amazonのカート獲得方法とは?


Amazonで簡単に相乗り出品する方法のまとめ

今回は、Amazonの管理画面であるAmazon seller central(アマゾン・セラー・セントラル)で、既にamazon.co.jp上で販売されている商品に対して、相乗り販売を行う方法をご紹介いたしました。

アマゾンは、楽天市場 とことなり、商品ページは基本的に一つの商品に対して、1ページしか存在しません。

「基本的に」と記載したのは、手順の際に検索した「オロナミンC」で言えば、入数違いの商品が多数登録されていたかと思います。

商品単体のJANコードは同じですが、商品の販売数量によって、商品ページがわけられているという仕様です。

Amazonでは特に既製品、型番商品と呼ばれるメーカー製造商品の場合は、一つの商品ページを複数の出品者で共有しています。

その為、Amazonで高い売上を作るには、商品ページのカートボックスを獲得することが最も重要です。

Amazonでショッピングカートボックスを獲得する方法については、以下のページに詳しくまとめていますので参考にしてください。

【参考】【現役店長が教える】Amazonのカート獲得方法

Amazon出店のメリットとしては、商品ページが既に存在していれば、非常に簡単に商品を出品することが可能であるという点です。

デメリットとしては、商品ページがひとつしかないため、価格競争が激しく、利益が残りにくいという点です。

Amazon出店のメリット、デメリットについて、楽天市場と比較した内容を、以下のページに具体的な事例をご紹介しています。

【参考】【現役店長が検証】楽天市場とAmazonの出店時の違いを比較

今回の記事の内容が、Amazonに出店されている方の商品登録の一助となれば幸いです。





ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す