「Nint ECommerce」がECモールの販売推計データを視覚化したクラウド型BI機能「メッコチャート」をリリース

「Nint ECommerce」がECモールの販売推計データを視覚化したクラウド型BI機能「メッコチャート」をリリース

「Nint ECommerce」がECモールの販売推計データを視覚化したクラウド型BI機能「メッコチャート」をリリース

「Nint ECommerce」がECモールの販売推計データを視覚化したクラウド型BI機能「メッコチャート」をリリース

「Nint

楽天市場Amazonヤフーショッピングなど国内三大ECモールの分析ができるマーケティングツールの「Nint ECommerce(ニント イーコマース)」では、新機能として任意のジャンル全体の販売データに対して、「価格帯」と「メーカーの構成比」を視覚的に捉えることができる「メッコチャート」をリリースしました。

「メッコチャート」とは、海外のコンサルティング業界でも利用される専門的な視覚化方法で、全体の数字に対して「2つの構成要素」が面積で表現されるチャートです。

「Nint

メッコチャートを簡単に言えば、楽天市場やAmazonなどのモール内の任意のカテゴリーの商品に対して、商品の価格帯に対してメーカー別シェアをチャートによって直感的に把握することができるという訳です。

Nint ECommerce(ニント イーコマース)は、これまでにも楽天市場やAmazon、ヤフーショッピングのジャンル別の流通額の予測値や、出店店舗をベンチマークすることでそのショップでどんな商品がどのくらい売れているのかという本来見る事ができないデータを可視化する事ができるツールです。

過去に私もNintを活用して、楽天市場とAmazonの生鮮食品ジャンルの流通額を分析した経験があります。

関連記事

楽天市場 と Amazon では生鮮食品はどちらが売れる?ECモールの流通規模を徹底分析 売れるネットショップの教科書では、2021年のサイト運営テーマとして「データドリブン」を掲げています。 データドリブン[…]

楽天市場とAmazon、生鮮食品はどちらが売れるのか?流通規模を分析してみた

また、今の時期であれば「バレンタイン需要」がネット通販市場の最盛期になりますが、バレンタイン需要がどのようにして起きるかという事もNintを使えば可視化する事ができます。

関連記事

楽天市場のバレンタイン需要はいつから?楽天ランキング傾向をデータドリブン! 売れるネットショップの教科書では、2022年のサイト運営テーマとして「データドリブン」を掲げています。 データドリブンとは、最近マー[…]

ネット通販のバレンタイン需要はいつから?楽天ランキング傾向をデータドリブン!

株式会社Nintによると、メッコチャートの活用例として以下のような事例が公開されています。

「Nint ECommerce」のメッコチャートの活用事例

例えば自社がECモールで5万円以下のプリンタを今後販売しようと考えているメーカーであり、2021年の「楽天市場」におけるプリンタの販売動向を知りたい場合、商品ジャンルの中から「プリンタ」を選択し、期間を2021年1月から12月に設定し、「ジャンル価格分布」をクリック。価格の最大値を、「50,000」に設定する。

「Nint

「表示メーカー数」を「5」とすると、売り上げが高い上位5位のメーカーが表示される。(*当リリース上に載せているグラフ上ではメーカー名を消して「a社」などとしていますが、実際はメーカー名が入ります。)「金額(範囲)」に入れる数値で、X軸を刻む幅となる価格帯を設定することができる。この例の場合、「5,000」で設定しているので、X軸が左から「5,000円未満」、「5,000円以上1万円未満」、「1万円以上1万5,000円未満」のように、5,000円ずつの幅で刻まれている。Y軸ではその価格帯で売れたボリュームを100%として、メーカー毎のシェアを見ることができる。各製品のチャートの中に占める面積で、視覚的に「楽天市場」内で売れている5万円以下のプリンタのメーカー・価格帯毎のボリュームを把握することができる。

「Nint

チャートを見ると、左から3番目の「1万円以上1万5,000円未満」の価格帯の商品のボリュームが15.73%と、この中では最も売れ筋であることが見てとれる。次いで売れているのは、「1万5,000円以上2万円未満」(14.46%)、「3万円以上3万5千円未満」(13.9%)の価格帯のプリンタとなっている。また、青い面積のa社は5,000千円から3万円未満の価格帯では50%以上のシェアを獲得しているが、3万5,000円以上の価格帯になると黄色い面積のb社シェアの方が大きいことなどが分かる。

メッコチャート上のグラフをクリックすると、さらに細かく、実際に売れている商品の売り上げ、平均価格、シェアや、どのショップで売れているのかといった製品別の分析のページに飛ぶことができる。

マーケッターはメッコチャートを参照しながら、投入商品の価格を決めたり、競合となる商品の把握をしたりすることが可能となる。

「Nint

こうしてみると、一見しただけでボリューム、シェア状況が直感的にわかるので、非常にわかりやすいですね。

Nint(ニント)は有料のマーケティングツールですが、無料体験が可能で、無料期間中にあらゆる機能を体験する事ができます。

個人のネットショップ運営者の方や、小規模事業者の方には少しハードルが高いサービスかもしれませんが、企業のEC担当者の方であったり、メーカーで自社製品の販売戦略や商品開発に役立てたいというニーズにはあっていると思います。

Nint ECommerce(ニント イーコマース)についてのより詳しい解説は以下のページにまとめておりますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。

関連記事

Nint ニントの評判 口コミ メリット デメリット 料金や機能を徹底比較 【目次】 Nint(ニント)とは? Nint(ニント)のメリット 楽天市場やAmazonで売れている商品がわかる ECモー[…]

Nint ニントの評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較
関連記事

楽天市場の商品をジャンル別に業種分析!シェアや流通額の規模を知るならNintが便利 日本国内のインターネットショッピングモール事情としては、楽天市場 、Amazon、ヤフーショッピングの三つを「三大モール」と呼ん[…]

楽天市場の商品をジャンル別に業種分析してシェアや流通額の規模を知るならNintが便利

最後までお読みいただきありがとうございました。

令和最新!無料でネットショップを出店できる方法

令和になって改めて調査した結果、店長がおすすめする無料でネットショップを出店する方法を厳選して6つに絞りました。

この方法なら失敗しない出店ができると自信をもっておすすめできます。

関連記事

2022年5月更新 無料 開設できる おすすめ の ネットショップ ECサイト サービスを徹底比較 ネットショップ を 無料 で開設する主なメリットとして、現役 ネットショップ 店長が考える「3つのメリット」をご説明いたします[…]

無料開設可能なネットショップサービス

売れるネットショップの極意メルマガ配信中!

売れるネットショップの極意メルマガを無料登録

店長のツイッターで「ガチ売れEC論」をツイート中!売れるヒントが毎日届く!

ネットショップを運営する上でのテクニックや知識などを現役店長がつぶやいています。

また、楽天市場とヤフーショッピングのデイリーランキングTOP3も毎日調査して発信しています。

是非ツイッターのフォローもお願いします!

最新のEC市場動向をLINEに配信中!

売れるネットショップの教科書のLINEアカウントでは、主にネットショップ運営に関する最新情報を週一回配信しています。

もちろん、LINEのフォローについても完全無料ですのでご安心ください。

フォローしていただいてもあまりご迷惑にならないと思いますので是非ともフォローしておいてくださいませ!



友だち追加

ネットショップの運営、開業でお困りの方は
遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。

より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。

ネットショップ無料カウンセリングフォーム

本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場のデイリーランキングでは CICI BELLA の「【2/1迄クーポンで最大1箱170円】【総合1位受賞】血色マスク 立体マスク 20枚 4層構造 血色カラー 大人用 使い捨てマスク」が第一位を獲得した。

ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、 pickupplazashop の「【総合ランキング1位受賞!】マスク 3D立体構造 ジュエルフラップマスク 不織布 20枚 4サイズ 大人 こども 両面カラー 4層構造 メイクが付きにくい」が第一位を獲得した。

Amazon売れ筋ランキング

Amazon売れ筋ランキング

Amazonの各カテゴリーの売れ筋商品ベスト3を紹介します。Amazonで今何が売れているのかの参考になれば幸いです。




「Nint ECommerce」がECモールの販売推計データを視覚化したクラウド型BI機能「メッコチャート」をリリース
最新情報をチェックしよう!