楽天市場やAmazonの検索結果順位が開示される?ネット通販の規制が強化!


楽天市場やAmazonの検索結果順位が開示される?ネット通販の規制が強化!

楽天市場やAmazonの検索結果順位が開示される?ネット通販の規制が強化!

つい先日のことですが、2019年11月12日のヤフーニュースに以下の内容が掲載されていました。

ネット通販、規制強化へ 検索結果順位の基準開示 未来投資会議

政府の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)は12日、アマゾン・ドット・コムや楽天、ヤフーなど「プラットフォーマー」と呼ばれるIT大手が運営するインターネット通販事業などの規制を強化する方針を確認した。商品・サービスの検索結果の表示順位を決める際の基準開示や、運用状況の定期的な報告を義務付ける方向で検討。年内に詳細を固め、来年の通常国会に提出する「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法案」に盛り込む。

安倍首相は席上で「イノベーションを阻害しない形で可能な限り自主性を尊重したルールとする」と述べ、サービス創出を目指す企業の意欲を損なわないやり方で実効性のある規制を設けるよう関係閣僚に指示した。

 ネット通販やアプリ配信をめぐっては「運営会社に広告費を支払った企業の商品が優遇され、検索画面で上位に表示されている」といった疑念が絶えない。政府は商品・サービス提供事業者らの公平を期すため、検索結果が上位に表示される基本的条件について新法案で運営会社に説明を義務付ける方向だ。ただ、事業者が条件を悪用して不当に順位を上げる事態も懸念されるため、開示の範囲は慎重に検討する。

 膨大な利用者を抱えるIT大手は、取引先企業より有利な立場になりやすい。公正取引委員会が10月に公表した実態調査では、ネット通販などの運営会社が取引先企業に規約変更を押し付けたり、手数料を引き上げたりしたとされる事例も報告された。新法案では取引先企業の権利を守るため、IT大手に対して情報開示だけでなく一定の順守事項も設ける見通し。 

出典:ヤフーニュース「ネット通販、規制強化へ 検索結果順位の基準開示 未来投資会議」より

これは楽天市場 Amazonヤフーショッピングなどのプラットフォーマーに対する取引の透明化を求める法案ができる可能性があるってことですよね。

ITの巨大プラットフォーマーに対しては、公正取引委員会でも以前から聞き取り調査を実施していました。

米国の巨大プラットフォーマーであるGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)に対する風当たりも強くなっている時世ですが、日本でもプラットフォーマーに対しての規制が強まっているという事でしょうか。

でも、店長は思うんですが、楽天にせよヤフーにせよ、検索結果順位のロジックを開示する事自体は以前から行っていたと思うんです。

厳密なアルゴリズムは公表していませんが、以下の項目を総合評価した上で検索結果の順位を表示させているものと思われます。

  • 検索キーワードに対する商品名の適正さ(モールSEO)
  • 売上金額
  • 販売個数
  • クリック数(商品ページ閲覧数)
  • 商品ページ滞在時間
  • レビュー数
  • レビューの評価割合
  • 購買率(コンバージョン率)
  • 店舗総合評価
  • その他の指標(広告利用・ポイント還元率・クーポン発行・出店プランなど)

上記はあくまでも店長の個人的観測の為、楽天やAmazonがどんなルールで検索結果順位を決めるロジックを組んでいるのかは不明です。

ただ、これ以上に検索結果に背景はないと思います。

もしあるのなら、それはそれで大きな問題に発展する恐れもあります。

ヤフーショッピングは、公式のルール上で「PRオプション」という検索結果を優位にする(といわれている)広告があります。

PRオプションは店長も商品ごとに様々な料率設定を実施したことがありますが、結果的にはあまり効果を感じられませんでした。

もちろん設定する料率が低かったという事もあるかもしれませんが、料率が低くて露出に影響がほとんどないのであれば、かけたPRオプション料率はほぼ無駄遣いとなってしまう訳です。

こうした検索優位となる広告機能に関しては、確かに明確な検索結果順位の表示ルールを公表してほしい所ですね。

インターネットショッピングモールの商品表示順位は、極論を言えば「売れている順」であると思います。

売れている商品、売れ続けているベストセラー商品を検索結果の上位に表示させる事で、新規ユーザーの獲得率も大幅に上がります。

これはセオリーであり、なにも特殊な話でもなんでもありません。

リアルのショップでもそうですが、売れる商品はやはり目立つ場所に露出させて商品を見つけやすくすると思います。

Amazonに関しては、楽天市場やヤフーショッピングと比較しても、少し仕組みが異なります。

Amazonは、一つの型番商品に対して、基本的に商品ページは一つだけというルールがあります。

商品の入数などによって、商品ページが複数あることはありますが、同じJANコードを持つ商品のページはひとつだけが原則です。

その為、Amazonで型番商品、メーカー既製品を出品する場合は、一つの商品ページ上に複数の出品者がぶら下がっている形になるため、商品を最もよく売れる状態にするには「ショッピングカートボックスの獲得」が最重要となります。


【現役店長が教える】Amazonのカート獲得方法


Amazonではオリジナル商品は別として、型番商品の場合はカートが自分のものかどうかに売上が大きく左右されるのです。

検索結果という意味では、レビュー数やレビューの信頼性なども重視されている傾向がありますが、偽レビューが沢山掲載される問題があり、これは現状におけるAmazonの最大の課題と言えるのではないかと思います。

楽天市場の場合は、やはりデフォルトの検索結果が「売れている商品」が優先的に表示される仕様だと思います。

ただし、キーワードを適正に入力するという事は前提条件でもありますので、もしも商品名に検索ワードの漏れがあれば、露出度は大幅に減少してしまう恐れがあります。

楽天市場でアクセスアップを図る方法などは以下のページに詳しくまとめております。


【完全版】楽天市場の集客の仕組みとは?楽天でアクセス数を増やす方法


しかし、ITプラットフォーマーに対して、これまで野放し状態だったのが、最近になって様々な規制対象となっているのは出店者としてはようやくかといった感想ですが、ありがたい話ではありますね。

インターネットショッピングモールのブラックボックス化している部分をどんどん明るみに出して正当な競争ができる環境を整えて欲しいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。




令和最新!無料でネットショップを出店できる5つの方法

令和になって改めて調査した結果、店長がおすすめする無料でネットショップを出店する方法を厳選して5つに絞りました。

この方法なら失敗しない出店ができると自信をもっておすすめできます。

【令和最新版】無料ネットショップのおすすめ5選!有料との違いを比較



売れるネットショップの極意メルマガ配信中!

売れるネットショップの極意メルマガを無料登録


店長のツイッターで「ガチ売れEC論」をツイート中!売れるヒントが毎日届く!

これまであまり「ネットショップ運営に関する店長の持論」は語ってきませんでしたが ツイッターでは、「熱量を含んだツイート」をチョコチョコつぶやきはじめています!

もちろん、EC運営ノウハウも随時発信中ですので、是非ツイッターのフォローもお願いします!





売れる!ネットショップの教科書がここには書けない「裏ワザ」をLINEだけに配信中!


ネットショップ運営における、「裏技的な手法」をLINEで公開中です。

ウェブ上では制約上ご紹介しにくい「ネットショップの裏技」が存在します。

インターネット上で公開することで、主催者側(モールですね)が対応策を打たれたりすると この裏技が利用できなくなる、といったテクニックなどです。

こうした「特別な裏技」については今後は「LINE」にて限定配信していきたいと思います。
是非、アカウントをフォローしておいていただければと思います。

もちろん、LINEのフォローについても完全無料ですのでご安心ください。

LINEについては、本当にキレッキレの情報のみに特化して、配信回数も非常に少ないと思います。

フォローしていただいてもあまりご迷惑にならないと思いますので是非ともフォローしておいてくださいませ!

友だち追加


ネットショップの運営、開業でお困りの方は 遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。




より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。

ネットショップ無料カウンセリングフォーム
本日の情報が読者の方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。


ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「押せっ・・・・押せっ・・・!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





今日は何の日?【11月14日】

◆世界糖尿病デー
…2006年(平成18年)に国連総会において制定。国際デーの一つ。英語表記は「World Diabetes Day:WDD」。

◆いい石の日
…山梨県石材加工業協同組合が1999年(平成11年)に制定。日付は「いい(11)いし(14)」(いい石)と読む語呂合わせと、石工職人が尊ぶ聖徳太子の命日であるこの日を「太子講」としていたことから。

◆パチンコの日
…全国遊技業協同組合連合会(現:全日本遊技事業協同組合連合会)が1979年(昭和54年)に制定。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場のデイリーランキングでは 越前かに問屋「ますよね」 の 「速報★総合1位!P最大10倍超\40%OFF終了間近/14日迄衝撃8999円送料無料になるクーポン有!お歳暮 年内数量限定」が第一位を獲得した。




ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、  ぼくの玉手箱屋ー  の「割れチョコ 訳あり スイートごろごろアーモンド 300g クーベルチュール使用 送料無料 チョコレート ポイント消化 お試し スイーツ 割れ セール SALE」が第一位を獲得した。



Amazon売れ筋ランキング

Amazon売れ筋ランキング

Amazonの各カテゴリーの売れ筋商品ベスト3を紹介します。Amazonで今何が売れているのかの参考になれば幸いです。



Yahoo!検索ワードランキング

ヤフー検索検索ワードランキング

店長のどうでもいいつぶやき

ヤフーとLINEの統合は驚きを通りこして唖然としました。どんな相乗効果が生まれるのでしょうね。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す