EC事業者が脱モールを行う為の方法とは?脱楽天市場、脱Amazonへの道


EC事業者が脱モールを行う為の方法とは?脱楽天市場、脱Amazonへの道

EC事業者が脱モールを行う為の方法とは?脱楽天市場、脱Amazonへの道

今日は今までこの売れるネットショップの教科書で触れかけて触れられていなかったEC事業者、特に、楽天市場Amazonに出店して多店舗展開を行っている事業者さんには日々考えているかもしれないテーマについて書いてみたいと思います。

インターネットショッピングモールに出店している方で、特に「楽天市場 」に出店されている方は、他のネットショップとの売上構成比はどのような状態にありますか?

当店では、過去の楽天市場の売上構成比率は、平均で50%~60%辺りで推移し続けてきました。

店長の知人のショップ店長さんにも何人かお尋ねしたところ、多店舗展開されているショップさんで、楽天市場に比較的昔(10年くらい前)から出店されている店長さんのケースとしては、同じようにだいたい半分くらいの割合か、もしくは商品によっては、AmazonでFBAなどを利用した方が売上が高かったりというケースもありました。



楽天市場は、ご存知の方も多いと思いますが、出店に関する固定費と販売手数料やアフィリエイト手数料、ポイント原資など様々なコストがかかるモールです。

商品によっては、楽天市場の中でも高い優位性を持った「入口商品」に育っている店舗さんもおられると思いますが、入口商品は概ね利益度外視の切り込み隊長ですから、売れてもほとんど利益は残らない傾向があります。



楽天市場では、ある程度高いアクセス数が期待できる事と、過去に購入してくれた顧客からのリピート購入が期待できる事で、ある程度売上の底上げ状態が続き、継続的に売上が立っている状態になりやすいわけです。

ただし、これも商品によっては、新しいライバル店舗にお客さんを取られてしまうというケースもあります。

型番商品、メーカー既製品などではよくあるケースで、特にAmazonでは、価格競争によってカートボックスの獲得の是非が決まりやすいという特性があります。

最近では、価格だけでなく、プライムマークの有無を重視している傾向にありますね。

ただし、競合する出品者がお互いにプライムマーク取得済みの場合は・・・やはり価格が決めてになってしまいますね。


【現役店長が教える】Amazonのカート獲得方法


価格競争で疲弊して、楽天市場のセールラッシュでも更に疲弊する。

そんな悪循環のなかにいて、なぜか売上は減少傾向を続けている。

そういったショップさんが最近増えてきているように感じます。

そこで考えるのが、「脱楽天」「脱Amazon」といったショッピングモールからの脱却、自社ECサイトへの顧客移行という手法です。

これには非常に難しい問題がいくつもあります。

例えば、型番商品を販売しているショップの場合、脱楽天を行う事でEC事業者にとってのメリットはなんでしょう?

毎月支払うべき月額利用料を払わなくてよくなる事と、販売時の手数料も大幅に引き下げる事ができるというのが出店者側のメリットだと思います。

これって、実は消費者側にとっては、何のメリットでもないですよね?

型番系商品のネットショップが、売れている楽天市場から脱退して、自社ECサイト、例えばですが、STORES.jp BASE (ベイス) などの無料系ECサービス、もしくは、MakeShop カラーミーショップ といった本格ECカートサービスを自社ECサイトとして構築してそちらに顧客を誘導したい場合、果たしてユーザーはあなたの本店サイトに来てくれると思いますか?

ここにモール脱却の難しさがあるんです。

ネットショップはよく「積み上げ型のビジネス」だと表現される事があります。

楽天市場で5年、10年と出店してきて、お客様との関係を構築してきたと思っていても、もしもあなたが楽天市場をやめて、自社ECサイトに本腰を入れたとしても、楽天市場で得た顧客情報は何一つとして持ち出す事は出来ません。

結果として、楽天市場で得られていた売上を失い、残った自社ECサイトの売上規模にまで全体の売上が落ち込んでしまう事が予想されます。

なぜ、長年楽天ショップで購入してくれたお客様が本店に来てくれないのか?

その理由はそれほど複雑ではありません。

型番商品を購入するお客様にとっては、楽天市場だから購入していたというお客様が大半なのです。

一部の非常にコアなファンとなったお客様であれば、あなたの本店サイトまで来店してくれるでしょうが、本当にごく一部のユーザーに限った話です。

お客様にとって、自分が慣れ親しんだ楽天市場やAmazonでのネットショッピングの体験から、全く土壌の違うECサイトへの会員登録、クレジットカード情報の入力というのは、リスクを感じても、メリットと感じてくれる人は少ないでしょう。

脱モールを実現させるなら、あなたのネットショップでしか買えない商品を販売するか、あなたのネットショップでしか得られない体験を提供するか、このどちらかしかないのではないかと思います。

もしも、楽天市場で、高い売り上げ、月商1千万~三千万円規模を売上ているネットショップで、型番商品以外のオリジナル商品やプライベートブランドがあるショップであれば、脱モールをして、自社ECサイトに注力するという戦略は最初こそ売上を落としますが、将来的ビジョンとしては自社ECサイトの運用で利益を獲得できる可能性があると思います。

それでも、すぐに売上が回復すると言うのは難しいでしょうから、二年~三年程度の長期スパンで本店ショップを活かすマーケティングを行う必要があります。

本店ショップで成功しているケースを見ると、やはり自社ブランドの確立と、ライフスタイルなどの提案が上手なショップさんが多いと感じます。

楽天市場やAmazonでは表現しにくい提案などが、自社ECサイトでは自由に行えますし、メルマガなどの制限もほぼありません。

販促に関しても、SNSを活用すれば、実施したいときにセールを行い、販促クーポンを発行する事もできます。

本店ECサイトというのは、モール外にある利益の残せるショップではありません。

お客様に対して、商品を通じて自分たちのブランドがどのような提案や貢献ができるのか、それを思う存分表現できる場所だと思います。

顧客が顧客のままでは、別の出店者に顧客を奪われるリスクが付きまといますが、顧客が「ファン」になれば、あなたがどこでショップを開いたとしても必ず探し出して来店してくれるでしょう。

脱モールとは、安易にできない反面、成しえたショップにとっては、未来が明るくなる手法だと思います。

いつかは、脱モール、本店ECへのコミットを全力で行えるようなショップ運営体制にしたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。




令和最新!無料でネットショップを出店できる5つの方法

令和になって改めて調査した結果、店長がおすすめする無料でネットショップを出店する方法を厳選して5つに絞りました。

この方法なら失敗しない出店ができると自信をもっておすすめできます。

【令和最新版】無料ネットショップのおすすめ5選!有料との違いを比較



売れるネットショップの極意メルマガ配信中!

売れるネットショップの極意メルマガを無料登録


店長のツイッターで「ガチ売れEC論」をツイート中!売れるヒントが毎日届く!

これまであまり「ネットショップ運営に関する店長の持論」は語ってきませんでしたが ツイッターでは、「熱量を含んだツイート」をチョコチョコつぶやきはじめています!

もちろん、EC運営ノウハウも随時発信中ですので、是非ツイッターのフォローもお願いします!





売れる!ネットショップの教科書がここには書けない「裏ワザ」をLINEだけに配信中!


ネットショップ運営における、「裏技的な手法」をLINEで公開中です。

ウェブ上では制約上ご紹介しにくい「ネットショップの裏技」が存在します。

インターネット上で公開することで、主催者側(モールですね)が対応策を打たれたりすると この裏技が利用できなくなる、といったテクニックなどです。

こうした「特別な裏技」については今後は「LINE」にて限定配信していきたいと思います。
是非、アカウントをフォローしておいていただければと思います。

もちろん、LINEのフォローについても完全無料ですのでご安心ください。

LINEについては、本当にキレッキレの情報のみに特化して、配信回数も非常に少ないと思います。

フォローしていただいてもあまりご迷惑にならないと思いますので是非ともフォローしておいてくださいませ!

友だち追加

月間10万PV以上のアクセス数を獲得できる広告枠を完全無料提供いたします!アクセスアップにご利用ください。

ネットショップの商品やEC支援会社さんのサービスをこの売れる!ネットショップの教科書サイトで完全無料でバナー告知できるようになりました!

無料でバナー広告掲載

ネットショップのアクセスが少なくてお困りの方や、とても良い店舗支援サービスをリリースしたけど認知が低い会社さんなど 是非、当サイトのアクセス数(現在月間10万PV以上)を告知の場所としてご利用くださいませ。 もちろん費用は「完全無料、ゼロ円」ですから、ご安心ください。


売れる!ネットショップの教科書サイトは一日当たりの平均PVが3000PV以上になりました。
一カ月あたりのPVは約10万PV以上です。
サイトへの新規ユーザーの流入率は約80%です。常に新規の読者さんがサイトに訪問してくれています。

無料deバナー掲載をご利用いただいたお客様から喜びのレビューをいただきました!

バナーの件ありがとうございました!お蔭様で毎日2,3個ずつ注文が入るようになりました。ページ力のあるサイトの力を見せつけられております。ほんとうにありがとうございます。


是非アクセスアップの一助にご利用くださいませ。


ネットショップの運営、開業でお困りの方は 遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。




より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。

ネットショップ無料カウンセリングフォーム
本日の情報が読者の方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。


ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「押せっ・・・・押せっ・・・!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





今日は何の日?【9月18日】

◆かいわれ大根の日
…日本かいわれ協会(現:日本スプラウト協会)が1986年(昭和61年)9月の会合で制定。日付は9月はこの日を制定した会合が行われた月で、18日は「8」の下に「1」で「かいわれ大根」の形(竹トンボ型)になることから。

◆しまくとぅばの日
…沖縄県が「しまくとぅばの日に関する条例」により2006年(平成18年)に制定。日付は「く(9)とぅ(10)ば(8)」と読む語呂合せから。

◆「満州事変」勃発記念日
…1931年(昭和6年)のこの日、中国の奉天付近の柳条湖で日本と中国の国民政府が衝突して「満州事変」が始まった。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場のデイリーランキングでは 楽天ブックス の 「【先着特典】十五祭(DVD初回限定盤)(オリジナル手帳「KANJANI∞SCHEDULE BOOK 2020」付き) & (Blu-ray盤)【Blu-ray】」が第一位を獲得した。




ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、  Bigプライスヤフー店  の「iPhone 充電ケーブル 充電器 コード 1m 1.5m 25cm 50cm 急速充電 断線防止 iPhoneX iPhone8 iPhone7 iPad モバイルバッテリー 強化ナイロン 合金 安心3ヵ月保証」が第一位を獲得した。



Amazon売れ筋ランキング

Amazon売れ筋ランキング

Amazonの各カテゴリーの売れ筋商品ベスト3を紹介します。Amazonで今何が売れているのかの参考になれば幸いです。



Yahoo!検索ワードランキング

ヤフー検索検索ワードランキング

店長のどうでもいいつぶやき

気づけば明日から楽天市場のお買い物マラソンですね。セールラッシュで大変ですが増税前の需要期ですから乗り切りましょう!




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す