wowma!(ワウマ)で商品画像をFTPサーバーにアップロードする方法

wowma!(ワウマ)で商品画像をFTPサーバーにアップロードする方法




wowma(ワウマ)の常時SSL化について

インターネットショッピングモールの
常時SSL化が進んでいることもあり、
これまでSSL対応していなかったモールも
常時SSLに切り替えはじめました。

wowmaも例外ではなく、
常時SSL化と、旧DeNAの頃のドメインから
wowmaへとドメインも変わり、
ページURLや画像URLなどの変更が必要という
アナウンスも公式サイトにて発表されています。

これは筆者が本日の店舗運営で起こった
ちょっとわかり辛いwowma(ワウマ)のFTP設定
について覚書として残しておこうと思います。

常時SSL化することで起こる問題点

まず、そもそも、常時SSL化によって
現状の対応で何が問題視されているかという点。

これまで、DeNAショッピングの頃は
店舗の商品画像をURLで指定することが可能でした。

これは、現状でも可能なのですが、
このURLが、楽天市場など外部サイトの商品画像URLでも
許可されていたという点に、今後は問題があるようです。

SSLはその仕組み上、同一ドメイン下に対して
暗号化の対応が可能となります。

wowma(ワウマ)のURLは現在以下の2つのURLです。

wowma!(ワウマ)旧:DeNAショッピング
https://wowma.jp/

wowma!for au 旧:auショッピングモール
https://m.aumall.jp/


これは、旧DeNAショッピングの頃の名残ですが、
当時、DeNAショッピング、AUショッピングモールは
ひとつのサービス(DeNAショッピングを基本として)に対して、
二つのサイトへの商品出力を可能にしていました。

DeNAショッピングへ出店していたはずが、
知らない間にAUショッピングモールの方にも
連携がかけられていたため、結果としては
AUショッピングモールでの購入者の注文が入っていた
というケースはDeNAショッピングでネットショップを
運営されている店舗さんであればおわかりになるのではないでしょうか。

いい意味で1つのサービスへの契約で、
ある程度顧客を呼び込んでくれるモールへの同時出店を果たせるため
非常にありがたい仕組みでもありました。

ただ、こうして、二つのウェブサイトを
別々のドメインで運営していたことと、
どちらのサービスもある程度規模が大きく育ったため
統合することがリスクとなってしまったという問題があるようです。

そのため、本来の構想では、
wowma!(ワウマ)は、DeNAショッピングとAUショッピングモールを
統合した一つのショッピングモールにするはずだったのですが、
システム上、以前のような二つにわかれたショッピングモールと
なってしまっています。

当然、ドメインがことなれば、SSLも別々に
導入する必要があります。

SSLは導入したドメイン以下にしか適用されないため、
当然ながら、外部URLはSSLの対象外となります。

現状は、商品ページの商品画像が
外部URLを許可していますが、常時SSL完全移行後は
外部URLは許可されなくなると思います。
2017年3月時点では、まだ、楽天市場の商品画像URLを
そのまま呼び出すことはできていますので、
時間のある今のうちに、wowmaのドメイン下にある
画像管理サーバーに画像を移設し、
商品ページのURLの変更を行うことをオススメします。

放置しておくと、ある日突然商品画像が全て
表示されなくなるという大きなリスクを抱えての
店舗運営となりますので、wowma(ワウマ)に出店されている
店舗オーナーの方は担当のECアドバイザーに相談して
商品画像のwowma管理下への移設を進めてください。

wowma(ワウマ)のモール規模

ネットショップを運営されている方で
wowma(ワウマ)のみに出店されている
という方は非常に珍しいケースだと思います。

自社ネットショップのみでネットショップを
運営されている方は多いと思いますが、
インターネットショッピングモールで、
月額固定費と販売手数料が必要な出店方法として、
wowma(ワウマ)を第一候補に挙げる方は
ほとんどいないのではないでしょうか?

一部のアパレルショップであれば、
比較的若いユーザーからの支持がある
wowmaへの出店は検討に値するかもしれません。

しかし、wowmaの現在の出店店舗数は
およそ3,000店舗と言われています。

楽天市場が約45,000店舗、
Yahooショッピングが450,000店舗
と言われる現状において、
wowma(ワウマ)の出店者数は非常に少ないと言えます。

ちなみに、無料でネットショップを
開業できるサービスである
BASEは300,000店舗以上、
STORES.jpは700,000店舗以上と公式に発表されています。


無料系のネットショップ開業サービスは
無料ゆえに、非常に多くの店舗登録がありますが、
そのうちの90%は正直いって「売れないネットショップ」と
言っても過言ではないと思います。

売れない理由は「集客の弱さ」にあります。

BASEとSTORES.jpの詳細はこちらをご参考にしてください。

【参考】 BASEとSTORES.jpプレミアムプランを徹底比較してみた。

wowma(ワウマ)の今後の展望

wowma(ワウマ)の今後の展望としては、
旧AUショッピングモールの顧客層として
シェアの大きかった「AUキャリアユーザー」を
囲い込む戦略を取ることを打ち出しています。

目標としては同じく携帯キャリア、ソフトバンクユーザーの囲い込みを
開始しはじめたYahoo!ショッピングに追いつく事だそうです。

Yahoo!Japanは、2014年頃まではショッピングモール事業には
あまり注力していませんでした。
当時は楽天市場とAmazonの2強時代で、その他のショッピングモールは
新規参入モールがほとんど横ばい状態で並んでいました。

ヤフーショッピングが成長を始めたのは、
2013年10月に出店料を無料化したことから始まります。

wowmaがヤフーショッピングを目標としてショッピングモールを
運営するのであれば、ヤフーが行った「出店料無料化」を
早ければ2018年中に行う可能性があります。

wowma(ワウマ)のFTPの種類について

wowma(ワウマ)のFTP設定については、
以下の二つのFTPが店舗ごとに用意されています。


wowmaCSV一括オプション

商品登録用FTP(一括登録CSVファイルアップロード)とは

商品登録、更新をCSVファイルの利用によって一括で行うためのデータサーバー。
商品の基本となるデータは「data.csv」というファイル名に決められている。

画像登録用FTP(画像ファイルアップロード)とは

商品情報の登録、更新とは異なり、wowma上に掲載する商品画像やバナー画像、
商品説明画像などをアップロードするための画像サーバー。

wowma(ワウマ)のFTPの確認方法について

FTPアカウントの確認方法は以下の手順で行います。

※FTP利用には事前申請が必要です。申請がまだの方は
 「マイページトップ > 出品・商品管理 > 一括出品CSVトップ」の
 ページ中段あたりにある「お申込み」ボタンから申し込んでください。
wowma FTP申込み


【1】マイページトップから、「出品・商品管理」タブをクリック

wowma一括出品

【2】「一括出品CSVオプション」をクリック

wowma一括出品

【3】「利用状況確認」ボタンをクリック

wowma一括出品CSVオプション

【4】「一括出品CSVオプション」の行、「※ FTPアカウント情報 はこちら」をクリック

wowmaオプション申込みツール

【5】アカウント情報が表示されるので、FTPソフト(例:FFFTPなど)の新規ホスト設定を行う

wowmaFTPアカウント情報

wowma(ワウマ)のFTPの設定方法について

ワウマでFTPを設定する際には、以下の手順で設定を行います。
FTPサーバーに接続するには、FFFTPなどのFTPソフトを利用する必要があります。
今回はFFFTPというフリーソフトを元に設定しています。

【1】FTPソフトにて新規ホストの設定を行う。

wowmaFTP接続手順

【2】ホスト名やアカウント情報に関する確認方法について(※要ログイン)

wowmaFTP接続手順

【3】FTPソフトの拡張タブの設定

wowmaFTP接続手順

【4】FTPソフトの拡張タブ(高度)の設定

wowmaFTP接続手順

【5】FTPソフトを一旦閉じる

wowmaFTP接続手順

【6】FTPソフトを再起動して、設定したFTPサーバーに接続する

wowmaFTP接続手順

FTP接続がうまくいかない場合の対処方法

上記の手順でFTP接続を行ってもうまく接続できない場合があります。
その場合は、ホスト名を以下の内容に変更してみてください。

wowma.netの部分をdena.ne.jpに変更する

この方法は、筆者がwowmaカスタマーサポートにて直接確認した方法です。
なぜこのような対応が必要なのかという理由については
wowmaのドメインがまだ、すべてのFTPサーバーに反映しきれていないからだそうです。
dena.ne.jp のホストアドレスは、その文字列の通り、DeNAショッピングの頃のホスト名となります。
旧ドメインでの接続が必要なサーバーも一部残っているというわけです。
順次対応を続けているということですので、ゆくゆくはwowma.netでの接続のみとなるでしょうね。

ワウマのFTPのまとめ

wowma!は2017年2月に誕生したばかりの新しいモールではありますが、
元々はDeNAショッピングとAUショッピングモールからなる
ネットショッピングモールの中でも中堅所のショッピングモールです。
運営基盤が、DeNAからKDDIコマースフォワードに変わったこともあり、
携帯キャリアのAUを利用するユーザーへの集客をより強化していくようです。
AUかんたん決済やソフトバンクまとめて支払などの携帯キャリア決済も
クレジットカードを持たない若年層や主婦層などの利用が多い決済方法で
今後も利用者は増えていくと思われます。
wowmaはまだまだ出店者数自体は少ないので、
今が出店のチャンスとも言えます。
是非、今後発展の可能性の高いショッピングモールであるwowmaに出店して、
ライバルの少ないうちにご自身のネットショップのシェア獲得を目指してください。

参考になれば幸いです。


ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. mk より:


    Fliezillaでの接続法が知りたいんだけど、どこかにないですかね?

    • 十億戎店長 より:


      コメントありがとうございます。あいにく当方ではFilezillaを利用していないため正確なアドバイスができかねます。誠に申し訳ございません。

コメントを残す