STORES.jpでカテゴリーデザインのカスタマイズが可能に!変更方法を解説


STORES.jpでカテゴリーデザインのカスタマイズが可能に!変更方法を解説

誰でも簡単にネットショップを無料で開業できるサービスとして、BASE (ベイス) と並んで人気のあるサービスにSTORES.jp というインスタントECサービスがあります。

STORES.jpでは、この度、カテゴリーデザインをカスタマイズする事が可能になりました。

今回はSTORES.jpのカテゴリーデザインのカスタマイズについて詳しくご説明したいと思います。



STORES.jpとは?

STORESのカテゴリーデザイン

STORES.jp とは、むずかしい知識や技術は一切不要で、自分だけのオリジナルネットショップを今すぐ始める事ができるかんたんECサイト構築サービスのことです。

STORES.jpは、パソコンでもスマートフォンでも、デバイスに関わらず誰でも簡単にネットショップをデザインする事ができます。

また、通常であれば、煩雑になりがちな管理画面についても、毎日の作業が楽しくなるくらいに簡単でシンプルな操作性を追求しています。

とにかく初めてネットショップを立ち上げたいという方や、個人でコストをかけずにネットショップを開業したいという方にはおすすめのECサービスだと思います。

STORESのサービスについてのメリットや機能などについては以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。


STORES.jp出店のメリットと評判、機能のまとめ


STORES.jpのカテゴリーデザインとは?

STORESのカテゴリーデザイン

STORES.jp では、これまではネットショップのカテゴリーごとに自動的に決められたカテゴリーしか表示できませんでした。

今回のアップデートにより、自分の好きなカテゴリーを選択して表示させることができるようになりました。

この改変によって、ショップ側で見せたい商品カテゴリーをユーザーに表示させることができるため、売りたい商品をよりプッシュできるようになりました。

また、今回のアップデートのおかげで、カテゴリーのサムネイル画像を、自由に選択・変更できるようにもなりました。

カテゴリーのサムネイル画像については、アイテム画像の選択か、画像アップロードを行う2つの方法から選ぶことができます。


STORESのカテゴリーデザイン


次に、カテゴリーデザインのカスタマイズ方法をご説明いたします。




カテゴリーデザインのカスタマイズ方法

では、STORES.jp で、カテゴリーデザインをカスタマイズする方法について手順を説明いたします。

まずは、管理画面上で「ストアデザイン」の中の「パーツエディタ」を選択します。


STORESのカテゴリーデザイン


「パーツ追加」で「カテゴリー」を選択します。


STORESのカテゴリーデザイン


次に「カテゴリーを追加」を選択します。


STORESのカテゴリーデザイン


ネットショップ上に表示したいカテゴリーを選択して、「OK」ボタンを押します。


STORESのカテゴリーデザイン


カテゴリーの表示順の変更はドラッグするだけで簡単に行えます。


STORESのカテゴリーデザイン


サムネイル画像については、既に登録しているアイテムから選ぶか、新規で画像をアップロードするかどちらかの方法を選択して設定できます。

設定できるカテゴリーは最大で6個までとなっています。


STORESのカテゴリーデザイン


全ての設定が完了したら「保存」ボタンを押します。

最後に「デザインをストアに反映」を押すと、実際にネットショップの画面上に反映されます。

以上が、STORESでカテゴリーデザインをカスタマイズする手順です。




STORES.jpのまとめ

今回は、STORES.jp でカテゴリーデザインを自分の好みのカテゴリーを表示させることができるようになりましたので手順などを説明いたしました。

ネットショップでは、来店してくれたお客様にいかに沢山の商品ページを見てもらえるか、回遊性も重要となります。

回遊性のあるネットショップであれば、お客様がネットショップ内に滞在してくれる時間が長くなり、商品の購入に至る可能性も高まるというデータがあります。

特に商品点数の多いネットショップの場合は、見せたいカテゴリーの商品を上手くお客様に露出できるかどうかが重要となります。

今回のアップデートでカテゴリーのデザインを自由にカスタマイズ可能になりましたので、お客様の滞在時間を延ばす為にも有効なカスタマイズを行ってみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。






ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す