公取委が楽天に立ち入り調査開始!独占禁止法違反の疑い!三木谷社長は強気の模様


公取委が楽天に立ち入り調査開始!独占禁止法違反の疑い!三木谷社長は強気の模様

公取委が楽天に立ち入り調査開始!独占禁止法違反の疑い!三木谷社長は強気の模様

2020年2月10日、公正取引委員会は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いで、楽天本社を立ち入り検査したことがニュースとなりました。

いよいよ、公正取引委員会の正式な調査が入りましたね。

このニュースがテレビやインターネットでも話題となりましたが、その後、楽天の社長兼会長である三木谷さんは11日に自身のツイッター上でこのようなコメントを発表しています。



Twitterでの発言を書き起こしてみましたが、わかりやすい送料というのには店長も全面同意です。

わかり易い送料はお客様のニーズ、消費者保護の観点、店舗流通の維持成長のためにはこれしかないと思ってやっています。多額の投資を行い物流サポートもしております。


多額の投資を行いという箇所については、ニュースサイトのソースによれば、物流に2000億円の投資を実行中だそうです。

楽天ロジスティクスの強化などに充てているのでしょうが、楽天市場 の出店者の大多数は、自社出荷で物流対応を行っています。

仮に楽天が自社物流の拡大のために2000億円を使っていたとしても、その恩恵を受けられる消費者はかなり限定的な状況となります。

また、楽天市場の送料無料ラインが統一される事と、この物流投資に関しては直接的な関係はありません。


更に『店舗救済の為に、何ができるのか検討します』が、弊社が一方的に儲ける話ではないという事は当局も理解してもらいたいです。


これも、一部のメディアの報道ソースとなりますが、楽天側としては、優良店舗の中から一部の店舗に対して、物流費用のサポートや広告料金面などでの優遇を行うということを表明しています。

ただし、これも非常に限られた範囲での対応となり、楽天市場に出店中の店舗全てをカバーできるものではありません。

むしろ、ごく一部に対しての優遇処置はこれまでも実施されてきているでしょうし、現状の送料無料ラインの統一によって出店者が被る送料負担額に対してのフォローとはなっていないと思います。

2019年の後半から現状に至るまで、特にこの楽天の送料無料ラインについての議論やニュースが話題となっていますが、楽天は楽天出店者に対して、これまでに数々の規約の変更を実施してきました。

送料無料化の問題はその中の一部であり、その負担額によって大幅赤字に追い込まれる可能性がある小さな店舗、小規模事業者や中小零細企業が声を上げているのも事実です。

楽天市場でショップオブザイヤーを獲得するような、月商数千万円~数億円規模の売れているネットショップの方でここまで反発している店長さんはあまりみかけません。

実際のところ反対だとしても、楽天ユニオンに参加してまで反対運動に参加するかと言えば、そうではない方の方が多いと思います。

この三年間、楽天が出店者に対して強要してきた全ての事を現役出店者が全てお話します


これは店長の勝手な想像ですが、 三木谷さんにとっては、見えているのは消費者ではなく「Amazon」の背中なのではないでしょうか?

楽天は、楽天市場単体での流通額は一切公表していませんが、すでに1兆円以下であることは予想できます。

かたやAmazonは、2018年の日本事業の流通総額は1兆5350億円という事を発表しています。

既に楽天市場はAmazonにEC事業で大きく負けている訳です。

今後もこの差は開いていく事になると予想されていますから、楽天としては、この送料無料ラインの統一を3月18日から導入してAmazonに近づけたいという思惑があるのだと思います。

ただし、3980円以上で送料無料となったとしても、Amazonはプライム会員であれば送料は基本的に無料ですし、会員以外でも2000円以上の購入なら送料無料で発送されます。

送料無料ラインの統一を実施したところでAmazonに勝てる見込みは薄いと思います。

それでも三木谷さんが強硬姿勢を崩さないのは、焦りとプライドなのではないでしょうか。

本当の所、ここまで反発が起きるとは三木谷さんも予想できていなかったのではないかと思います。

三木谷さんにとっては、楽天市場=楽天直営+SOY店舗という「上級店舗」にしか向いていないのではないでしょうか?

上級店舗の面々は送料無料ラインの統一には「賛成」の方も多いと聞きますが、反対理由はあまりないでしょうね。

むしろ送料無料ラインが統一される事で、楽天市場への新規顧客獲得と、流通額の上乗せが期待できる店舗が多いと思います。

売れている店舗は益々売れ、売れない店舗は退店を迫られる。

この構図は今後ますます加速していくと感じています。

今回の公正取引委員会の調査と三木谷さんのTwitterの発言で、どのような結果になろうとも店長は消費者の為になる行動を取ろうと覚悟を決めました。

余談ですがもしも、読者の皆さんの中で、楽天市場に出店していて、自社ECサイトを持っていないという方がいるなら、今ならSTORESでネットショップを出店すれば、販売手数料も最大2万円まで無料でショップ運営ができるのでおすすめですよ。

楽天市場では、出店の固定費に加えて、販売時の手数料もアフィリエイト手数料などを合わせると20%前後かかってくる為、利益を残すのが難しいですが、自社ECサイトなら、利益率の確保でいえば決済手数料のみというECカートが多いです。


ECサイトのSTORESで新規開設から4ヶ月手数料無料キャンペーンが2月10日から開始!



最後までお読みいただきありがとうございました。




令和最新!無料でネットショップを出店できる5つの方法

令和になって改めて調査した結果、店長がおすすめする無料でネットショップを出店する方法を厳選して5つに絞りました。

この方法なら失敗しない出店ができると自信をもっておすすめできます。

【令和最新版】無料ネットショップのおすすめ5選!有料との違いを比較



売れるネットショップの極意メルマガ配信中!

売れるネットショップの極意メルマガを無料登録


店長のツイッターで「ガチ売れEC論」をツイート中!売れるヒントが毎日届く!

これまであまり「ネットショップ運営に関する店長の持論」は語ってきませんでしたが ツイッターでは、「熱量を含んだツイート」をチョコチョコつぶやきはじめています!

もちろん、EC運営ノウハウも随時発信中ですので、是非ツイッターのフォローもお願いします!





売れる!ネットショップの教科書がここには書けない「裏ワザ」をLINEだけに配信中!


ネットショップ運営における、「裏技的な手法」をLINEで公開中です。

ウェブ上では制約上ご紹介しにくい「ネットショップの裏技」が存在します。

インターネット上で公開することで、主催者側(モールですね)が対応策を打たれたりすると この裏技が利用できなくなる、といったテクニックなどです。

こうした「特別な裏技」については今後は「LINE」にて限定配信していきたいと思います。
是非、アカウントをフォローしておいていただければと思います。

もちろん、LINEのフォローについても完全無料ですのでご安心ください。

LINEについては、本当にキレッキレの情報のみに特化して、配信回数も非常に少ないと思います。

フォローしていただいてもあまりご迷惑にならないと思いますので是非ともフォローしておいてくださいませ!

友だち追加


ネットショップの運営、開業でお困りの方は 遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。




より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。

ネットショップ無料カウンセリングフォーム
本日の情報が読者の方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。


ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「押せっ・・・・押せっ・・・!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場のデイリーランキングでは 吉野家公式ショップ楽天市場店 の 「クーポンで5,000円OFF!送料無料!吉野家 冷凍牛丼の具135g×28袋セット【総合1位】」が第一位を獲得した。




ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、  美味しさは元気の源 自然の館  の「ミックスナッツ 4種入り 850g SALE」が第一位を獲得した。



Amazon売れ筋ランキング

Amazon売れ筋ランキング

Amazonの各カテゴリーの売れ筋商品ベスト3を紹介します。Amazonで今何が売れているのかの参考になれば幸いです。



Yahoo!検索ワードランキング

ヤフー検索検索ワードランキング

店長のどうでもいいつぶやき

今日からNint ECommerceを使った新コンテンツをリリースしました。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを完全無料で出店するならBASEがおすすめ!

ネットショップBASE

完全無料でネットショップを出店できるBASE は日本国内で90万ショップを超える人気ECカートサービスです。

また、BASEのアプリは600万ダウンロードを突破しており、多くのユーザーがBASEアプリでBASEに出店しているネットショップの商品を検索しています。

ネットショップBASE

お母さんでも開店できるがコンセプトのBASEなら誰でも簡単に無料でネットショップをスタートできます。





ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す