ECサイト・ネットショップ開業で一番重要なポイントとは?


ECサイト・ネットショップ開業で一番重要なポイントとは?

ECサイト・ネットショップ開業で一番重要なポイントとは?

先日は売れるネットショップの教科書で、BtoCのEC市場についてお話しました。

国内BtoC EC市場規模について分析!BtoCのネット通販の現状とは?


日本国内におけるBtoCのEC市場規模は、18兆円規模に成長し、おそらく2019年度は20兆円規模になるのではないかという右肩上がりの成長が続いています。

EC市場は毎年8%程度の市場規模拡大を繰り返し、今後もまだまだ市場規模の拡大が見込まれています。

また、政府の推進する働き方改革や、今話題となっている年金の不足問題で、個人単位での資産を増やす必要性が高まっている時代には、ネット販売を副業にする人の数もますます増える傾向があると思います。

いうなれば、「今、ネット通販が熱い」という時代なのです。

何年も前から言われてきた事ですが、2019年になり、時代も平成から令和に変わって、その勢いは益々加速しているように感じています。

実際には、この売れるネットショップの教科書へのお問合せや、企業さんからの相談などが非常に増えてきている状況なのです。

ネットショップを運営している方からのご相談で多いのは「ネットショップが売れない」「以前より売上が減ってしまった」といった、売上に直結するお悩みが多いです。

最近特に目立って増えてきたのが企業さん、それもベンダー系の企業さんからの問い合わせです。

その内容の多くは、「自分の会社が提供しているサービスの価値、本来の機能を使いこなしてもらうにはどうすればいいか」というご相談です。

このご相談は、最近本当に多いのですが、EC市場において、自分がネット販売を実現するために、どのプラットフォーム、システムを採用するかという事が非常に重要だと思います。

ネットショップを初めて開業する際に、いったい何を基準にして売り場を選んだらいいのか?

今現在利用しているネットショップサービスは果たして最適な仕組みだといえるのか?

この辺りのことが、自分ではわからないという店長さんも少なくありません。

店長が個人的にアドバイスさせていただいている事をお話させてもらうと、ネットショップを初めて出店するという方には、「初期費用をかけない事」を最重要なポイントとしてお伝えさせていただいています。

よくあるネットショップ開業で失敗するケースが、「最初にまとまったお金ができた事で、その予算内でネットショップを立ち上げてしまう」というケースです。

定年退職された方で、退職金も入り、第二の人生の為に自分で何かを販売してみたいという方も最近増えてきているように感じます。

そういった、一種の「まとまった資金」が手元にある方ほど、その資金を「最初から使おうとしてしまう」傾向があるのです。

これが本当によくある失敗するネットショップの事例で、最初から完ぺきなシステムを導入したECサイトを作ろうとしてしまうのです。

これは、起業する方でもよくある失敗の事例で、最初に名刺やロゴ、会社のホームページにお金をかけてしまう事に似ていると思います。

最小コストで、もっとも身軽にスタートアップを行う事

これが店長がおすすめするネットショップの開業方法です。

日本国内において、魅力的な商品が沢山あつまっており、国内Eコマースの人気モールは「楽天市場 」ですが、店長はいきなり楽天市場に出店する事は、あまりおすすめできないです。

もちろん楽天市場は商品によっては月商で数千万円~数億円を売り上げる事ができる売り場であることは事実であり、ネット通販を行うものであれば、最終的に出店するべき場所でもあると思っています。

ただし、スタートアップ時には、コスト面でおすすめできないのです。

ネットショップの運営は、複数の業務を幅広く同時進行していかなくてはなりません。

ネットショップを開業した後に発生する日常的業務は以下の通りです。


  • 商品の登録
  • 商品の仕入れ
  • 店舗ページの管理(バナー掲載、商品入れ替え)
  • 注文の処理
  • 商品の梱包・発送
  • 発送完了処理
  • 経理作業
  • お問合せ対応(電話・メール・チャット)
  • 販促活動(ブログ・メルマガ・SNSなど)
  • 店舗状況の確認(解析ツールの確認・改善)
  • トラブル対応(配送遅延・破損・クレームなど)


これらの業務、作業はほんの一例で、これ以外にも沢山の作業が発生するのがネットショップの運営業務です。

ネットショップを開業する事自体は、STORES.jp BASE (ベイス) などを使えば、即日無料で開設する事ができます。

無料で出店できるネットショップ、BASEやSTORESの詳細については以下のページに詳しくまとめていますのでこちらも参考にして下さい。

STORES.jp出店のメリットと評判、機能のまとめ



BASE(ベイス)出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察


ただし、ネットショップを出店しただけでは、商品が売れるという事はほとんどありません。

これが最初にネットショップを開業された方が陥る、「第一の壁」です。

ネットショップは売れないのが当たり前なんです。

ここを理解しているかどうかで、自分のネットショップを「売れるネットショップ」にすることができるかどうかが分かれるのです。

明日は、ネットショップをただ開業しただけでは売れない理由を詳しくお話したいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。




令和最新!無料でネットショップを出店できる5つの方法

令和になって改めて調査した結果、店長がおすすめする無料でネットショップを出店する方法を厳選して5つに絞りました。

この方法なら失敗しない出店ができると自信をもっておすすめできます。

【令和最新版】無料ネットショップのおすすめ5選!有料との違いを比較



売れるネットショップの極意メルマガ配信中!

売れるネットショップの極意メルマガを無料登録


店長のツイッターで「ガチ売れEC論」をツイート中!売れるヒントが毎日届く!

これまであまり「ネットショップ運営に関する店長の持論」は語ってきませんでしたが ツイッターでは、「熱量を含んだツイート」をチョコチョコつぶやきはじめています!

もちろん、EC運営ノウハウも随時発信中ですので、是非ツイッターのフォローもお願いします!





売れる!ネットショップの教科書がここには書けない「裏ワザ」をLINEだけに配信中!


ネットショップ運営における、「裏技的な手法」をLINEで公開中です。

ウェブ上では制約上ご紹介しにくい「ネットショップの裏技」が存在します。

インターネット上で公開することで、主催者側(モールですね)が対応策を打たれたりすると この裏技が利用できなくなる、といったテクニックなどです。

こうした「特別な裏技」については今後は「LINE」にて限定配信していきたいと思います。
是非、アカウントをフォローしておいていただければと思います。

もちろん、LINEのフォローについても完全無料ですのでご安心ください。

LINEについては、本当にキレッキレの情報のみに特化して、配信回数も非常に少ないと思います。

フォローしていただいてもあまりご迷惑にならないと思いますので是非ともフォローしておいてくださいませ!

友だち追加

月間10万PV以上のアクセス数を獲得できる広告枠を完全無料提供いたします!アクセスアップにご利用ください。

ネットショップの商品やEC支援会社さんのサービスをこの売れる!ネットショップの教科書サイトで完全無料でバナー告知できるようになりました!

無料でバナー広告掲載

ネットショップのアクセスが少なくてお困りの方や、とても良い店舗支援サービスをリリースしたけど認知が低い会社さんなど 是非、当サイトのアクセス数(現在月間10万PV以上)を告知の場所としてご利用くださいませ。 もちろん費用は「完全無料、ゼロ円」ですから、ご安心ください。


売れる!ネットショップの教科書サイトは一日当たりの平均PVが3000PV以上になりました。
一カ月あたりのPVは約10万PV以上です。
サイトへの新規ユーザーの流入率は約80%です。常に新規の読者さんがサイトに訪問してくれています。

無料deバナー掲載をご利用いただいたお客様から喜びのレビューをいただきました!

バナーの件ありがとうございました!お蔭様で毎日2,3個ずつ注文が入るようになりました。ページ力のあるサイトの力を見せつけられております。ほんとうにありがとうございます。


是非アクセスアップの一助にご利用くださいませ。


ネットショップの運営、開業でお困りの方は 遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。




より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。

ネットショップ無料カウンセリングフォーム
本日の情報が読者の方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。


ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「押せっ・・・・押せっ・・・!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では楽天カード の新規発行と利用で楽天ポイントが最大8000ポイント還元されるキャンペーンを実施中。
Amazon Amazonでは、ファッションセールを開催中。最大90%オフの商品も。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは、スマホ決済サービス「PayPay 」を利用すれば500円分のポイント還元イベントを開催。
ポンパレモール ポンパレモールでは抽選で各ショップの選りすぐりの商品が当たる無料プレゼント企画を常時開催中。
Wowma! Wowma!では、父の日ギフトの特設ページを公開中。
その他の情報 Amazonはプライム会員の年会費を1000円値上げする事を発表した。月額会員については、400円から500円に値上げされるとのこと。

今日は何の日?【6月10日】

◆時の記念日
…1920年(大正9年)に東京天文台(現:国立天文台)と生活改善同盟会が制定。「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられた。

◆路面電車の日
…1995年(平成7年)のこの日に、全国の路面電車を持つ自治体が広島市で開催した「第2回路面電車サミット」で制定。 日付は「ろ(6)でん(10)」(路電)と読む語呂合わせから。この日には各地で路面電車の利用促進のためのキャンペーンやイベントが行われている。

◆ミルクキャラメルの日
…森永製菓が2000年(平成12年)3月に制定。 1913年(大正2年)のこの日、森永製菓が「森永ミルクキャラメル」を発売した。それまでは1899年(明治32年)の創業以来「キャラメル」とだけ書いて販売していた。発売当初、高温多湿の日本の気候に合わずキャラメルが溶けてしまうという性質から、創業者の森永太一郎が改良を重ね、1914年(大正3年)、20粒入り10銭の箱に入った携帯用のミルクキャラメルを発売した。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場のデイリーランキングでは ルイール コン美ニエンスショップ の 「クーポンで半額 668円&送料無料! パック シートマスク【プリュ プラセンタ モイスチュアマスク(35枚入)】」が第一位を獲得した。




ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、  麺屋どんまい  の「ポイント消化 選べる讃岐生うどん9食 得トクセール 500円 訳あり 送料無料 食品 お試し オープン記念 ワンコイン グルメ 特産品 お取寄せ おつまみ 期間固定」が第一位を獲得した。



Amazon売れ筋ランキング

Amazon売れ筋ランキング

Amazonの各カテゴリーの売れ筋商品ベスト3を紹介します。Amazonで今何が売れているのかの参考になれば幸いです。



Yahoo!検索ワードランキング

ヤフー検索検索ワードランキング

店長のどうでもいいつぶやき

ネットショップの運営って本当に難しいですね。試行錯誤の日々が続きます。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す