ネット通販で特に楽天市場でカニが売れる理由とは?冬グルメ商戦を分析


ネット通販で特に楽天市場でカニが売れる理由とは?冬グルメ商戦を分析

冬グルメ

クリスマスセールも昨日までで終わりましたね。

12月26日から12月31日までは、お正月への準備期間にあたります。

ネット通販では、年末商戦のピークはクリスマス頃までと言われています。

当店各ショッピングモールでもすでに年末商戦の勢いはかなり下降気味になってきています。

年末商戦と一言でいっても、大きく分けると以下の需要があります。

  • クリスマスパーティ需要
  • クリスマスプレゼント需要
  • ボーナス支給によるご褒美需要
  • 忘年会・飲み会・宴会関連需要
  • お正月のおせち料理需要
  • お歳暮ギフト需要
  • 冬グルメ需要

上記のような特別需要が12月の1ヶ月間に凝縮されているわけですから、 楽天市場をはじめ、各ネットショッピングモール、ECサイトで 12月の売上が最大化されやすいというのも理解できるかと思います。

12月26日から大晦日までの需要は 年末年始を過ごすための需要と もう一つは新年から利用する商品を先取りする需要があります。

そして、11月末から12月末にかけて 一定の需要が継続する商品が 冬グルメ需要です。

主に、カニが楽天市場では毎年のトレンドとなっています。

インターネットショッピングにおいて、 カニがここまで売れるようになったのは 楽天市場の影響が非常に大きいと思います。

楽天市場、ヤフーショッピングや他のショッピングモール、 その他自社ECサイト系のカニを販売しているネットショップなど カニをネット販売している売場はどうなっているのでしょうか?

楽天市場のカニがなぜ売れるのか?

その理由を含めて、今回はインターネット通販における カニ商戦について調査してみました。

楽天市場のカニ商戦・冬グルメ商戦

冬グルメ
楽天市場 はネット通販の冬グルメジャンルにおいて、やはり王者という感じが特設ページからも漂っています。

冬グルメ

Googleで「カニ 通販」で検索した際にも楽天市場への入り口となるリンクが検索上位に表示されていました。

冬グルメ

楽天市場のカニの特設ページでの魅せ方としては、「カニの人気店舗」「売れるカニの専門店」をピックアップして、 その店舗のイチオシ商品を中心に紹介している手法をとっていますね。

そして、これは楽天市場で生まれたといっても過言ではない「カニの売れる商品画像」として、 子どもさんとカニ(商品)を一緒に撮影して、カニの大きさを伝えるというテクニックをどの店舗も使っています。

今でこそ、カニ以外の商品ジャンルでも、こうした人と商品を同時に撮影して、商品第一画像にコラージュさせる方法が 売れる商品画像の定番化、セオリー化していますが、楽天市場の黎明期的な頃には、このカニの足の大きさを伝える方法として 子どもさんと一緒に商品画像を作る方法が確立されたように思います。

あとは、各商品写真からもわかりますが、どの写真も、「プロが一眼レフで撮影した写真」だというのが伝わってきます。

もちろん、食品ですから、きっちり「シズル感」「画像補正」も行われているため、写真からも「熱」が伝わってくる画像を作成されています。

楽天市場には、こうした「場の安心感」という「失敗しない選択ができる売場」として、多くのユーザーからの支持があるのだと思います。

【参考】楽天市場のカニ特集ページはこちら



Amazonのカニ商戦・冬グルメ商戦

冬グルメ
Googleでの「カニ 通販」というキーワード検索時には、楽天市場の次に「Amazon」のページが表示されていました。

アマゾンでは、商品画像の作成ルールとして、白い背景色を基本とした、文字入れなしのシンプルな画像が推奨ルールとなっています。

そのため、先ほどの楽天市場と比較すると、どうしても「商品画像のインパクト」が薄い印象を受けます。

Amazonでは楽天市場ほどにグルメジャンルのシェアがないため、現在グルメ・スイーツジャンルの強化を狙っているところだと思います。

Amazonは商品を探しやすいという意味では楽天市場よりも秀でていますが、 商品の魅力をゴリゴリ伝えられるかといえば、楽天市場に劣る部分だと思います。

もちろん好みの問題でもあるので、アマゾンの方が画像もシンプルでわかりやすいというユーザーも多数おられます。

ただし、こうした魚介類などは、楽天市場の商品画像の方が、おいしそうに見えるというのは否めないところでしょう。

【参考】Amazonのカニ特集ページはこちら



Yahoo!ショッピングのカニ商戦・冬グルメ商戦

冬グルメ
ヤフーショッピングは、どちらかといえば楽天市場に近いアピール方法を採用している印象です。

特にヤフーショッピングが意識しているポイントは「年末年始需要の取り込み」ですね。

年内発送ができる店舗の商品を中心に、商品のセールスポイント別のバナーを作成して誘導を図っています。

こうした「キャッチコピー的な販売方法」も、他のショッピングモールとの差別化になっていて面白いと思いました。

【参考】ヤフーショッピングのカニ特集ページはこちら



Wowma!のカニ商戦・冬グルメ商戦

冬グルメ
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)では、「超かに祭」と題してカニの特集ページを用意しています。

Wowmaの場合、楽天市場やヤフーショッピングと比較して、カニジャンルの出店店舗数が少ないことが弱点です。

その弱点をカバーするには、有力店舗ごとに商品を紹介していくという手法を取っています。

冬グルメ

カニジャンルの出店店舗数が少ないですが、出店店舗自体は他のショッピングモールでも非常に人気の店舗が いわゆる多店舗展開にてWowmaに出店しているため、楽天やヤフーショッピングのような雰囲気は作り出すことができています。

Wowmaは、まだまだ発展途上のショッピングモールですから、ヤフーショッピングのように出店店舗数も多いわけではなく ジャンルによっては、Wowma内のシェアを独占的に獲得できる可能性があります。

是非、多店舗展開の出店先を検討されているのであれば、Wowmaも候補に入れることをおすすめします。



【参考】Wowma!のカニ特集ページはこちら



ポンパレモールのカニ商戦・冬グルメ商戦

冬グルメ
ポンパレモールは、年末商戦開始直前の11月頃から「うまっ!カニづくし」というカニ商戦イベントページを公開していました。

ポンパレモールで出店していると数年前に比べて、非常にアクセス数、集客力が落ちたという印象があります。

当店の日々の受注数を見ていただければわかるとおり、当店に関してはポンパレモールが最も売れていないモールです。

ポンパレモールは、母体はリクルートグループですから、ホットペッパーやじゃらんといった協力なコンテンツ、メディアを持っている企業です。

2018年には、なんとかリクルートグループの集客力をポンパレモールに流入するような仕組み作りを行ってほしいと切に願うばかりです。

冬グルメ

カニの販売に関しては、カニの種類別にランキング形式で商品をみせる方法を採用しています。ここでも楽天市場の人気店舗の多店舗展開出品が目立ってますね。

【参考】ポンパレモールのカニ特集ページはこちら



Google検索上位のカニ商戦・冬グルメ商戦

Google検索で広告以外の上位表示されている自社EC系のカニ専門店として最有力店舗が 匠本舗 です。
冬グルメ
冬グルメ
サイトを見れば、人気店舗であることがわかるプライズの数々が掲載されています。

やはり、売れるネットショップには理由があることがわかりますね。


【参考】カニ通販で上位表示されている匠本舗の詳細ページはこちら



各ショッピングモール、ネットショップのカニ商戦、冬グルメ特集ページについて比較してみました。

グルメ・食品系ではやはり楽天市場が強い感じが伝わってきました。

その他のショッピングモールも健闘していますが、楽天市場と異なる点は、出店店舗ありきになってしまっている、層の薄さにあります。

逆に言えば、Wowmaやポンパレモールは、ライバルの少ないショッピングモールであることがいえるので、 一発逆転を狙う出店ができるとも言えます。

ヤフーショッピングは50万店舗以上がひしめいているため、ここに新規参入するのはジャンルによっては埋もれてしまう可能性が非常に高いです。

ご自身の販売する商品が、どのショッピングモールに向いているかについては以下の比較ページにまとめていますので参考にしてみてください。

【参考】【完全版】現役店長が本気でおすすめするネットショップ・モールの出店比較 2018年最新



参考になれば幸いです。


ネットショップの運営、開業でお困りの方は 遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。




より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。


本日の情報が読者の方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。


今日の釣果
「今日の釣果」とは、筆者が運営しているネットショップの売上目標を「年商10億円」に設定し、その目標を達成するまでの進捗状況を公開することで、本当に年商10億円を達成しようというブログです。年商10億円をネットショップのみで売上達成させる日までブログを更新し続けていきます。

年商10億円を達成するためには、平均月商8,400万円の達成が必要です。
楽天市場をはじめ、Yahooショッピング、Amazon、ポンパレモールなどのモールでの販売における日々の気づきや売れ筋の商品などの情報を公開していきます。

ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


現在の年商(直近1年間の売上総額)

2億8021万5354円

直近1年間の月次売上

2017年11月¥13,753,050
2017年10月¥12,002,830
2017年9月¥21,494,032
2017年8月¥26,625,083
2017年7月¥37,671,561
2017年6月¥29,834,215
2017年5月¥22,986,507
2017年4月¥24,806,553
2017年3月¥25,416,226
2017年2月¥20,923,165
2017年1月¥20,428,399
2016年12月¥24,203,039


本日までの釣果|月次売上

¥15,172,778

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

18%


今月の主要モールの受注件数

2017年12月26日(火)



本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、毎日○○DAY!の企画として本日は「冬グルメDAY」を開催。カニ商品をピックアップした特集ページ「かに特集2017」を公開。
Amazon Amazonでは「Winter Sale」を来年1月11日まで開催中。日用品や家電製品を中心に最大50%OFFのセールを開催。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングではゴールドランク会員以上限定のストアスタンプラリー優待キャンペーンのイベントを開催。ゴールド4倍・プラチナ5倍・ダイヤモンド6倍のポイント還元。
ポンパレモール ポンパレモールでは、常設セール企画である「最低価格保証」イベントを開催。飲料水や年賀状作成に必須のインクジェットプリンター用のインクなどを最低価格にて販売。
Wowma! Wowmaでは、「ライフデザイン セレクション」というイベントを開催。対象となる家電や雑貨がクーポン利用で最大6000円OFFとなるイベント。
その他の情報 ヤマト運輸とCCC(カルチャーコンビニエンスクラブ)が業務提携を発表した。2018年中にTポイントの共有化を図る模様。

今日は何の日?【12月26日】

◆プロ野球誕生の日(ジャイアンツの日)
…1934(昭和9)年の12月26日、アメリカのプロ野球との対戦の為、現存する中では日本最古のプロ野球チーム・大日本東京野球倶楽部(読売巨人軍の前身)が創立された日。

◆ボクシングデー(Boxing Day)
…クリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日で、クリスマスにカードやプレゼントを届けてくれた郵便配達人や使用人にプレゼントをする慣例のある国で定められた日。

◆聖ステファノの祝日
…キリスト教の最初の殉教者・聖ステファノの聖名祝日。アイルランド、イタリア、オーストリア、クロアチア、フィンランドでは公休日とされている。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場では、関ジャニのDVDが第一位と二位を初登場で獲得した。昨日までランキング第一位だった博多久松の「2018新春おせち」も「完売御礼」の表示に切り替わり、今年の目標数が完売した模様。楽天デイリーランキングでは冬グルメ商品のランクインが日増しに目立ってきている。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、「iPhoneケーブル 長さ 2 m」が再びの第一位を獲得した。第二位には「ぼくの玉手箱屋ー」の「雑穀 雑穀米 国産 ばぁちゃん家の雑穀米 お試し 100g 送料無料 国内産 ばあちゃん SALE セール」の100円送料無料商品がランクイン。お試しグルメ系はヤフーショッピングのランキング入りしやすい商材。


Yahoo!検索ワードランキング

ヤフー検索検索ワードランキング



ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを簡単に出店するならSTORESがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるSTORESでは、手数料が業界最低水準の「3.6%」で利用できる スタンダードプランの月額利用料が、1ヶ月間「無料」で出店できます。

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORESのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と非常に低料率で運用する事ができます。





売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す