エクセルで重くて開かない楽天商品CSV item.csvをsmoothcsvで速く開く方法

エクセルで重くて開かない楽天item.csvを速く開く方法




楽天市場で大量の商品を一度に登録する方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場に出店していて、商品の登録を行う際に、管理画面であるRMSから登録する必要があります。

ネットショップを多店舗運営されている方なら、商品連携・在庫連携システムなどで 一元管理している場合がありますが、商品一元管理システムの場合でも、 商品を一度に大量に登録する場合には「CSVファイル」を利用することが多いと思います。

ネットショップで商品を大量登録する際に非常に便利な「CSV」というファイルですが、 具体的にCSVファイルが何か?と言われるとご存じない方は多いのではないでしょうか?

今回は、楽天市場で商品を一度に大量に登録することができる「CSV」ファイルについて より多くの商品データを取り扱う際の注意点から、CSVファイルを早く開くための便利な 方法を、商品登録数6000点以上の現役楽天店長がご紹介いたします。



楽天市場の商品CSV、item.csvとは?

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

そもそもCSVとは何かについてをご説明いたします。

CSV(シー・エス・ブイ)とは
CSVとは、データベースなどで、各項目のデータをカンマで区切ったテキスト形式のファイルのこと。
commma separated valueの略称です。

ウェブサイトやシステムなどで、データベースを持っている場合、データベース内のレコード(データ)の エクスポート(出力)やインポート(入力・更新)に、CSVファイルを使うことが多いです。

難しく考えずここでは汎用的なカンマ区切りのファイルだと思ってください。

楽天市場で商品の登録を行う際に、CSVファイルを利用した一括登録を行う機能が備わっています。

ただし、この機能は「有料」となります。月額で1万円が必要なのオプション機能です。 売上があまり高くない店舗さんにとっては、月額1万円の負担は大きいと思います。

楽天市場では、CSV一括登録の際に、「item.csv」というファイルを用いて 商品の一括登録、編集作業を行う事ができます。



RMSのCSV一括編集機能とは

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天のCSVファイルによる商品一括編集機能については以下のページにより詳しくまとめていますので参考にしてください。


【参考】楽天市場でCSV商品一括アップロード時のエラー原因と対処方法


【参考】楽天市場CSVのコントロールカラムまとめ



item.csvを早く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天のRMSで、item.csvをダウンロードする方法については以下のページを参考にして下さい。


【参考】楽天市場CSV商品一括登録方法


ここでは、楽天市場で出品済みの商品データ、「item.csv」がダウンロード済みという状態で 話を進めていきたいと思います。

楽天市場で、大量の商品(1000点以上)を販売されている店舗さんの場合、 CSV一括登録、編集機能を使っている店舗さんも多いと思います。

当店も楽天のCSV一括登録機能を日常的に使っていますが、現在の商品点数は約6000点ほどあります。

そのため、item.csvをエクセルで開くと、開くだけでも約10分前後の時間がかかり、 作業効率は非常に悪い状況です。

例えば、一部の商品だけ、商品名や商品説明を編集したい場合に 全商品データをダウンロードすると、ファイルサイズも大きくなり CSVファイルを開くのに時間がかかってしまいます。

かといって、カテゴリ別に商品ダウンロードを行った場合、 商品によっては、カテゴリ違いでダウンロードから漏れてしまうというリスクがあります。

やはり、可能であれば一旦登録済みの商品データをすべてダウンロードしたうえで 漏れなく不要な商品データをチェックして、必要な商品データのみの「行」を残して 編集作業を行う事が、データ漏れのミスを減らす方法だと思います。

では、本題ですが、大量の商品データが登録されている「item.csv」を早く開く方法とは どんな方法か?これは「ある無料ツールを利用する」方法をご紹介いたします。

無料ツールの名前は「Smooth CSV」といいます。


【参考】Smooth CSV


この後にSmooth CSVのインストールから、使い方をご紹介いたします。



Smooth CSVのインストール方法・使い方


Smooth CSVとは

Smooth CSVとは、高機能・高性能なCSVファイルエディターです。フリーウェア、つまり無料で提供されています。

さまざまな形式・文字コードのCSV/TSVファイルの編集をサポートしています。

少し専門的な機能になりますが、SQLによるデータ抽出などの便利な機能もあり、有料でも十分なほどの 素晴らしい機能が備わっているフリーソフトです。

今回、このSmooth CSVを利用した、楽天のitem.csvファイルを早く開く方法をご紹介します。



Smooth CSVのインストール・設定方法

では実際にSmoothCSVをインストールする方法をご紹介します。

(1)SmoothCSVのサイトからインストーラーファイル(exeかzip)をダウンロードする

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

(2)setupファイルを開き、パソコンにSmoothCSVをインストールする

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

(3)JAVAのプログラムをインストールする

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

(4)SmoothCSVを再度立ち上げる

楽天市場のitem.csvを速く開く方法



SmoothCSVで楽天のitem.csvを最速で開く方法

パソコンにSmoothCSVがインストールできたら、実際にSmoothCSVで楽天のitem.csvを開いてみます。

当店では、item.csvの商品点数は6000点以上ありますが、エクセルで開く場合は、 約8~10分程度時間がかかっていました。

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法

楽天市場のitem.csvを速く開く方法



SmoothCSVの上手な使い方

SmoothCSVで楽天のitem.csvが最速で開くことができたかと思いますが、 SmoothCSVとエクセルの大きな違いとしては、その「編集性」にあります。

SmoothCSV上では、エクセルで利用できる関数「VLOOKUP」や「LEN」などが使えません。

そのため、せっかく最速で開くことができたitem.csvですが、 商品IDによる照合などがうまくできないと思います。

SmoothCSVは重いitem.csvを早く開くことにおいては、エクセル以上のパフォーマンスを 発揮してくれることは間違いありません。

SmoothCSVで開いたitem.csvないの不要データ行を削除して、再度CSVファイルで保存した後、 エクセル上で、不要行を削除したitem.csvを開けば、通常よりも速くCSVファイルをエクセル上で 開くことが可能となります。

現在、このSmoothCSV上でうまく編集できないかと試行錯誤中です。 上手に使いこなす方法が見つかりましたらこのページ上で改めてご紹介いたします。





楽天の商品CSVを早く開く方法のまとめ

当店の場合、楽天市場をはじめ、ヤフーショッピング、Amazon、Wowma!、ポンパレモール、Qoo10など 国内の主要ショッピングモールに多店舗展開をしていますが、商品連携システムを導入していないので 商品の登録にはCSV一括登録が本当に役に立っています。

登録する商品点数が増えれば増えるだけ、CSVファイルをエクセルで開くのに 時間がかかるというジレンマがありましたが、このSmoothCSVを知ってからは、 作業効率が格段にアップしたことは言うまでもありません。

ただし、このSmoothCSVは、CSVファイルの編集作業にはあまり向いていません。 やはり、関数やソート、絞込みなどが自由につかえるエクセルがデータの作成には 非常に重宝します。

エクセルでのCSVデータ作成、編集作業を最速化するうえで、SmoothCSVを併用することは 作業時間で言えば、50%以上の削減が可能だと体感ですが感じています。

是非、商品一括登録を使われている店舗さんでCSVファイルを開くのに時間がかかって 困っているという方は、このツールを導入されることをおすすめいたします。

参考になれば幸いです。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す