単品リピート通販のたまごリピート出店の評判と料金・メリットを徹底考察

単品リピート通販のたまごリピート出店の評判と料金・メリットを徹底考察


単品リピート通販で実績1000社以上のたまごリピートでECサイトを構築する際のメリット・デメリットから、各機能についてまで現役ネットショップ店長が考察いたします。

単品リピート通販を実現できるショッピングカート系ASPとしては、たまごリピートのほかにリピスト カラーミーリピート などがあります。

今回はたまごリピートを中心として、リピストやカラーミーリピートなどの他社サービスとの料金比較、機能比較も実施しました。

たまごリピートでネットショップ出店を検討されている方の参考になれば幸いです。



たまごリピートとは

たまごリピートの評判

たまごリピートとは、本格的なリピート通販、定期購入ができるASP、クラウドカートサービスです。

たまごリピートの特長としては、定期購入や頒布会販売といった、一定期間に注文を繰り返し行う事を自動化する購入スタイルに特化したECサービス、ショッピングカートシステムです。

定期購入の継続率に重要となる「ステップメール機能」や「アップセル機能」なども備わっています。

今回は、単品リピート通販、定期購入、サブスクリプションといった、ネット販売方法で注目されているサービスのひとつ、たまごリピートについて、料金や機能を、競合サービスである、リピスト カラーミーリピート との比較も合わせて徹底考察してみたいと思います。

定期購入通販システムを検討されている方の参考になれば幸いです。


たまごリピートのメリット

たまごリピートでネットショップを出店するメリットをご紹介いたします。


サービス導入実績が1000社以上ある

たまごリピートの強みとしては、サービス導入の実績が1000社以上あるという点です。

EC業界のなかではある程度の老舗サービスとなるたまごリピートですから、過去の対応実績からの経験を活かしたサービスが展開されています。

特に定期購入、単品リピート通販の実績が蓄積されているところが強みと言えると思います。



リピート通販に必要な機能が揃っている

たまごリピートは単品リピート通販、定期購入のネット通販に必要な機能が揃っています。

たまごリピートは、「たまごリピートASP」と「たまごリピートGOLD」という二つのプランがあるのですが、どちらでも機能制限はないというメリットがあります。

利用プランの主な違いは、サーバーが共有サーバーか専用サーバーかという点と、サーバー容量の違いがあります。

たまごリピートの機能については後程詳しくご説明いたします。



電話注文にも対応可能で注文を一元管理できる

たまごリピートの評判

たまごリピートのサービスで優れているポイントは、自社の電話受注と、外注の電話受注の両方に対応できる専用機能があるということです。

健康食品などのリピート通販では、利用者が高齢者であることもあり、インターネット以外の電話やFAXなどによる注文を希望することがあります。

こうした電話による注文も、インターネット上の注文と集約してデータ管理対応ができるというのは、対応可能なサポートセンターがあるメリットと言えますね。




たまごリピートのデメリット

たまごリピートでネットショップを出店する際のデメリットと思われるポイントをご紹介いたします。


デザインは別で用意する必要がある

これはたまごリピートのサポートセンターに実際に確認してわかったのですが、たまごリピートには、デザインテンプレートなどの用意はないそうです。

その為、ネットショップの体裁、デザインは自分で用意しなくてはなりません。

ネットショップをデザインするにはHTMLとCSSというマークアップ言語の知識と、バナーや商品画像などの作成スキルが必要不可欠です。

ネットショップを外注すると、一般的な制作会社なら50万~100万円の見積もり金額になることもありますので、費用を抑えたい方はクラウドワークス などで発注先を探すという方法もあります。



WowdpressによるSEO対策は使えない

これもマニュアルに記載があったのですが、たまごリピートではWordpressの利用ができないようです。

Wordpressと言えば、今やブログメディアを構築するには必須ともいわれるオープンソースのCMS(更新システム)です。

特に集客のためにオウンドメディアを構築して、SEO対策を検討されている方は、たまごリピートのサーバーと、Wordpressのサーバーを分けて構築する必要があります。

サーバーがわかれると、当然ドメインも異なるため、SEO効果が別建てとなり、たまごリピートの通販サイトを強化することができなくなります。

これは2018年においては、非常に大きなデメリットと感じています。



法人限定サービスである

たまごリピートは法人専用のサービスのため、個人での利用はできないです。

個人事業主の場合は、利用可能かと思いますが、詳しくは公式のお問合せページからお尋ねください。

個人の方で単品リピート通販を希望される方は、月額9800円という超低価格で単品通販を実現できるカラーミーリピート 最もがおすすめです。



固定費用が高め

たまごリピートは、リピスト カラーミーリピート など同業他社のサービスと比較した場合に固定費が非常に高いです。

たまごリピートの費用については後程詳しく解説しますが、ザックリ言っても年間で「80万円(税抜)」が必要なサービスです。

カラーミーリピート が、年間「12万円」程度ですから、その差額は、68万円もコストに差が出てきます。

法人であっても、ある程度予算が捻出できる会社でなければ、継続利用は難しいサービスかもしれませんね。




たまごリピートとリピストの比較

たまごリピートの評判

単品リピート通販を実現できるサービスとして、リピスト との比較を行ってみます。

たまごリピートとリピストの料金比較

たまごリピートの低価格プランである「たまごリピートASP」とリピストの低価格プランである「ライトプラン」を比較していみました。


たまごリピート(ASP) リピスト(ライト)
初期費用 69,800円 29,800円
月額費用 49,800円 14,800円
クレジット決済 【たまごペイメントZ】 初期:80,000円/月額:5,000円/決済手数料:3.4%/売上処理料:30円/件 【ペイジェント】 初期:50,000円/月額:6,000円/決済手数料:3.2%~3.6%/トランザクション:20円/売上処理料:10円
その他の特長 法人のみ利用可能/デザインテンプレートなし/フォーム一体型LPは追加オプションで有料 フォーム一体型LPは基本実装/ステップメール機能はスタンダードプランから

たまごリピートASPとリピストライトプランでは、リピストの方が固定費は安いことがわかりました。

ただし、リピストは、ステップメール機能などを利用するには「スタンダードプラン以上」の契約が必要です。

リピストについてより詳しい内容を以下のページにまとめていますので参考にしてください。


たまごリピートとカラーミーリピートの比較

たまごリピートの評判

単品リピート通販を実現できるサービスとして、カラーミーリピート との比較を行ってみます。

カラーミーリピートは、名前からお分かりになる方も多いと思いますが、ECサイト構築サービスで人気のカラーミーショップ を運営するGMOペパボ株式会社です。

たまごリピートとカラーミーリピートの料金比較

たまごリピートとカラーミーリピートについても料金比較を行ってみます。

たまごリピートASPと、カラーミーリピートはプランがひとつしかありませんが比較してみました。

たまごリピート(ASP) カラーミーリピート
初期費用 69,800円 無料
月額費用 49,800円 9,800円
クレジット決済 【たまごペイメントZ】 初期:80,000円/月額:5,000円/決済手数料:3.4%/売上処理料:30円/件 初期:無料/月額:無料/決済手数料:3.4%/売上処理料:30円/件
その他の特長 法人のみ利用可能/デザインテンプレートなし/フォーム一体型LPは追加オプションで有料 フォーム一体型LPは基本実装/ステップメール機能なども利用可能/デザインも予め用意あり

カラーミーリピートが安すぎるので、大丈夫かと思いますが、運営しているのはカラーミーショップ でおなじみのGMOペパボ株式会社ですから、安心ですね。

カラーミーリピート ってこんなに安くてどこまでできるのか?については以下のページをご確認いただければと思います。


たまごリピートの機能表

たまごリピートでは、ネットショップの運営において、大きなくくりとして以下のような機能が備わっています。

  • 定期専用機能
  • カート機能
  • インバウンド・アウトバウンド機能
  • 分析・販促機能
  • バックヤード管理機能
  • 通販インフラ

定期専用機能

たまごリピートの評判

定期専用機能では、定期コースのお届け日の変更や支払方法の変更など、バックヤード的な機能から、クーポン作成機能や定期特典のプレゼント機能などもあります。

定期購入では、消費者、ユーザーは、特定期間に数回商品の注文が自動的に行われるため、LTV(ライフタイムバリュー)を重視される傾向があります。


カート機能

たまごリピートの評判

カート機能は、単品リピート通販システムの根幹ともいえる機能です。

クーポンやポイントの発行機能や、自動返信メール配信から、アフィリエイトなどの解析もできます。

また、レコメンド機能も搭載されているため、カートに入れた商品をもとにした、アップセルやクロスセルも対応ができるようです。


インバウンド・アウトバウンド機能

たまごリピートの評判

インバウンド、アウトバウンド機能は、通常の総合通販とことなり、単品リピート通販ならではの機能と言えるでしょう。

無料サンプルを電話で受注出来たりするあたりは、大手企業系にはうれしい機能なのではないでしょうか。


分析・販促機能

たまごリピートの評判

分析・販促機能では、定期購入の新規獲得数や解約数などの確認ができるほか、顧客分析、ステップメール配信、広告分析からメルマガの配信などが行えます。

ネットショップの運営に分析と販促、広告の利用は重要な施策となりますので、分析、販促機能は毎日利用する機能だと思います。


バックヤード管理機能

たまごリピートの評判

バックヤード管理機能は、主に注文に関する管理と顧客管理などを行う管理画面業務が中心となります。

また「楽天受注メール自動取込み」という楽天市場で受注した注文をたまごリピートで処理できる機能もあるようです。

機能一覧を見る限りは、必要な機能はそろっているように思います。


通販インフラ

たまごリピートの評判

通販インフラ機能としては、主にネット通販の決済方法に関する機能がまとめられています。

クレジットカード決済はネット通販では必須の支払方法ですが、代引きや銀行振込、コンビニ決済、後払いも需要のある決済方法で導入が必要だと思います。

たまごリピートではHTMLページをアップするのにFTPの利用が可能となっています。



たまごリピートの料金表

たまごリピートが提供するサービスには、「たまごリピートASP」と「たまごリピートGOLD」の二つの料金プランがあります。

たまごリピートの料金プランの違いは、機能面には差はなく、容量によってプランが異なるという仕様のようです。

2018年4月時点での公式料金表から、年間費用を算出してみました。

たまごリピートASPの料金表

たまごリピートの評判

たまごリピートASP
初期費用 69,800円
月額費用 49,800円
機能 すべての標準機能を利用可能(機能制限なし)
サーバ 共用タイプ(20GB)、月間出荷数上限1,000件 ※1件超過につき30円加算
クレジット決済 【たまごペイメントZ】 初期80,000円、月額5,000円、決済手数料3.4%、売上処理料30円/件

【たまごペイメントG】 初期80,000円、月額5,000円、決済手数料3.4%、売上処理料30円/件
サポート メールサポート、電話サポート、マニュアル一式
その他 独自ドメイン利用可能、専用SSL証明書利用可能

たまごリピートASPの一年間の総費用

初期費用=69,800円(税込75,384円)
月額費用=49,800円×12ヶ月=597,600円(税込645,408円)
たまごペイメント初期費用=80,000円(税込86,400円)
たまごペイメント月額費用=5,000円×12ヶ月=60,000円(税込64,800円)

合計金額=807,400円(税込871,992円)


たまごリピートGOLDの料金表

たまごリピートの評判

たまごリピートGOLD
初期費用 99,800円
月額費用 79,800円
機能 すべての標準機能を利用可能(機能制限なし)
サーバ 専用サーバ、CPU:Xeon E5620 メモリ:16GB HDD:1TB(RAID1)
クレジット決済 【たまごペイメントZ】 初期80,000円、月額5,000円、決済手数料3.4%、売上処理料30円/件

【たまごペイメントG】 初期80,000円、月額5,000円、決済手数料3.4%、売上処理料30円/件
サポート メールサポート、電話サポート、マニュアル一式
その他 ・独自ドメイン利用可能、専用SSL証明書利用可能/ ・ショップ追加OK(別アカウント扱い)/1店舗につき、月額29,800円、初期費用49,800円

たまごリピートGOLDの一年間の総費用

初期費用=99,800円(税込107,784円)
月額費用=79,800円×12ヶ月=957,600円(税込1,034,208円)
たまごペイメント初期費用=80,000円(税込86,400円)
たまごペイメント月額費用=5,000円×12ヶ月=60,000円(税込64,800円)

合計金額=1,197,400円(税込1,293,192円)


たまごリピートASP、たまごリピートGOLDのどちらにも共通して言えるのはカスタマイズは不可ということです。

たまごリピートASPとたまごリピートGOLDの違いは、サーバーが共用か専用かという点と、ショップ追加が可能かどうかという点です。

通常であれば、たまごリピートASPで問題はないと思います。


たまごリピート出店の評判のまとめ

今回は単品リピート通販で注目されているたまごリピートについて、同業他社のサービスである「カラーミーリピート 」と「リピスト 」の比較と合わせて考察してみました。

たまごリピートは第一に法人限定のサービスであるため、個人の方は利用することができません。

また、年間80万円以上の固定費が必要となるため、ある程度予算化が可能な企業でなければ利用を継続するのは難しいと思います。

価格面でどうしても難しい方は、カラーミーリピート は非常にオススメのサービスです。

単品リピート通販は、「平成28年改正特定商取引法」の改定で、商品に対する総額表示や解約条件なども確認画面上で表示が必須となったため、成長率は少し引き下がるように思っています。

単品リピート通販自体は、EC市場と同じく、まだまだ伸び白はあると思いますので、ご自身に最適なサービスを見つけて、単品通販、定期販売通販にチャレンジしてみてください。

今回の記事の内容が、単品リピート通販の出店先を検討されている方の参考となれば幸いです。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

コメントを残す