【教えて!】商品連携・在庫連携システムってどこのを使っていますか?


【教えて!】商品連携・在庫連携システムってどこのを使っていますか?

在庫連携システム

本日は、売れるネットショップの教科書サイトを開設して以来、初めての試みです。

と言いますのも、当店では、2018年中にネットショップの年商10億円を目指して ある「秘策」を実施する予定で準備しているのですが、ひとつ「問題」が発生しているのです。

年商10億円への進捗状況としては、2017年に年商3億円を突破してから、 軌道に乗ると思われていた矢先に「物流クライシス」ともいえる、物流大手各社の値上げが行われました。

その影響は、当店のように、かさばるケース販売商品を扱う店舗にはダメージ直撃となり、 2018年4月には、ゆうパックの再値上げが確定しています。

今聞いている話だけでも、2000~3000円の値上げというあまりにも殺生な値上げに絶望しているところです。

まぁ元々の契約運賃が優遇されすぎていたことが一番の原因なのですが、 今回の運賃値上げは、一般的な運賃と同レベルまで引き上げられる結果となりました。

しかし、年商10億円達成のためには、例え物流コストが上がったとしても それを言い訳に諦めることもできないわけです。

スヌーピーの漫画の中で、こういうやりとりがあります。

ルーシー「Sometimes I wonder you can stand being just a dog ….」
(時々、わたしはどうしてあなたが犬なんかでいられるのか不思議に思うわ。)

スヌーピー「You play with the cards you’re dealt …whatever that means.」
(配られたカードで勝負するしかないのさ…。それがどういう意味であれ。)

うーん、深いですね。

ポーカーなど行うときによく引用される言葉ですが、配られたカードが何であれ その手札を元に、強い役を作ることを目指す以外に方法はありません。

与えられた環境の中で何ができるのか?

「○○だからできない!」
「○○さえ手に入れば全てうまくいくのに!」

これは、叶わぬ願望であり、現実逃避にしかなりません。

物流コストが上がっているのは、当店以外の店舗さんも等しく同様です。

「値段が上がるのなら、余所で購入します。」

というメッセージをいただいたのは一度や二度ではありません。

当店でも、多くのお得意様を物流運賃値上げによる価格上昇で失う事になりました。

これまで4000円で購入できていた商品が、送料値上げで5500円~6000円になれば 個人消費者の方からすれば、「よそで買う」というのは正しい選択だと店長も思います。

今回、当店が考えている年商10億円達成の「秘策」というのは依然もブログで ご紹介しましたが「商品数を増やし、アクセス数を稼ぐ」という手法です。

当たり前の手法ですが、「商品登録予定数は約5万点」という桁違いの登録を CSVファイルによって実現させようと思っています。

無謀ですよね・・・。

ただ、やればできるんですよ。

店長、今から約7年ほど前になりますが、 とある団体の商品登録を約5万点ほど実施したことがあります。

当時もCSVファイルを使い、MySQLという技術で データベースに直接登録するような対応を行っていました。

登録期間としてはわずか3日間程度でした。

もちろん、エラーも発生しますし、トラブルによる クライアントクレームの電話とメールもひっきりなしに起こっていました。

それでもやり遂げることはできたという 断固たる自信があります。

今、この5万点の商品登録で、問題となっているのが、 商品の登録自体ではなく「登録した後の事」についてです。

ネットショップを運営していれば、商品の改廃が必ず発生します。

また、在庫の少ない商品を他店舗展開で運用していた場合、 「在庫連携」の仕組みが必要となります。

店長の店舗では、商品連携、在庫連携のシステムを導入していないため、 CSVによる一括管理をモールの数だけ繰り返し実施している まさに「人海戦術」を実施しています。

それも、店舗担当者は店長含め、わずかに3名です。

そのうち一人は、「受注処理作業」も行っているため 商品登録と、顧客対応は、残り2名体制で実施しています。

前置きが長くなりましたが、今、店長は「商品連携、在庫連携システム」を 利用されている店舗さんの「声」をお聞かせいただきたいと思っています。

さすがに、5万点の商品を追加すると、商品改廃や在庫管理は システムの力なくしてはできないことも痛感しています。

読者のみなさんが、現在利用されている「商品連携・在庫連携システム」で 良いサービス、悪いサービス、ともにご教授いただければ幸いです。


とくに、情報をいただいた方にお礼ができるわけではないのですが、 いただいたお声を元に、商品連携システム・在庫連携システムの 考察記事を作ってみたいと思います。

一人でも多くの方に、より効率的な商品管理ができることを期待して 皆さんの貴重な情報を、是非お寄せいただければと思います。


また、こうした日々の店舗運営において、 バックヤード、管理画面の重要性についても 非常に大切なポイントだと考えています。

そこで、店長が日々ログインしているバックヤードシステムについて それぞれの特性や機能を少しずつ紹介するブログも始めました!

こちらは、楽天RMSやヤフーショッピングのストアークリエイターProなどの バックヤードシステムの機能考察を実施していきたいと思っています。

細かい内容になりますので、一つの記事については、 ひとつの内容にまとめるように気を付けたいと思います。



本日の記事の一部でも読者の方の参考になれば幸いです。

読者の方のまわりにネットショップのことでお困りの方がおられましたら、 是非売れるネットショップの教科書サイトをご紹介していただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


売れるネットショップの教科書がここには書けない「裏ワザ」をLINEだけに配信予定!


今後の予定として、「裏技的な手法」をLINEで公開する予定です。

ウェブ上では制約上ご紹介しにくい「ネットショップの裏技」が存在します。

インターネット上で公開することで、主催者側(モールですね)が対応策を打たれたりすると この裏技が利用できなくなる、といったテクニックなどです。

こうした「特別な裏技」については今後は「LINE」にて限定配信する予定です。
是非、今のうちからアカウントをフォローしておいていただければと思います。

もちろん、LINEのフォローについても完全無料ですのでご安心ください。

LINEについては、本当にキレッキレの情報のみに特化して、配信回数も非常に少ないと思います。

フォローしていただいてもあまりご迷惑にならないと思いますので是非ともフォローしておいてくださいませ!

友だち追加

月間10万PV以上のアクセス数を獲得できる広告枠を完全無料提供いたします!アクセスアップにご利用ください。

ネットショップの商品やEC支援会社さんのサービスをこの売れるネットショップの教科書サイトで完全無料でバナー告知できるようになりました!

無料でバナー広告掲載

ネットショップのアクセスが少なくてお困りの方や、とても良い店舗支援サービスをリリースしたけど認知が低い会社さんなど 是非、当サイトのアクセス数(現在月間10万PV以上)を告知の場所としてご利用くださいませ。 もちろん費用は「完全無料、ゼロ円」ですから、ご安心ください。


売れるネットショップの教科書サイトは一日当たりの平均PVが3000PV以上になりました。
一カ月あたりのPVは約10万PV以上です。
サイトへの新規ユーザーの流入率は約80%です。常に新規の読者さんがサイトに訪問してくれています。

是非アクセスアップの一助にご利用くださいませ。


Wowma!に一年間無料で出店できるキャンペーン開催中!

Wowma!一年間無料で出店できる!ホワイトスペース、ブルーオーシャンでの売上アップを目指しましょう。

Wowma!無料出店の詳細はこちら



ネットショップの運営、開業でお困りの方は 遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。




より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。

ネットショップ無料カウンセリングフォーム
本日の情報が読者の方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。


今日の釣果
「今日の釣果」とは、筆者が運営しているネットショップの売上目標を「年商10億円」に設定し、その目標を達成するまでの進捗状況を公開することで、本当に年商10億円を達成しようというブログです。年商10億円をネットショップのみで売上達成させる日までブログを更新し続けていきます。

年商10億円を達成するためには、平均月商8,400万円の達成が必要です。
楽天市場をはじめ、Yahooショッピング、Amazon、ポンパレモールなどのモールでの販売における日々の気づきや売れ筋の商品などの情報を公開していきます。

ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


現在の年商(直近1年間の売上総額)

2億6433万2759円

直近1年間の月次売上

2018年2月¥16,263,820
2018年1月¥16,788,717
2017年12月¥16,619,471
2017年11月¥13,753,050
2017年10月¥12,002,830
2017年9月¥21,494,032
2017年8月¥26,625,083
2017年7月¥37,671,561
2017年6月¥29,834,215
2017年5月¥22,986,507
2017年4月¥24,806,553
2017年3月¥25,416,226


本日までの釣果|月次売上

¥11,433,299

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

14%


今月の主要モールの受注件数

2018年3月19日(月)



本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、毎日○○DAY!のイベント企画として本日は「贈り物準備DAY」を開催。卒業祝いや退職祝いなどにおすすめのギフト商品をピックアップ紹介。
Amazon Amazonでは「Fireタブレット」シリーズをセール価格にて販売中。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは、Yahoo!プレミアム会員の登録が、最大で6カ月間無料でお試しできるキャンペーンを開催中。ヤフーカードの利用と合わせるとポイントが常時10倍以上になりやすいためメリット大。
ポンパレモール ポンパレモールでは母の日セレクションという母の日ギフトの特集ページを公開中。定番のフラワーギフトから、スイーツ、コスメなどポンパレモールでの人気ギフト商品をピックアップ紹介。
Wowma! Wowma!では、2018年の3月末まで、Wowma出店初期費用、月額利用料が無料のキャンペーンを開催中。Wowma!出店の詳細はこちら
その他の情報 ヤマト運輸は2018年4月1日から、宅配便の荷物をコンビニ店頭や宅配ロッカーなどで受け取った顧客に「Tポイント」を付与する新たなサービスを開始することを発表した。

今日は何の日?【3月19日】

◆ミュージックの日
…音楽関係者の労働団体・日本音楽家ユニオンが1991(平成3)年に制定した。「ミュー(3)ジック(19)」の語呂合せから。

◆カメラ発明記念日
…1839年の3月19日、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明した。

◆立庁記念日(神奈川県)
…慶応4(1868)年の3月19日、明治政府が幕府から接収した神奈川奉行所を横浜裁判所に改めたことに由来。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場のデイリーランキングでは、爽快ドリンク専門店の「クリスタルガイザー(500mL*48本入)」が久しぶりの第一位を獲得した。ミネラルウォーターはネット通販でも需要の高い商品で、ランキング上位常連。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、おうちdeマーケットYahoo!店の「送料無料 讃岐生うどん12食 ポイント消化」が第一位を獲得した。おうちdeマーケットYahoo!店は、この商品でのランキング第一位獲得が続いている。


Yahoo!検索ワードランキング

ヤフー検索検索ワードランキング

店長のどうでもいいつぶやき

今週は一週間雨模様です。雨の日はネットショップが売れる日というジンクスがあります。あやかりたい・・・(切実)




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを低コストで出店するならカラーミーショップがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるサービスに「 BASE (ベイス) 」というサービスが人気がありますが、月商10万円以上のネットショップを目指すのであればカラーミーショップ の方がコストパフォーマンスが高くなるのでおすすめです。


ネットショップBASEとカラーミーショップの月商別手数料・コストを徹底比較


また、カラーミーショップはEC業界の中では、サポート体制が非常に充実しているのでショップ開設後も安心のサービスです。

ネットショップの電話サポートがある「カラーミーショップ」のサポート体制の種類と評判






売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す