[徹底検証]楽天市場とヤフーショッピングでは何が違うのか?

439 views
今日の釣果
「今日の釣果」とは、筆者が運営しているネットショップの売上目標を「年商10億円」に設定し、その目標を達成するまでの進捗状況を公開することで、本当に年商10億円を達成しようというブログです。年商10億円をネットショップのみで売上達成させる日までブログを更新し続けていきます。

年商10億円を達成するためには、平均月商8,400万円の達成が必要です。
楽天市場をはじめ、Yahooショッピング、Amazon、ポンパレモールなどのモールでの販売における日々の気づきや売れ筋の商品などの情報を公開していきます。

現在の年商(直近1年間の売上総額)

2億9681万8403円

直近1年間の月次売上

2017年9月¥21,494,032
2017年8月¥26,625,083
2017年7月¥37,671,561
2017年6月¥29,834,215
2017年5月¥22,986,507
2017年4月¥24,806,553
2017年3月¥25,416,226
2017年2月¥20,923,165
2017年1月¥20,428,399
2016年12月¥24,203,039
2016年11月¥20,537,935
2016年10月¥21,820,994

本日までの釣果|月次売上

¥3,215,968

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

4%


今月の主要モールの受注件数

2017年10月7日(土)

  • 【楽天市場】 359件
  • 【楽天市場2号店】 27件
  • 【Amazon】 65件
  • 【ヤフーショッピング】 44件
  • 【ポンパレモール】 6件
  • 【Wowma!】 13件
  • 【Qoo10】 24件


本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、毎日○○DAY!のイベント企画として、本日は「暮らし応援DAY」を開催中。320万点以上の商品に対して10%割引クーポンを発行。
Amazon Amazonではファッションジャンルのカテゴリ強化を2018年中の方針として掲げている。Amazon Fashionでは「スポーツの秋セール祭り」を開催中。タイムセールや15%OFFクーポンなどで販売促進を図る。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは新しいイベント企画として「爆走リレー」を開催中。エントリーして、2ストア以上で買い物をすれば、Tポイントが+5倍となる。
ポンパレモール ポンパレモールでは、HAPPY HALLOWEEN企画を開催中。ハロウィンの仮装コスチュームを中心に商品紹介。
Wowma! Wowmaでは、「がんばる私へのご褒美スイーツ特集」を開催中。スイーツの人気ショップであるLeTAO、神戸Flantzなどをはじめ、おいもや宇治抹茶などの季節の人気スイーツを紹介。
その他の情報 Qoo10(キューテン)では、10月7日(土)~10月10日(火)まで「Qoo10day」を開催中。Qoo10での高額商品である家電などを中心として、カートクーポンを発行。

今日は何の日?【10月7日】

◆盗難防止の日
…日本損害保険協会が2003(平成15)年に制定。「とう(10)なん(7)」の語呂合せ。

◆ミステリー記念日
…1849年のこの日、ミステリー小説(推理小説)の先駆者・エドガー・アラン・ポーが亡くなった。

◆バーコードの日
…1952年のこの日、アメリカでバーコードの特許が認められた。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天デイリーランキングは、「「忍びの国」 豪華メモリアルBOX【Blu-ray】」のランキング入りが目立った。1位・2位・4位・5位を獲得。また、第3位に話題のAIスピーカー「Google Home」が初登場で第三位にランクイン。AIスピーカーは新しい音声デバイスとしても注目されており、Amazonなどもリリースする予定。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、「野草酵素 約1ヵ月分」が「玉ねぎスープ オニオンスープ お試し 3包入り 淡路島産100%」を抜いて再び第一位を獲得。ヤフーショッピングのデイリーランキングトップ4がすべて食品系のお試し送料無料商品となった。


楽天市場とヤフーショッピングでは何が違うのか?

楽天市場とヤフーショッピングの違い

ネットショップの出店の際に、比較検討されることが多いのが
楽天市場とヤフーショッピング
です。

どちらも、日本国内では、主要なショッピングモールですが、
楽天市場とヤフーショッピングのどちらに出店する方が メリットがあるのか?売上げがあがりやすいのか?
という質問をいただくことが増えてきました。

楽天市場とYahooショッピングについて、 ネットショップの出店という観点から、 現在どちらのモールにも出店している店長として すこし考察してみたいと思います。

まず、楽天市場について

楽天市場のネットショップ出店について

楽天市場は、日本国内においては、 最も流通額が大きなショッピングモールです。

楽天グループ全体のEC流通額は3兆円を超えました。 仮に楽天市場の流通額がその半分だとしても

1.5兆円

のモールということになります。

Amazon.co.jpは2016年の流通総額は1.1兆円と発表していますので 楽天市場は事実上、Amazonを抜いて、第一位のモールといえます。

楽天市場は、最も売れているモールであることはお分かりいただけたと思いますが、 2017年10月時点での楽天市場の出店店舗数はおよそ4万4千店舗あります。

各ジャンル・カテゴリごとに強豪店舗が存在しており、 強豪店舗と同じ商品を販売することで楽天市場への出店を検討されているのであれば なかなか難しいのではないかと思います。

楽天市場に新規参入して成功する可能性のある ネットショップ、商品というのは、ずばり、

グルメ・ギフト系商材

です。

グルメジャンルやギフトジャンルは、 オリジナル要素が高く、他の店舗との差別化が図りやすい商品です。

もし楽天市場で成功するネットショップを運営したいのであれば グルメ・食品・ギフト系ジャンルでの出品を検討してみてください。


ヤフーショッピングのネットショップ出店について

ヤフーショッピングは、楽天市場と比較すると、 まだまだ流通額の大きさでは楽天市場のほうが圧倒的に大きなモールです。

ただし、ここ数年、ヤフーはグループを挙げて ショッピング事業、EC事業への資本投下によるモール強化策を打ち続けています。

特に、ヤフープレミアム会員とソフトバンクユーザーへのポイント高還元については 常時10倍還元という施策を行っています。

ユーザーにとっては、ポイント、それも流通している「Tポイント」が常時 10倍以上還元されるのは大きなメリットであり、どうせかうなら ヤフーショッピングにしようか、という選択肢が与えられ続けているわけです。

出店者としては、ヤフーショッピングの出店店舗数が、 2017年10月時点で51万店舗超と言われていますので 楽天市場の11倍以上の出店数となります。

それだけに競争は激しく、商品の露出も非常に難易度が高いです。

ヤフーショッピングで商品を露出させるには モールのSEO対策はもちろん対応が必要ですが、 それだけでは商品露出は難しいと思います。

ヤフーショッピングには商品露出率を高める広告として

「PRオプション」

という広告があります。

出品中の全商品に広告効果を与える以外にも 商品別で、PRオプションの設定料率を変えることも可能です。

ヤフーショッピングは出店に関する固定費は無料ですが
販売時の決済手数料が約3%、
ポイント原資として2.5%~
アフィリエイト手数料が1%~
と、約7%程度は成約時の手数料がかかります。

PRオプションは上記の手数料とは別に、 指定のパーセンテージで、広告効果をかけ、 商品の上位露出を目指す広告です。

当店も一時期3%~7%程度のPRオプションを 設定していました。

効果としては、たしかに露出はされていると バックヤードの数字ではわかるのですが、 実際にPRオプションを利用したから良く売れた という感覚には至っていません。

もちろん販売する商材との相性もありますので 必ずしもPRオプションを使えば売れるかといえば そうではありませんので注意してください。

楽天市場とヤフーショッピングの違いについて より詳しい情報を知りたい方は以下のページにまとめていますので参考にしてください。

【参考】どっちがおすすめ?楽天市場とヤフーショッピングの出店の違いと費用の比較


参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。



ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す