自社ECサイトはモールよりも売れない?自社ECサイトのデメリットとは?

317 views
今日の釣果
「今日の釣果」とは、筆者が運営しているネットショップの売上目標を「年商10億円」に設定し、その目標を達成するまでの進捗状況を公開することで、本当に年商10億円を達成しようというブログです。年商10億円をネットショップのみで売上達成させる日までブログを更新し続けていきます。

年商10億円を達成するためには、平均月商8,400万円の達成が必要です。
楽天市場をはじめ、Yahooショッピング、Amazon、ポンパレモールなどのモールでの販売における日々の気づきや売れ筋の商品などの情報を公開していきます。

現在の年商(直近1年間の売上総額)

3億393万2621円

直近1年間の月次売上

2017年8月¥26,625,083
2017年7月¥37,671,561
2017年6月¥29,987,901
2017年5月¥22,986,507
2017年4月¥24,806,553
2017年3月¥25,416,226
2017年2月¥20,923,165
2017年1月¥20,428,399
2016年12月¥24,203,039
2016年11月¥20,537,935
2016年10月¥21,820,994
2016年9月¥28,608,250

本日までの釣果|月次売上

¥11,656,468

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

14%


今月の主要モールの受注件数

2017年9月13日(水)

  • 【楽天市場】 1,601件
  • 【楽天市場2号店】 166件
  • 【Amazon】 201件
  • 【ヤフーショッピング】 169件
  • 【ポンパレモール】 18件
  • 【Wowma!】 37件
  • 【Qoo10】 86件


本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、毎日○○DAY!として、本日は「誕生日ギフトDAY」を開催中。友達のタイプ別に誕生日プレゼントのオススメ商品を紹介。
Amazon Amazonでは、秋冬ファッション特集として、靴やバッグ、スポーツ用品などを10%OFFにて特集販売中。大きなカテゴリとしては、MEN・WOMEN・Girls・Boys・Sportsの5つ。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは、「ハロウィンフェスタ2017」を開催中。年々市場が拡大しているハロウィンの仮装グッズを中心に紹介。
ポンパレモール ポンパレモールでは、「HAPPY HALLOWEEN」特集を開催中。コスプレ・スイーツ・パーティグッズを紹介。
Wowma! Wowmaでは、誰でもポイント最大11%がもらえる24時間限定のポイント還元イベントを開催中。
その他の情報 ユニクロとジーユーのオンラインストアの決済方法として、後払い決済を導入したことを発表。これまでは「クレジットカード決済(一括払いのみ)」「代金引換払い」に対応していた。後払い決済導入で、新たな顧客層のニーズを取り込む目論見。

今日は何の日?【9月13日】

世界の法の日…1965年の9月13日から20日までワシントンで開催された「法による世界平和第2回世界会議」で、9月13日を「世界法の日」とすることが宣言された。

乃木大将の日…1912(大正元)年のこの日、乃木希典大将が、明治天皇の大喪の日に、夫人とともに殉死した。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天デイリーランキングは、「電子タバコ リキッド smiss社 正規品 EMILI MINI+ (エミリミニプラス)【リキッド 10本付】」が初のランキング一位を獲得。ランキングトップ5内に、電子タバコ商品が3つランクインしていた。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、「今ならポイント3倍 送料無料 熊本みかん 1.5kg 規格外訳あり 3セット」がランキング第一位を獲得。ランキング内には常時ランクインしていたが、一位は久しぶりの獲得。


自社ECサイトはモールよりも売りにくい?自社ECサイトのデメリットとは?

自社ECサイト

普段は楽天市場やAmazon、ヤフーショッピングやポンパレモールといった、いわゆるショッピングモールでの
ネットショップ運営について、当店の売上状況を公開しながら解説していますが本日は「自社ECサイト」について少し書いてみたいと思います。

自社ECサイトとは、ネットショップのメイン機能である「ショッピングカート機能」を中心とした、
ネットショップ構築サービスのことをここでは定義します。

具体的なサービス名としては、ショップサーブFutureshop2MakeShopカラーミーショップなどを代表とする「ASP系カートサービス」や
BASESTORES.jpなどの簡単無料系ECサービス、EC-CUBEなどのEC特化型CMSなどがあります。

どのサービスもそれぞれに強みとなる機能やサービスがありますが、モールとの違いとして共通しているメリット・デメリットがあります。

モールと自社ECサイトの一番の違いは、モールでは販売手数料が必要であるのに対して、自社ECサイトの多くは、販売時の手数料は決済手数料程度で済むところです。
パーセンテージで言えば、本当にザックリとした数字ですが、モールの場合、受注額の約10%程度がモールへの手数料として必要です。
自社ECサイトの場合、決済手数料として、クレジットカード決済なら、約4%~5%程度の手数料が必要となります。

また、ショッピングモール、特に楽天市場の場合は、出店にかかる月額利用料などが比較的高額で、がんばれプランなら、月額19800円が必要です。スタンダードプランにすれば、月額5万円となり、これはなかなか高い家賃になります。また、楽天市場は、CSVによる商品登録機能を利用する場合は、別途月額1万円が必要です。

自社ECサイトの構築の場合、利用するサービスによって、月額料金はバラバラですが、安いサービスなら、カラーミーショップの最安プランなら月額900円でネットショップを運営できます。商品点数などによってプランが変わるサービスもありますので、月額利用料が楽天市場以上になるカートサービスもあります。

自社ECサイトは、成功しているネットショップであれば、モールでかかる固定費と販売手数料がかからないため、
非常に高い利益率を確保できるというメリットがあります。

ただし、これはほんの一部で、約8割以上のネットショップは「売れないネットショップ」と言っても過言ではないほどに
自社ECサイトの運営はモール以上に難しいのです。

何故自社ECサイトの運営が難しいのか?

何が難しいのかについては、「売上を上げることが難しい」のです。

楽天市場やヤフーショッピングなどのモールは、
モールが集客してくれます。
Amazonは、国内ショッピングモールのなかでは最も集客力があり、
月間のアクセス数は、4億アクセスを超えているというデータがあります。

自社ECサイト

モールは「集客はモールにまかせられる」という恩恵がありますが
自社ECサイトはこれがほぼゼロです。

だれもお客さんをネットショップへ呼び込んでくれないのです。

自社ECサイト

ショップサーブであれカラーミーショップであれ、
それはほとんど差がありません。

一部オプション機能で、他のネット販売スペースへ商品を露出できる
一種の広告機能はありますが、それでも自社ECサイトへの送客ができなくては
焼石に水程度の施策にすぎません。

自社ECサイトの集客方法については非常に重要なポイントとなりますので
明日も、より詳しい内容をご案内したいと思います。

【参考】【現役店長が教える】ネットショップ開業にオススメなASPショッピングカート 2017


参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。



ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す