ECサイト年商10億円計画|本日はAmazonの売上を初公開!

120 views
今日の釣果
「今日の釣果」とは、筆者が運営しているネットショップの売上目標を「年商10億円」に設定し、その目標を達成するまでの進捗状況を公開することで、本当に年商10億円を達成しようというブログです。年商10億円をネットショップのみで売上達成させる日までブログを更新し続けていきます。

年商10億円を達成するためには、平均月商8,400万円の達成が必要です。
楽天市場をはじめ、Yahooショッピング、Amazon、ポンパレモールなどのモールでの販売における日々の気づきや売れ筋の商品などの情報を公開していきます。

現在の年商(直近1年間の売上総額)

3億144万5124円

直近1年間の月次売上

2017年5月¥22,986,507
2017年4月¥24,806,553
2017年3月¥25,416,226
2017年2月¥20,923,165
2017年1月¥20,428,399
2016年12月¥24,203,039
2016年11月¥20,537,935
2016年10月¥21,820,994
2016年9月¥28,608,250
2016年8月¥27,797,223
2016年7月¥34,278,888
2016年6月¥29,647,945

本日までの釣果|月次売上

¥20,256,626

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

24%


今月の主要モールの受注件数

2017年6月21日(水)

  • 【楽天市場】 2,743件
  • 【Amazon】 1,188件
  • 【ヤフーショッピング】 255件
  • 【ポンパレモール】 40件
  • 【Wowma!】 161件
  • 【Qoo10】 97件

本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、本日も楽天スーパーセールを開催中。明日の夜中2:00で終了するため、今夜が楽天スーパーセールのラストスパート!
Amazon Amazonでは、kindleのセール販売をトップページで紹介。kindleは書籍数千冊を持ち歩けるというコンセプトの電子書籍端末。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは、楽天スーパーセール終了直後の22日からプレミアムセールを開催予定。トップページメインエリアでもプレミアムセールの告知を掲載中。
ポンパレモール ポンパレモールでは、「お中元・夏ギフト」商品の特集イベントを開催。お中元ギフトもネット通販利用者が年々増え続けている。
Wowma! Wowmaでは、24時間限定で、ポイント最大11%が誰でももらえるイベントを開催中。wowma!は現在の商品点数は2000万点とトップページに掲載されている。
その他の情報 卸のネットショッピングモールである「NETSEA(ネッシー)」は、本日12時から「オークファン×NETSEA10周年記念セール」を開催。その開幕祭ではNETSEAの人気のサプライヤー8社が、 スーパーゲリラセール以上の割引率で48時間、全商品大幅割引を行うイベントを開催。

今日は何の日?【6月21日】

冷蔵庫の日
スナックの日
1957年 - 近畿日本鉄道が初の冷房特急の運転開始。
1962年 - 産経新聞で、司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』の連載が始まる。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
本日は1000円以下の商品をピックアップしてみました。楽天デイリーランキングは本日も食品や消耗品が売れ筋となる傾向が強くあらわれていた。いよいよ楽天スーパーセールも大詰め!本日の20時以降が楽天の売上第二波ともいえる注文増加、アクセス増加の絶好の好機。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーランキングは、第一位に「5セカンズシャイン」という爪磨きの商品が初登場。人気テレビ番組の「月曜から夜更かし」で紹介されて、特需となった模様。その他のランキング商品は、楽天市場と異なり、1000円以下商品が多数ランクイン。楽天市場では、1000円以下の商品よりも、単価がある程度高くても、商品そのものに魅力があるものが売れる傾向にある。


【本日は特別!】当店Amazonの売上を初公開!Amazonの敵はAmazon?!

Amazonの売上状況
楽天市場では、楽天スーパーセールが本日の夜にクライマックスを迎えますが、
本日は、当店のAmazonの売上状況について初めての解説をしてみたいと思います。

Amazonでのネット販売は、楽天市場やヤフーショッピングと大きく異なる点があります。

楽天やヤフーショッピングがネットショップという「店舗」を構える「テナント型」出店なのに対して、
Amazonでネット販売を行う方法は、「商品」を出品する「出品型」の出店となります。

出店プランについては、月額利用料が不要な「小口出品プラン」
月額利用料3900円の「大口出品プラン」の二つがあり、
当店では、「大口出品プラン」にてAmazonに出店しています。

それぞれのプランについては以下のページに詳しくまとめていますので
Amazonへの商品出品、ネットショップ出店に興味がある方は
参考にしてみてください。

【参考】Amazon 出店方法 小口出品と大口出品の手数料の違いプラン比較


もちろん、販売者としてのショップ情報や、特定商取引に関する表記などは必要ですし、
販売者登録の申請も、楽天市場同様に審査があります。

Amazonでは、Amazonという企業自体も商品を販売していますが、
われわれのようなネットショップ運営者も、Amazonの中に商品を出品することができます。

この一般店舗の商品出品の場をアマゾンでは「マーケットプレイス」と呼んでいます。


では、実際に当店の直近1ヶ月間の売上状況をご紹介いたします。

当店のAmazonの直近月商は601万円


Amazonの売上状況


直近一カ月間の売上、月商は601万円でした。6月に入って、梅雨入りしたものの
雨の日がほとんどなかったことと、気温が高くなったこともあり、当店では
主に飲料製品の売上が伸びたことがこの月商の理由です。

当店における、Amazonでの出店販売は、その80%の売上は「飲料製品」でできていると言っても過言ではありません。


当店のAmazonの月間商品販売数は1874商品


Amazonの売上状況


月間の商品販売数は1874商品でした。

先の売上同様、商品の80%以上は飲料製品が売れています。


当店のAmazonの月間ページビュー(PV)は36万ページビュー


Amazonの売上状況


これは、今回調査してみて、店長も初めて気づいた点でした。
Amazonはモール全体では、月間4億PV以上あると言われています。

全体から、当店のPVの比率をみると、0.09%に過ぎないです。

ただ、たったの0.09%のPVでも、36万PVになるところが
Amazonのすごいところと言えます。

このPVを稼いでいる秘密は、後でご紹介する商品のカート獲得率にも理由がありますが
当店では、Amazon内の広告である「スポンサープロダクト広告」に出稿していることも大きな理由です。

スポンサープロダクト広告については、詳しくはまた別の機会にご紹介するとして、
簡単に説明すると、クリック課金型の広告で、ユーザーの検索するキーワードに応じて、
自分のネットショップで販売している関連商品を、検索結果最下部に表示させることができる広告です。

当店に関しての結果となりますが、広告効果は、なんと1%~2%の間をここ数カ月間維持しています。

スポンサープロダクト広告は、非常に費用対効果の高い広告と言えると思います。


当店のAmazonの平均カート獲得率は6.34%


Amazonの売上状況


これが、Amazonで商品を販売する時に最も重要な要素です。

楽天市場やYahooショッピングでは、商品名などで検索した場合、
基本的にそのキーワードに対して、「売れている順」で商品が表示されます。

キーワードに関する商品を販売している出品者の商品で、売れている商品であれば、
どのネットショップの商品でも、ページ送りしていけば必ず表示されるのが
楽天などのショッピングモールでの検索結果です。

Amazonはどうかといえば、商品名で検索をかけた場合、
基本的には、「ひとつの商品ページしか表示されない」という仕様です。

Amazonの売上状況


購入ボタン(ここでは予約ボタンですが)とつながっているネットショップがどこなのか?

これが、アマゾンで「カートを取っているかどうか」という
最重要ポイント、「カート獲得」しているという状態になります。

カートを獲得するためには、第一条件として、
その商品の販売価格が「最安値」か「最安値に近い価格」であること。

いくら配送が速いとアピールしても、販売価格が、最安値近くでなければ
アマゾンでの販売時に「カート獲得」することはできません。

この、カート獲得率の争いこそ、「敵はAmazonにあり!」という言葉の通り、
Amazon自体が、非常に安い価格で販売している状態が非常に多いのです。

新発売の商品なら、発売当初はできるかぎり利益を残したいのが
各ネットショップ、販売店の希望ですが、Amazon本体が、その希望を
いともたやすく「破壊」してくれるわけです。

当店でも多くの飲料製品を販売していますが、
大多数はAmazonの販売価格に勝つことができません。

理由は、以前問題になったヤマト運輸との「常軌を逸脱した運賃契約」にあります。

通常の宅配便の送料が、一番安い価格でも600円~700円かかるのに対して、
Amazonがヤマト運輸と契約していた運賃は、うわさでは300円~400円程度だったといわれています。

これでは、我々のような一般ネットショップでは、運賃面で、300円以上のビハインドがあるため、
販売価格で負けてしまうのもうなづけますよね。

Amazonでネット販売、ネットショップの出店を検討されている方の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。

楽天市場の資料請求はこちら


ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!

10億店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す