楽天ペイアプリ内でSuicaの発行・チャージが可能に!対応は2020年春


楽天ペイアプリ内でSuicaの発行・チャージが可能に!対応は2020年春

2019年6月5日に、楽天グループの楽天ペイメントと東日本旅客鉄道(JR東日本)はキャッシュレス化で楽天ペイアプリとSuicaが連携する事を発表しました。

楽天のスマホ決済である「楽天ペイ」のアプリ内で交通系電子マネー「Suica」の発行とチャージができるようになるとのことです。

今回は、楽天ペイアプリとSuicaが連携する事について、メリットや今後の予定などをご説明したいと思います。



楽天ペイとは?

楽天ペイとは

楽天ペイとは、楽天市場 でおなじみの楽天株式会社が提供するスマホ決済のことです。

楽天ペイは実店舗での支払いにも使う事ができますが、オンライン上、ネットショッピングの際にも利用する事ができる決済方法です。

また、楽天ペイではショッピングの際の支払い以外に、家族や友人に「楽天キャッシュ」を送る事も可能です。

楽天ペイとは

楽天ペイが使える代表的な実店舗やサービスには「ファミリーマート」「ローソン」「ウェルシア」「和民」「エディオン」「松屋」「Joshin」「AOKI」などがあります。

楽天ペイとは

次に楽天ペイのメリットについて詳しくご説明いたします。



楽天ペイのメリット

楽天ペイとは

楽天ペイのメリットとしては、スマホ一つで簡単に支払いができる事はもちろんですが、支払いの際に、楽天スーパーポイントが貯められるという事があげられます。

楽天スーパーポイントは、オンラインショップの楽天市場 で流通しているポイントのことです。

楽天スーパーポイントは、実店舗でも様々な場所で使ったり貯めたりすることができるポイントで、日本国内でのポイントの満足度ではTSUTAYAのTポイントをおさえてナンバーワンになった事もあります。

また、楽天ペイの支払方法としてクレジットカードを楽天カード に設定しておけば、獲得できる楽天スーパーポイントが二重になるというメリットもあります。


この仕組みについては、ヤフーが提供しているYahoo! JAPANカードと、スマホ決済「PayPay 」の支払い方法の組み合わせに似ていますね。

楽天スーパーポイントが使えるお店については以下のページに詳しくまとめております。


楽天スーパーポイントが利用できる場所


次に今回発表された楽天ペイとSuicaの連携について詳しくお伝えさせていただきます。



楽天ペイとSuicaの連携について

楽天ペイとは

楽天ペイとSuicaは、キャッシュレス推進に向けて連携する事になりました。

この連携によって、楽天ペイメントが運営するスマホアプリ「楽天ペイ」アプリ内で、JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」の発行やチャージができるようになります。

また楽天ペイアプリがSuicaと連携する事で、全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約60万店舗での支払いに使う事ができるようになります。

これは今まで多くの人が待ち望んでいた連携ではないでしょうか。

楽天ペイとSuicaの連携時期については、2020年春を予定しているそうです。

予定通りのスケジュールで楽天ペイとSuicaが連携すれば東京オリンピックには、楽天ペイアプリで東京内の電車やバスに乗る事も可能になりますね。



楽天ペイとSuicaの連携のまとめ

今回は楽天ペイアプリとSuicaがキャッシュレス推進のために連携するという発表を受けて、楽天ペイのメリットから、Suica連携の予定などについて解説いたしました。

楽天ペイは、楽天スーパーポイントという国内人気のポイントが貯められ、また使う事が可能なスマホ決済です。

Suicaは交通機関の電子マネーとして普及していますから、楽天ペイとの連携は待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

今後、この連携は、関西ならICOCAとの連携になると思いますので、対応されるのが待ち遠しいですね。

スマホアプリ決済は、楽天ペイやAmazonPay以外に、LINEPayやPayPay など、決済方法が乱立状態にあります。

あまり規格が増えすぎるのも、対応する側の店舗などは大変かもしれませんね。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す