2022年におけるB2C系自社ECサイトを運営するEC担当者たちは今どんな課題を抱えているのか?

2022年におけるB2C系自社ECサイトを運営するEC担当者たちは今どんな課題を抱えているのか?

2022年におけるB2C系自社ECサイトを運営するEC担当者たちは今どんな課題を抱えているのか?

2022年におけるB2C系自社ECサイトを運営するEC担当者たちは今どんな課題を抱えているのか?

B2Cの自社ECサイトを運営するEC担当者たちは今どんな課題を抱えているのか?

経済産業省による「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」によれば、国内におけるBtoCのEC市場規模は19.3兆円と発表されています。

関連記事

2020年度の日本国内BtoC-EC市場規模は「19兆2,779億円」EC化率は「8.08%」 経済産業省の「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、2020年の日本国内のBtoCのEC市場[…]

2020年度の日本国内BtoC-EC市場規模は「19兆2,779億円」EC化率は「8.08%」

かたや、そのEC化率を見ると、「8.08%」と決して高い水準にあるとは言い難い状況が続いています。

EC市場、特に物販系のEC市場規模は毎年右肩上がりの成長を続けていますが、EC化率はそこまで大きく伸びてはいないのが現状です。

国内におけるBtoCのEC市場規模については以下のような状況となっています。

2020年度 国内BtoC-EC市場規模の内訳

カテゴリー 2019年 2020年 伸長率
物販系分野 10兆515億円
(EC化率6.76%)
12兆2,333億円
(EC化率8.08%)
21.71%
サービス系分野 7兆1,672億円 4兆5,832億円 ▲36.05%
デジタル系分野 2兆1,422億円 2兆4,614億円 14.90%
総計 19兆3,609億円 19兆2,779億円 ▲0.43%

現状、EC化率がなかなか上がらない背景には「事業者側のノウハウ不足」が大きな原因であるという事が、EC FORCE(ECフォース)を提供する株式会社SUPER STUDIOの調査によってわかりました。

調査結果によると、日本のEC化率が進むために最も課題だと考えているもの上位2つについて質問したところ、「魅力的なEC事業社の増加」、「ECに関する不足/ノウハウを持った人材不足」の2つが上位となっていました。

やはりECに関するノウハウが少ない事業者が多く、EC化をすすめたいけれどなかなか前に進めないというのが実情のようです。

B2Cの自社ECサイトを運営するEC担当者たちは今どんな課題を抱えているのか?

また、現在運営に関っているECサイトにおける課題について質問した結果は以下のような結果となりました。

B2Cの自社ECサイトを運営するEC担当者たちは今どんな課題を抱えているのか?

  • 売上拡大・・・55.3%
  • 新規顧客獲得・・・51.6%
  • 新商品・新サービスの企画、開発・・・42.4%
  • ブランディング・戦略・・・40.6%
  • コスト削減・・・34.6%
  • 顧客満足度向上・・・34.6%
  • オペレーション・・・26.7%
  • 組織・人材・・・24.9%
  • 特に課題はない・・・5.5%

多くの事業者はやはり売上拡大や新規顧客の獲得を過大に上げていました。

EC市場は、自社ECサイトの運営の場合、集客については自社で対応を行わなくてはなりません。

その為、広告の知識であったりSNSやSEO対策など、ウェブマーケティングの知識も重要となってきます。

そういった専門分野に長けた人材が社内にいればいいのですが、多くの場合はアウトソーシングでマーケティングや広告を委託する事になると思います。

ECのコンサルティング会社に依頼するという方法もありますが、中小零細企業や個人事業主のECサイトの規模ではコンサルフィーの方が高くなってしまうというケースも少なくありません。

どの部分を強化していくかは会社の方針次第ですが、小さい会社や個人の方の場合はやはり一人ECやウェブに長けた人材を専任担当者につけるというのが良い方法なのではないでしょうか。

売れるネットショップの教科書ではそういったECの開設や運営で困っているけど、相談する資金もあてもないという方の駆け込み寺的な存在でありたいと考えています。

いつでもお気軽にご相談下さい。

窓口はお問合せフォーム、EC担当者掲示板、TwitterのDM、このページ下部のコメント欄などどんな方法でも結構です。

今回の調査結果の詳細についてはEC FORCEの公式ページにてご確認下さい。

https://ec-force.com/

ecforce はLP作成から受注・顧客データ管理分析など、ECに必要な機能を揃えたオールインワンECプラットフォーム。…

EC FORCEとは、株式会社SUPER STUDIOが提供するマーケティングからサプライチェーンまでコト、モノに関わる全ての人々の顧客体験を最大化するECプラットフォームです。

ECフォースのメリットや機能については以下のページにまとめております。

関連記事

2022年5月更新 EC FORCE ECフォースの評判や料金 事例やメリットを徹底解剖 【目次】 EC FORCE(ECフォース)とは EC FORCE(ECフォース)のメリット コンバージョン率(CVR)が業[…]

ECFORCEの評判・メリット

最後までお読みいただきありがとうございました。

令和最新!無料でネットショップを出店できる方法

令和になって改めて調査した結果、店長がおすすめする無料でネットショップを出店する方法を厳選して6つに絞りました。

この方法なら失敗しない出店ができると自信をもっておすすめできます。

関連記事

2022年5月更新 無料 開設できる おすすめ の ネットショップ ECサイト サービスを徹底比較 ネットショップ を 無料 で開設する主なメリットとして、現役 ネットショップ 店長が考える「3つのメリット」をご説明いたします[…]

無料開設可能なネットショップサービス

売れるネットショップの極意メルマガ配信中!

売れるネットショップの極意メルマガを無料登録

店長のツイッターで「ガチ売れEC論」をツイート中!売れるヒントが毎日届く!

ネットショップを運営する上でのテクニックや知識などを現役店長がつぶやいています。

また、楽天市場とヤフーショッピングのデイリーランキングTOP3も毎日調査して発信しています。

是非ツイッターのフォローもお願いします!

最新のEC市場動向をLINEに配信中!

売れるネットショップの教科書のLINEアカウントでは、主にネットショップ運営に関する最新情報を週一回配信しています。

もちろん、LINEのフォローについても完全無料ですのでご安心ください。

フォローしていただいてもあまりご迷惑にならないと思いますので是非ともフォローしておいてくださいませ!



友だち追加

ネットショップの運営、開業でお困りの方は
遠慮なくどんな些細なことでもお尋ねくださいませ。

より具体的なネットショップの開業・運営に関するご相談については無料カウンセリングフォームをご用意しております。

こちらは店長のリソースが許す範囲ということで毎月3名様に限らせていただいております。ご質問いただければ時間頂戴しますが必ず回答いたします。

ネットショップ無料カウンセリングフォーム

本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天市場のデイリーランキングでは うなぎ屋かわすい 川口水産 の「[在庫限り! 父の日ギフト 父の日のメッセージ入カード付][12年連続楽天うなぎ部門年間売れ筋No1]国産うなぎ蒲焼き3種」が第一位を獲得した。

ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーショッピングのデイリーランキングでは、 pickupplazashop の「【総合ランキング1位受賞!100円OFFクーポン】 不織布 マスク 3サイズ 平ゴム 10枚ずつ個包装 血色カラー 50枚 カラーマスク WEIMALL 血色マスク やわらか」が第一位を獲得した。

Amazon売れ筋ランキング

Amazon売れ筋ランキング

Amazonの各カテゴリーの売れ筋商品ベスト3を紹介します。Amazonで今何が売れているのかの参考になれば幸いです。

Qoo10売れ筋ランキング

Qoo10売れ筋ランキング

Qoo10(キューテン)の売れ筋商品ベスト20を紹介します。Qoo10で今何が売れているのかの参考になれば幸いです。




2022年におけるB2C系自社ECサイトを運営するEC担当者たちは今どんな課題を抱えているのか?
最新情報をチェックしよう!