フリーナンスの振込専用口座の末尾が「/GMOCN」がつかない口座に変更可能に!


フリーナンスの振込専用口座の末尾が「/GMOCN」がつかない口座に変更可能に!

個人事業主やフリーランスの方は、FREENANCE(フリーナンス) をご存知ない方が多いと思います。

FREENANCE(フリーナンス)は個人事業主やフリーランスに特化した、損害補償保険・収納代行サービスのことです。

FREENANCE(フリーナンス)のサービスは新しく2018年10月にGMOクリエイターズネットワーク株式会社がリリースしたサービスです。

フリーナンスではこれまで振込専用口座の末尾に「/GMOCN」が記載されていましたが、この度、「/GMOCN」がつかない口座に変更する事ができりょうになりました。



FREENANCE(フリーナンス)とは?

FREENANCE(フリーナンス)のメリット

FREENANCE(フリーナンス) とは、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が提供するサービスのことです。

FREENANCE(フリーナンス)は主にフリーランスや個人事業主を対象として、損害賠償保険サービスを提供しています。

FREENANCE(フリーナンス)はアカウントを開設するだけで、フリーランス特化型の損害賠償保険である「あんしん補償」が全てのユーザーに自動で付帯します。しかもフリーナンスの利用はなんと「無料」なんです。

筆者も数年前はフリーランスで仕事を請け負っていたのですが、業務上のトラブルなどで、支払いを遅延されたり、未払いになる事も実際にありました。

当時はこうしたフリーランスに特化した損害賠償保険などの知識もなく、まして、無料で提供してくれるサービスなどあるはずもありませんでした。

FREENANCE(フリーナンス)には、損害賠償保険「あんしん補償」のほかにもなんと請求書をフリーナンスが買い取ってくれる「即日払い」というサービスを利用することもできます。

今回、フリーナンスの専用口座の末尾にこれまで記載されていた「/GMOCN」という文字がつかない口座に変更できるようになりました。





フリーナンス振込専用口座の末尾の変更について

フリーナンス振込専用口座の末尾の変更について

FREENANCE(フリーナンス) では、これまでは請求書に記載された振込先の口座名義が、「フリーランス名/GMOCN」と、自分が指定したフリーランス名の後に「/GMOCN」という記載がありました。

フリーナンスでは、これまでは公式ページ上でも、「貴社が受け取った請求書の振込先の口座名義が「フリーランス名/GMOCN」となっていたら、その方はフリーナンスあんしん口座の登録ユーザーです。」というアナウンスを実施していました。

2019年9月12日より、フリーナンスの請求書に記載された口座名義から、「/GMOCN」という記載をなくすことができるようになりました。

元々は、フリーナンスのサービスで承認されたフリーランスであることが、対外的にも安心の理由として扱われていたのですが、やはり振込口座にフリーランス名以外の文字列があるのは、見た目上あまり格好の良いものではありませんよね。

今回の口座名義の記号変更については、フリーナンスを利用する事をためらっていた個人事業主やフリーランサーの方にも良い意味での改変だと思います。

フリーナンスの詳しいサービスの詳細やメリット・デメリットについては以下のページに詳しくまとめておりますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。


個人事業主必見!FREENANCE(フリーナンス)のメリットと評判、料金



フリーランスでよくある困りごと

フリーナンス振込専用口座の末尾の変更について

フリーランスや個人事業主として一人でビジネスを行う時に困る事とはどんなことがあるのでしょうか?

フリーランスの職種にもよりますが、クリエイティブ系やIT系の職種の場合、仕事をどのように獲得するのかが困りごとの一つだと思います。

元々勤めていた会社のつてで仕事を回してもらっているという方も少なくないと思いますが、業種が異なったり、そもそも仕事をもらえるような人脈が無いという人の場合、自分で仕事を獲得する営業活動を行わなくてはなりません。

インターネット上では仕事のマッチングサービスも沢山ありますが、クラウドソーシングならCrowdWorks がシェアナンバーワンのサービスですね。

あと、フリーランスの困りごととしては、やはり社会的信用における事があげられるでしょう。

これはフリーランスの宿命と言えるかもしれませんが、クレジットカードの契約や、住宅ローンの借り換え、賃貸契約などの際に審査が通りにくい場合があります。

サラリーマン時代には、クレジットカードの審査に落ちるという事は余程個人的な事情でカードが作れなくなったという事以外ではほとんどないと思いますがフリーランスは、正直っいって信頼度が本当に低いのです。

また、基本的に個人事業主となると、自分が働かなくてはお金が稼げないため、病気などにかかってしまうと、収入が無くなってしまうというリスクもあります。

それだけフリーランスというのは不安要素の多い立場でもあるのです。

フリーナンスは、こうしたフリーランスが陥りやすい悩みの一旦を解決の手助けをしてくれるサービスです。

個人事業主の方やフリーランスの方は是非、今後の為にもフリーナンスの利用を検討してみて下さいね。




FREENANCE(フリーナンス)のまとめ

今回は、フリーランスがもっと自由にビジネスに挑戦できる事を支援してくれるサービス「FREENANCE(フリーナンス) 」が振込口座の名義の末尾に記載されていた記号が変更できるようになりましたのでその内容についてご紹介しました。

フリーランスは、非常に不安定な要素もありますが、自分の意思で働き方を選べる自由があります。

その反面、サラリーマンと比較しても、社会的な信用においてはかなり厳しい目で見られるため、審査のあるサービスなどでは審査通過が難しくなる恐れがあります。

また、フリーランスの方でありがちなのが、名刺は作っているのにホームページを持っていないというケースです。

現在において、フリーランスや個人事業主であっても、自分の業務を説明できるホームページは必須の営業ツールだと思います。

ホームページを制作会社に作成依頼すれば、ある程度まとまった金額の見積もりが上がってくるかと思いますが、FREENANCE(フリーナンス) と同じくGMOグループのサービスで「グーペ 」というホームページ作成サービスがあります。

グーペは非常に低コストで月額1000円から利用でき、プロが作ったような本格的なホームページを開設する事ができる上、更新も自分で行う事ができるサービスとして人気のあるサービスです。


グーペならホームページを簡単に更新できる?goopeの評判やメリットとは?


フリーランスでもホームページを持っておく事で、信頼度が向上する傾向がありますので、是非ホームページを作成する事を検討してみて下さい。


また、個人事業主の方でネットショップ、ネット販売を行いたいという方であれば、無料でネットショップを作れる「STORES.jp 」がおすすめです。


ホームページとネットショップもフリーランスの方にはきっと役立つツールとなると思います。

今回の記事の内容がフリーランスの方の参考になれば幸いです。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す