Qoo10で商品を露出させる方法とは?DEAL PLUSのメリットと設定方法


Qoo10で商品を露出させる方法とは?DEAL PLUSのメリットと設定方法

商品が安いことで人気のあるインターネットショッピングモールQoo10(キューテン)ですが、Qoo10にネットショップを出店している立場としては、なかなか商品が露出されないという悩みがあります。

Qoo10は、楽天市場 などの大手モールとは異なり、売場としてはプッシュ型の売場、つまり、モール側が提示した商品が売れやすい売場だと感じています。

今回、Qoo10のプロモーションのひとつとして、商品露出の効果に定評のあるDEALPLUS(ディールプラス)という広告について現役Qoo10店長が解説いたします。

Qoo10にネットショップを出店している方、またQoo10をこれから利用しようと検討されている方の参考になれば幸いです。



Qoo10(キューテン)のDEAL PLUSとは?

Qoo10のDealPlusのメリット

Qoo10のDealPlusとは、キューテンのプロモーション広告の事で、カテゴリーページやキーワード検索時に所定の位置に出品中の商品を表示させることができる広告です。

Qoo10は、タイムセールや共同購入、メルマガによる商品提案など、比較的モール側が紹介する商品が売れやすい傾向があるショッピングモールです。

楽天市場 などのインターネットショッピングモールであれば、商品を露出する方法として、まず楽天市場内のモール検索対策を実施すると効果が高いと言われていますが、Qoo10では、モール検索対策よりも、プロモーション利用の方が圧倒的に商品露出が強くなる傾向があります。

今回ご説明するDealPlusは、入札制の商品露出広告で、ヤフーショッピング でいうところのPRオプションにイメージとしては近いかもしれません。

ちなみに、Qoo10という少し特殊な売場でのネット販売の感想を以下のページにまとめていますので、Qoo10にまだ出店していなくて、今後キューテンに出店する可能性のある方は、是非ご一読いただければと思います。




DealPlusのメリット

Qoo10のDealPlusのメリット

Qoo10のDealPlusのメリットとしては、各グループのカテゴリーページに商品が掲載されるため、カテゴリーから商品を検索するユーザーには商品を閲覧してもらえる機会が増えるという点です。

また、DealPlusには、オプション的な広告として「カテゴリープラス(大分類/中分類)」「キーワードプラス」という広告があります。

カテゴリープラスのメリットは、カテゴリー検索という、大きなくくりで商品を検索するユーザー、つまりはピンポイントでほしい商品がまだ定まっていないユーザーにたいして、商品の提案、露出が 行えるため、商品を購入してもらえる可能性が高くなるという点です。

商品名や型番などのキーワード検索を行うユーザーは、すでに「欲しい商品」「お目当ての商品」が決まっている場合がほとんどですから、関連する商品を販売していたとしても指名買いするユーザーには 商品を露出することは非常に困難です。

DealPlusやカテゴリープラスといった、カテゴリー単位で商品を露出できる広告の場合、ユーザーの動向としてまだ購入すべき商品が決まっていないため、商品露出できればクリックされる可能性があがります。

もう一つの広告である「キーワードプラス」は、いわゆる検索連動型広告で、キーワードに対して、関連する商品を露出させる広告です。

楽天市場 などのCPC広告(現RPP広告)などと同じく、検索キーワードに連動して商品をページ上部に 表示させることができます。

Qoo10では、商品を露出させる有効な方法として、モールSEOよりもプロモーション広告を実施したほうが露出頻度が高くなる傾向があります。

次に、実際にDealPlusを利用する際の設定方法をご説明いたします。


DealPlusの設定方法

では、Qoo10でDealPlusを設定する手順をご説明いたします。

まずはQoo10の管理画面、バックヤード機能である「Qoo10 Sales Manager(QSM)」にログインします。

ログイン後、左のメインメニューの「プロモーション」「広告表示>プラス展示」「カテゴリー別入札」のタブの順番にクリックします。

Qoo10のDealPlusのメリット

「DealPlus」のタブが選択された状態になっているはずです。

次に「カテゴリー選択」から、商品を掲載したいカテゴリーを選択します。

Qoo10のDealPlusのメリット

カテゴリーを選択したら、その下にある「商品を選択する」という項目で、露出したい商品が登録されているカテゴリーの「大分類」を選択します。

もしくは、画面右側の「在庫商品名」という項目を選らび、商品名を直接入力することでも商品を検索する事が可能です。

Qoo10のDealPlusのメリット

商品の検索が完了したら、「入札する」の項目で、入札価格を500Qキャッシュ以上で設定します。

入札単位は10Qキャッシュ毎に入札することができます。

入札期間を決定したら、「入札する」ボタンをおせば、DealPlusの入札は完了です。

Qoo10のDealPlusのメリット

DealPlusに関しては、Qoo10の公式ページでは以下のようなガイドラインが規定されていますので参考までに掲載しておきます。


DealPlusの条件について

  • 掲載ページ:各グループカテゴリーページ
  • 掲載商品数:最大10件(入札価格が高い順)
  • 掲載方法:QSMで入札する
  • 入札開始価格:500Qキャッシュ
  • 入札単位:10Qキャッシュ
  • 掲載時間:18:00~翌日の18:00まで
  • 落札時間:18:00
  • 入札時間:20:00~翌日の17:50まで


DealPlusのまとめ

今回はQoo10で商品を効果的に露出することができるDealPlusについてご説明いたしました。

キューテンでは、商品を露出しなければ、ユーザーに購入されない傾向が強いモールだと思います。

Qoo10は 楽天市場 のようにユーザーが能動的に商品を検索、比較して購入するというモールとは異なり、トップページに掲載されている商品やタイムセール商品、メルマガに掲載されている商品やランキング上位の商品が売れやすい傾向が強いと感じています。

Qoo10の主要ユーザーが20代~30代の女性層が70%以上というデータがある通り、女性目線の商品の探し方、提案型がそのまま反映されているようにも感じます。

もちろん、Qoo10での検索対策が無意味という意味ではありませんが、キューテンでは、プロモーションを使った商品露出の方が圧倒的多数に売れやすいという傾向があることは事実です。

今回の記事の内容が、Qoo10での商品露出に悩まれている店舗担当者の方の参考になれば幸いです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す