当店全ネットショップの2018年3月の月商を公開します


今月の月商
「今月の月商」とは、筆者が運営しているネットショップの売上目標を「年商10億円」に設定し、その目標を達成するまでの進捗状況を、日々の記録、公開することで本当に年商10億円を達成しようというブログの結果報告です。
年商10億円を達成するためには、平均月商8,400万円の達成が必要です。
楽天市場をはじめ、Yahooショッピング、Amazon、ポンパレモールなどのモールでの販売における日々の気づきを含め、一カ月間を振り返ります。

2018年3月の月商

2018年3月の営業が終了しました。

今月のネットショップ運営の振り返りと
各モールの結果を報告いたします。

2018年3月の全ネットショップの合計月商

¥16,908,856


今月の月商

2018年3月の全ネットショップの売上比率

今月の月商

楽天市場の構成比率は先月の63%から66%となった。
楽天市場の売上が上がったのではなく、アマゾン、ヤフーショッピング、その他のショッピングモールの売上が全体的に下落したことで、楽天市場の構成比率が結果として上がった。

今月の月商

今月の目標達成率

19%

当店の楽天市場の一年間の年商は、1億5340万円と先月よりも減少することになった。2018年中には、2倍の3億円を目指して引き続き店舗運営に尽力していきたい。

現在の年商(直近1年間の売上総額)

2億5582万5389円

直近1年間の月次売上

2018年3月¥16,908,856
2018年2月¥16,263,820
2018年1月¥16,788,717
2017年12月¥16,619,471
2017年11月¥13,753,050
2017年10月¥12,002,830
2017年9月¥21,494,032
2017年8月¥26,625,083
2017年7月¥37,671,561
2017年6月¥29,834,215
2017年5月¥22,986,507
2017年4月¥24,806,553



今月の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品の傾向について

今月の楽天市場の売れ筋商品の傾向

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
今月の楽天市場のランキングは、タマチャンショップのお試し系グルメ商品のランクインが3月前半では目立っていた。3月前半は楽天スーパーセールが開催されていたこともあり、楽天ショップオブザイヤー受賞店舗のランキング上位獲得が目立っていた。


【参考】楽天市場|売れ筋デイリーランキング


PR

今月のヤフーショッピングの売れ筋商品の傾向

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
今月のヤフーランキングでは、おうちdeマーケットYahoo!店の快進撃が続いた。ランキング第一位を獲得し続ける日が多かった。また、ランキング常連商品としては、ラーメンやうどんなどの麺類のお試し送料無料500円程度の商品がランキングから落ちることなくランクインし続けていた。やはりヤフーショッピングのランキング対策は、グルメお試し送料無料500円以下というパターンが黄金パターンと言える。

【参考】ヤフーショッピング人気売れ筋商品ランキング


今月の反省点と今後の課題について

2018年3月の当店の売上は、全体的に下落傾向が続いた。 本来であれば、3月は、企業の決算時期であることが多く、予算消化的に備品や消耗品などの需要が高まる時期ですが、 当店の場合、物流コスト増が非常に大きな足かせとなり、売上の増加には至らなかった。 また、楽天市場に頼りっきりの当店の売上比率を改善させるために、新進気鋭のWowma!ヤフーショッピングに期待したい。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを低コストで出店するならカラーミーショップがおすすめ!

ネットショップを無料で簡単に出店できるサービスに「 BASE (ベイス) 」というサービスが人気がありますが、月商10万円以上のネットショップを目指すのであればカラーミーショップ の方がコストパフォーマンスが高くなるのでおすすめです。


ネットショップBASEとカラーミーショップの月商別手数料・コストを徹底比較


また、カラーミーショップはEC業界の中では、サポート体制が非常に充実しているのでショップ開設後も安心のサービスです。

ネットショップの電話サポートがある「カラーミーショップ」のサポート体制の種類と評判






売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す