LINEデリマとは?使い方とメリットのまとめ

LINEデリマとは?使い方とメリットのまとめ




LINEデリマとは?

LINEデリマとは

LINEデリマとは、LINEアプリ上から、全国約14000店舗のフードメニューを検索・注文することができるデリバリーサービスのことです。 2017年7月26日に、LINEアプリ上に公開されました。

LINEデリマとは

注文できる料理の種類は、ピザ・寿司・カレー・弁当・中華料理・パーティメニュー・ケータリング・お酒など幅広いジャンルのメニューが用意されています。

LINEデリマについて現在わかっている仕組みやサービスについてまとめました。

LINEデリマとは
LINEデリマとは

LINEデリマのメリット

LINEデリマとは

LINEデリマのメリットとしては、新たなアプリインストールなしで、人気のファストフード系チェーンの料理をデリバリーできる点と、 注文金額に応じて、LINEポイントが還元されるという点です。

また、位置情報を利用できるスマホアプリの特性上、自分のいる位置から、デリバリー可能な店舗サービスを検索できるため、 お花見会場やイベント会場など、特定住所のない場所へのデリバリー対応が可能となることも期待されるメリットと言えます。


LINEデリマのデメリット

LINEデリマとは

LINEデリマのデメリットとしては、既存の企業サービスに比べて、まだ整備中の感が否めないという点です。 実際にLINEデリマを利用してみたところ、多くの箇所で「準備中」という状態になっていました。 まだ、実稼働の段階というには少し未整備な点が見受けられました。

その他のデメリットとしては、特にLINEデリマでなければならないというサービスではなく、例えばガストやドミノピザなどは 独自アプリやウェブサイト上のサービスで、より高レベルなデリバリーを受けられるという点です。

わざわざ未整備状態のLINEデリマを利用しなくとも、すでに高い水準で運用されている公式アプリの方が注文しやすいという現状があります。


LINEデリマの使い方

LINEデリマとは

実際のLINEデリマの使い方は、非常に簡単なステップで可能です。

  • (1)LINEデリマを友達登録する
  • (2)位置情報によりエリアを設定する
  • (3)注文したいメニューを選び注文する

LINEデリマの仕組みについて

LINEデリマとは

LINEデリマは新規開発のサービスではなく、夢の街創造委員会株式会社が運営する 宅配ポータルサイト「出前館」と業務提携を行い実現させたサービスです。

出前館とは、日本最大級の宅配サービス、デリバリーポータルサイトで、ピザ・寿司・ハンバーガーなどの有名店、約15000店舗以上の登録があります。

出前館利用のメリットとしては、会員登録無料で利用でき、店舗ごとのネットクーポンなどが利用できる点です。 また、クレジットカード決済やApplePayにも対応しているので、現金支払いでなくとも注文ができます。

出前館の利用者の男女比率がほぼ、5:5であるのに対して、LINEデリマの場合は、女性比率が高く、約72%は女性の利用というデータがあります。

現状ではフードサービスのデリバリーのみですが、今後は日用雑貨や生鮮食品、はては医薬品まで取扱い商品ジャンルを拡大させていく予定とのことです。


LINEデリマで利用できるフードサービスについて

LINEデリマとは

LINEデリマで現在利用できる出店店舗の代表的なものをご紹介します。

  • 大阪王将
  • なんでもやカクヤス
  • ガスト
  • かつや
  • KFC(ケンタッキーフライドチキン)
  • 銀のさら
  • ドミノピザ
  • モスバーガー
  • ピザーラ
  • ナポリの釜
  • フレッシュネス・バーガー
  • 吉野家

LINEデリマのまとめ

LINEデリマは、LINEショッピングと並び、LINEを経由して広がるサービスとして非常に注目されていますが、 その中身は、既存のサービスである「出前館」の焼き直し、LINEポイントの還元といった程度の状態に見受けられます。

今後、取扱い商品が、フードサービス以外に拡大していくことで、 Amazonが運営するAmazon当日便などに匹敵するサービスとなれるかがに注目したいと思います。

参考になれば幸いです。




ネットショップのメール文例・テンプレート

ネットショップを無料で出店するならSTORESがおすすめ!

STORES.jpなら 2019年12月31日までの間、一か月間の決済手数料が「無料」のキャンペーンを実施中!

STORESの決済手数料ゼロ円キャンペーン

STORES.jpのフリープランでも多くの機能が利用できるようになりました! 決済手数料も3.6%~5%と、同じ簡単ECサイトの「BASE 」よりもお得です。


売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか?

現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。

広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。

今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。

この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。

ECサイトへの集客の広告費用とコンバージョン率の関係性について

この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。

具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。

  • アクセスユーザーの90%以上がパソコンからのアクセス
  • アクセスユーザーの80%以上がEC関連事業者やショップオーナー
  • 新規出店や売上改善に悩む人が60%以上
  • ページへの滞在時間は、リスティング広告流入時のおよそ4倍以上

こちらは、あくまでも個人の店舗運営者の方ではなく企業やECベンダーなどの法人様向けのご提案となりますが、リスティング広告の運用で費用対効果が上がらないという方は是非売れるネットショップの教科書にご相談いただければと思います。

ビジネスパートナープログラムによる商品紹介制度



越境ECまで対応したECカートはShopifyがおすすめです

越境ECや多言語対応のネットショップを構築するならShopifyがおすすめです。


Shopifyの読み方 ショッピファイ 出店の評判とメリット・デメリットを徹底考察









 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で 売れるECノウハウを

十億戎店長

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・ポンパレモール・Wowma(ワウマ)・Qoo10・NETSEA他、BASEやSTORES.jp、Makeshop、カラーミーショップなどでネットショップを運営してる現役店長です。 ネットショップの売上10億円を目指して、日夜店舗運営に勤しんでいます。売れるネットショップの教科書の内容がネットショップに関連するみなさんの売上アップのヒントになれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す