料金ワンコインから!売れる楽天スポットSEO対策【URSS対策】

URSS対策とは

1商品500円からの楽天SEO対策!売れる!楽天スポットSEO対策をはじめました。


楽天市場における商品ページのSEO対策について あるユーザー様よりこんなメールをいただきました。

URSS対策

【メールの書きおこし】

つい先日のことになりますが、当サイト宛に
ウェブのコンサルを行っている会社からSEO対策の営業の電話がありました。

内容は、楽天市場やYahooのSEO対策を月額10万円のところ、キャンペーンで5万円で
対応できるといった内容でした。
フジタ様にご質問ですが、フジタ様は楽天のSEO対策はどのようなものかご存じないでしょうか?
楽天の中だけでSEO対策を実施するのに、月に10万円という費用は妥当でしょうか?
もしフジタ様にて、楽天のSEO対策をお願いすることができるなら、費用はいくらかかりますか?
質問ばかりで申し訳ないですがお時間ある時にご連絡ください。

楽天市場における、商品ページのSEO対策とは簡単に言えば 「スモールワード対策」を行うことです。

毎月商品ページ内のテキストをチューニングするという場合もないわけではありませんが 多くの場合、一度対策を行った商品ページは数か月以上はそのままだと思います。

Googleに対するウェブサイトのSEO対策を生業としている企業、事業者の多くは、成果報酬制を取っています。 また、SEOの仕組み上、一回だけでは効果が認められないケースがほとんどであり、継続的なSEO対策が必要だからです。

楽天市場におけるSEO対策に限っては、継続的な対応は必ずしも必要ないと、筆者はこれまでの経験上、強く感じています。

楽天市場におけるSEO対策で多くのユーザー様からご要望をいただくようになりましたので、この度、売れるネットショップの教科書として新たなサービスを考案、リリースいたしました。

今回は楽天市場におけるSEO対策、「売れる!楽天スポットSEO対策(略してURSS対策)」について新しいご提案をご紹介いたします。



URSS対策のメリット

URSS対策

【URSS対策】の最大のメリットは、最低コストで楽天SEOを実現させることにあります。

楽天SEOを一発限りで打ち込む。

対応箇所を「商品名/PCキャッチコピー/スマホキャッチコピー」に限定してコストを抑える。

経過測定やレポーティングなどのフォロー対応は行わないことで継続費用の発生を抑える。

という点を意識しました。

最小限の対応で、最大級のSEO効果を狙う、それも一回限りの対応で。

そこにかかるコストを最小限に抑える。その理由は以下にご説明いたします。


GoogleへのSEO対策と楽天市場のモールSEOの違い

Googleの目的は「ユーザー(検索する者)に最も求められる答え(ページ)を表示する」ことです。

Googleの主な収益源は「広告収入」です。

広告収入を増やすには、ユーザーにGoogleを使ってもらう、Googleで検索してもらうことが重要です。

Googleの検索精度をより高いものに進化させ続けているのは、自社の広告収入を増やすという目的があるからです。

では、楽天市場の場合は、検索結果表示の目的は何でしょうか?

楽天市場では、ユーザーがキーワードによって検索した結果、最も良い結果は「商品が購入されること」にあります。

楽天市場の検索アルゴリズムは「商品を求めるユーザーに最適な商品を表示させること」にあります。

実店舗の販売員が、お客様の要望をヒアリングして、それにピッタリの商品を提案することと同じですね。

検索アルゴリズムとしては、ユーザーに「売れる商品」「売れている商品」を提示することが前提となります。

そのため、楽天市場のキーワード検索のデフォルト表示は「売れている順」になっています。

売れている順の操作は残念ながら店舗側では行うことはできません。

では逆に「対策できるポイント」は何か?といえば「ミドルワード」「スモールワード」対策となります。

例えば、「傘」を売っている店舗さんの場合。

カタログの記載情報が

「傘 60cm 赤 型番●●」

だったとして、その通りの商品名だけを入力した場合、

楽天市場のキーワード検索では

「傘」「60cm」「赤」「型番●●」

というキーワードでしかヒットしないことになります。

もちろん商品説明などの文字列も検索対象ですから

商品説明の内容次第では検索にヒットする文字列は増えるでしょう。

ただ、最も重要な項目は「商品名」と「キャッチコピー」です。

ミドルワード、スモールワード対策とは

「傘」「かさ」「60cm以上」「大きめ」「赤色」「レッド」「型番●●」「かわいい」「梅雨対策」「レイングッズ」

などを入力することです。

これだけでも、ユーザーのヒット率は大きく上がることが想像できるかと思います。


GoogleへのSEO対策の実績の証明

URSS対策

URSS対策を行う筆者にどれだけのSEO対策の実績があるのか?

Googleに対するSEO対策=ネットマーケティングにおける最高峰の対策です。

実際にSEO対策として、筆者が実現してきた事例を以下にご紹介いたします。

Googleに対して、しかもビッグキーワードでのSEO対策の成功事例をご自身の目でご確認ください。

Googleに対してのSEO対策を完全に支配している筆者が、直接行うURSS対策の価値を感じていただけると思います。


ビッグキーワードによるSEO対策成功事例


上記は2017年10月時点での順位ですが、確認いただいた時点でも上位(1位~3位)には当サイトが表示されていると思います。これが、Googleから愛され、永続的に評価されているSEO対策の効果です。


URSS対策の料金

URSS対策

URSS対策の費用として、

1商品、なんと、500円、ワンコインで対応いたします。

ただし、初期調査費用とキーワード選定費用として、初期費用1万円は発生します。

こちらについては、どうしても、依頼された商品ごとに調査が発生するため コストとして計上せざるを得ない要件となります。

ただし、商品については、1商品ワンコイン。

最低依頼点数は、10点からのご依頼ですから、初期費用1万円と合わせて

1万円+500円×10商品=15000円(税抜)~

で楽天SEOを実現させることが可能です。

楽天SEO対策をここまで低いコストで対応できる会社は2017年現在、当方以外にはありません。


URSS対策についての感想と評判

何人かの知人に、この価格帯についても 感想をいただきました。

「それは安すぎるのでは?」

「1商品5000円じゃなくて、10商品で5000円なの?利益あるの?」

「ボランティアじゃないんだからやめた方がいいよ・・・。」

というお声もいただきました。

正直いって、この対応は利益という面に関して言えば ほぼ時間対価で相殺されるため、利益設定はゼロに近いです。

では、なぜこんな価格設定で、楽天スポットSEO対策を実施するのでしょうか?


なぜURSS対策は、こんなに安いのか?激安対応できる理由

なぜ、利益ほぼゼロで、こんな対応をするのか?

これに関しては、筆者であるフジタ個人のある「想い」に由来しています。

少し筆者の過去のことをお話しさせてもらいます。 筆者は、過去10年間ほど、ウェブ制作事業に携わっていました。

2004年~2014年頃までは、ウェブサイト制作、サーバー管理、SEO対策やネットショップ構築などを 主要な業務として行ってきました。

ちょうど2014年頃に、独立して、ウェブ系制作会社を設立。

その後、ウェブサイト制作のコモディティ化による業績悪化で 個人的に約300万円の負債を抱えて事業から撤退。

その後、鬱病を患いながらフリーランスという名の モグリの事業で家族を養いながら、生き延びてきました。

そして、2014年6月に知人の紹介で現在の卸問屋の ネットショップ担当者として再就職、現在に至るわけです。

2014年当時は、ネットショップの売上も500~600万円程度だったと思います。

その後、著者が加入してから、あれよあれよという間に、約3年間で 月商4000万円、年商で4億円以上のネット事業部(当時筆者一人の事業部でした)となりました。

現在は店舗担当者として、筆者のほかに2名の心強いスタッフがいます。

ネットショップで売上を上げる方法を約3年間ほぼ毎日考えつづけ 実践し続けてきました。それは本日も何も変わっていません。

ウェブサイトのSEO対策を約10年間、 顧客へ費用をいただいて対応してきた経験から Googleに対するSEO対策は、一朝一夕ではできないことが良くわかりました。

そのため、ウェブサイトへのSEO対策の場合は、 長期的な契約、状況の確認と改善、いわゆるPDCAサイクルを回し続ける必要がありました。

当時、クライアントさんには、月額約8万円前後、 年間約100万円の依頼費用にてSEO対策のご依頼をいただき、継続運営させていただいていました。

ただ、その時のことを今懺悔すると、正直なところ、 SEO対策というのは、毎日何か文字列を入れ替えたりするわけではありません。 もちろん最初のリサーチから、ページチューニング、サイトのキーワードチューニングは しっかりと行いますが、以降は正直なところアナリティクスの様子を監視するような形で 対応していました。

ぶっちゃけ、作業としてはレポート資料を作るだけ、という状態です。

これはあくまでも筆者のケースですからすべてのSEO関連事業者がそうだという話ではありません。

ただ、多くのSEO関連企業、特に「ブラックなIT企業」の場合は、 ほぼ最初だけしかチューニングしていないと思った方が良いかと思われいます。

また、コストを最小限に抑えられる秘密は、「商品名」と「キャッチコピー(PC/モバイル)」の3か所のみに限定したチューニングだからという理由があります。作業効率を最適化して当方の対応時間コストを抑えています。

URSS対策


モール型SEO対策についての考察

筆者はSEO対策の実務経験から、モール型のSEO対策というのは、 GoogleへのSEO対策とは大きく異なるポイントがあることに気づきました。

Googleの検索アルゴリズムは非常に複雑かつ、より高精度の結果表示のために 常に進化し続けているのに対して、楽天市場などモールの検索アルゴリズムというのは

「一定の条件下で、優先度を日々変えている程度」

であると予測がつきました。

これはあくまでも筆者の見解、予測にすぎないですが、

例えば

月曜日=「レビューを重視しよう」
火曜日=「販売数量を重視しよう」
水曜日=「アクセス数・クリック数を重視しよう」

などという条件をあらかじめセットしておいて その優先度順に並ぶようなアルゴリズムなのではないか? と予測しています。

もちろん、基本的には「売れている順」「売れ筋商品」が 検索優位であることには変わりありません。

それ以外の「検索要因」として、このあたりの優先度を 日々変えているのではないかと感じています。

以前楽天のカンファレンスでシステム担当の方にお話しを伺う機会がありました。

その際、厳密な検索アルゴリズムなどは一切お話いただけませんでしたが 「パターンがある」ことだけは教えていただきました。

パターンがいくつかあって、それをローテーションしている。

それがモールSEO対策のためのヒントになったわけです。


長期契約ではない楽天SEO対策の理由

楽天市場の検索アルゴリズムに対する、キーワード対策、SEO対策は 頻繁に変わるアルゴリズムを追いかけるよりも、 未対応で顧客の需要があるミドルワードを挿入することの方が 大事なのではないか?

であれば、一回でも商品名やキャッチコピーにミドルワード、スモールワード対策を 実施しさえすれば、その効果は「永続的」に発揮し続けられるのではないか。

という考えに至りました。

かといって、長期で月額5万円~10万円のコンサルSEOを受けられる店舗というのは やはり楽天市場のなかでも上位店舗に限られていると思います。

筆者の気づきを、どうにか小さな店舗、広告にかける予算のない店舗の方にも 少ないコスト投資で実現させられないかと考えてできあがったのが、

売れる!楽天スポットSEO対策

Ureru-Rakuten-Spot-Seo対策(略してURSS対策)

というわけです。

【URSS対策】はあくまでも費用の捻出できない「小さな企業」「個人事業の方」向けに提供することを目的としたサービスです。


URSS対策についてのお客様へのお願い

筆者は、当然ながら自分のネットショップの運営を日々行っています。

そのため、このURSS対策は、自分のショップ運営が終了した夜間や、 業務のない日曜日のリソースを使っての作業となります。

平日の夜間は、やはり商品登録業務などに追われているため 実質まとまった時間がとれるのは、土曜日の夜から日曜日の朝、日曜日の夜 という限られた時間帯のみとなります。

週末ちょっとだけ空いてる「趣味レベルの居酒屋」くらいの営業力しかありません(笑)

その点を何卒ご理解いただけますと幸いです。

URSS対策

あとは、必ずしもURSS対策で売上が即座にあがるというものではありません。

未対応のミドルワードを商品名、キャッチコピーに入れ込むことを代行する作業にすぎません。

そのため、すでにある程度検索ワード対策を実施されている店舗さんには効果はないでしょう。

そのことも踏まえて、URSS対策をご依頼いただく前には 事前の無料診断を実施しています。

無料診断で商品ページがすでに楽天SEO対策実施済みであれば、 筆者が対応できることはありません。その際は、お送りいただいた商品ページを考察してみて 何か売上アップのヒントとなることがあれば、返信時にアドバイスさせていただきます。

以上が、筆者が新しいサービスとして世に出した「URSS対策」の誕生秘話です。


売れる楽天SPOT-SEO対策無料診断フォーム

筆者が過去、クライアント様に成果報酬という名目で ほぼ経過観測だけで月額費用をいただき続けてきたときの「罪悪感」が 現在の対モール、対楽天市場のSEO対策においては、「正当でありたい」という 懺悔の思いから生まれたサービスが【URSS対策】でもあります。


  • 楽天市場で売上が上がらない
  • 楽天市場内の検索対策を実施したいが予算も人手もない
  • 楽天市場の検索結果に自分の商品をもっと露出させたい

お悩みの方は一度「無料診断フォーム」からご相談ください。

ネットショップの運営は、多岐にわたる業務内容や商品の改廃、 受注の処理、出荷作業、顧客対応など一日の多くの時間を費やして初めて成立するビジネスモデルです。

過剰な最安値の追及や送料無料前提など、 利益を圧迫する対応をこれまで押しつけられてきた節があります。

物流運賃の値上げが、ネット販売を見直す良い機会だとも思っています。

是非、ネットショップの運営を諦めないでください。 インターネットの世界は、時間も距離も場所もまさに「無限」の領域です。

読者様のご商売が末永く継続できることを心より願っております。 筆者の提供するものがお困りの方の一助となれれば幸いです。


売れる楽天SPOT-SEO対策無料診断フォーム

御社名(もしくは店舗名) (必須)

お名前 (必須)


メールアドレス (必須)

無料診断を希望する商品ページURL (必須)

URSS対策を依頼する場合の予定商品数

その他ご相談内容について

このサイトを何で知りましたか? (必須)

※ご依頼内容について、できる限り詳細にご記載ください。担当者確認後、5営業日以内にお返事させていただきます。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で売れるネットショップの教科書をフォローしよう!